淵上宗志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
淵上 宗志
個人情報
誕生日 (1977-04-17) 1977年4月17日(39歳)
出身地 日本の旗 福岡県
大学 関東学院大学
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション スタンドオフ
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
佐賀工業高校
関東学院大学
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
2000-2010 コカ・コーラ
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
 日本 5
最終更新:2015年8月.
コーチ歴
クラブ / チーム
西南学院大学

淵上 宗志(ふちがみ そうし、1977年4月17日 - )は、日本の元ラグビー選手。元日本代表ポジションスタンドオフ西南学院大学ラグビー部ヘッドコーチ

人物・来歴[編集]

福岡県出身。5歳から草ヶ江ヤングラガーズで、ラグビーを始める。中学までは、バスケットボールを同時に活動。その後、ラグビーの名門高校、佐賀工業高校に進む。3年連続で花園の舞台を踏み、高校日本代表に選ばれる。

関東学院大学に進学し、1年時よりスタンドオフとしてレギュラーで活躍。2、3年次に全国大学ラグビー選手権優勝と連覇に貢献。4年生時に主将に就任。キック、パス、ラン、総合力に長け、ゲームコントロール能力が高く「天才SO」と異名がついた。

大学卒業後は出身地のコカ・コーラウエストに入社、チームを初の全国大会出場に導く。

2001年オックスフォード大学へ留学。2006年に地域リーグであったコカ・コーラウエスト・レッドスパークスのトップリーグ昇格に貢献。

2010年、現役引退発表。朝日招待に九州代表として出場し、有終のトライを決めた。日本代表では、2000年11月のアイルランド戦で初キャップ。通算5キャップを持つ。

2012年、世界中の35 歳以上のラグビー愛好家達が2年に1度集う国際的なスポーツコンベンション「ゴールデンオールディーズ・ワールドラグビーフェスティバル」(福岡県で開催)の実行委員となっている。

略歴[編集]

  • 1993年 - 福岡・百道中から佐賀工業高校入学。
  • 1995年 - 佐賀工業高校ラグビー部の主将。高校日本代表のFBとしてイングランドに遠征。
  • 1996年 - 関東学院大学入学。1年次からSOレギュラーとして試合に出場。
  • 1997年 - 大学選手権初制覇に貢献。
  • 1998年 - 大学選手権連覇を達成。
  • 1999年 - U23日本代表としてNZ学生代表と対戦。主将として大学選手権3連覇を狙うも、決勝で慶大に敗戦。
  • 2000年 - コカ・コーラウエストジャパン入社。ラグビー日本代表として欧州遠征。
  • 2001年 - オックスフォード大学へ留学。
  • 2006年 - コカ・コーラウエストレッドスパークス、トップリーグ昇格。
  • 2008年 - ニュージーランド・オークランドラグビーチーム「Te Papapa」へ短期ラグビー留学。
  • 2010年 - 現役引退。
  • 2011年 - 西南学院大学 ラグビー部 ヘッドコーチ就任。
  • 2011年 - 日本ラグビーフットボール協会 リソースコーチ就任。
  • 2012年 - ゴールデンオールディーズワールドラグビーフェスティバル 実行委員。
  • 2012年 - 7's アカデミーコーチ就任。
  • 2013年 - ユニバーシアード 7人制 日本代表監督。
  • 2013年 - アジアユース 7人制 日本代表監督。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]