吉田明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吉田 明 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1971-08-13) 1971年8月13日(47歳)
出身地 日本の旗 京都府
大学 京都産業大学
選手情報
ポジション センター
アマチュア
チーム
啓光学園高校
京都産業大学
クラブ
チーム 出場 得点
1994-2006 神戸製鋼
国代表
チーム 出場 得点
 日本 17
更新日 2015年8月
コーチ歴
■テンプレート

吉田 明(よしだ あきら、1971年8月13日 - )は、元日本代表ラグビー選手。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

啓光学園中学校・高等学校(現 常翔啓光学園中学校・高等学校)の出身で、同高校時代にはラグビー部の主将を務め、第69回全国高等学校ラグビーフットボール大会では準優勝を経験。

その後京都産業大学(以下、京産大)に進み、同校では1年生よりレギュラー。また1993年度の同校主将を務めた。

1994年神戸製鋼に加入。1年目よりCTBでレギュラー。同チームの全国社会人大会及び日本選手権のそれぞれ7連覇達成に貢献。また、1999年度及び2000年度の両大会優勝にも貢献した。

また、1995年ルーマニア代表戦が日本代表としての初キャップ試合[1]となり、同年開催のラグビーワールドカップでは、予選プール全3試合出場。また1999年ラグビーワールドカップにも選出された。

2006年2月に現役を引退[2]。同時に神戸製鋼も退社し、母校京産大のヘッドコーチに就任[3]2009年には、同校監督に就任したが、2011年2月、監督を退任した[4]

2013年4月より、日本大学ラグビー部コーチに就任[5]。2015年シーズンをもって日本大学ラグビー部コーチを退職。

2016年4月よりヤクルトレビンズラグビー部コーチに就任。ラグビー普及の傍ら、大学非常勤講師として、次代への育成、強化に勤しんでいる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ザ・ワールドラグビー(新潮社)の49ページ
  2. ^ 吉田ら7選手引退 ラグビー神戸製鋼 - 神戸新聞2006年2月28日付
  3. ^ 灘浜通信vol.29 関西大学ラグビーも面白い! - 神戸製鋼コベルコスティーラーズオフィシャルサイト 2012年6月7日閲覧
  4. ^ 京産大ラグビー部の吉田監督が退任 - 47ニュース 2011年2月24日付
  5. ^ 日大、新コーチに前京産大監督・吉田明氏 - サンスポ2013年1月6日付

外部リンク[編集]