萬谷勝治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

萬谷 勝治(まんたに まさはる[1]1945年12月7日 - 2011年3月5日[2])は、日本の元ラグビー選手日本代表京都市立堀川高等学校早稲田大学商学部[1]

プロフィール[編集]

経歴[編集]

堀川高校卒業後、スポーツ特待生として[要出典]早稲田大学商学部に入学。第二期大西鐡之祐政権のもと、早稲田大学ラグビー蹴球部の低迷にピリオドを打つ。大学時代には、後の日本ラグビー史に残るサインプレー・「カンペイ」[3]を完成させた。

早大卒業後、1968年にトヨタ自工(現・トヨタ自動車)にラグビー選手として入社、その年度の日本選手権でクラブ初優勝に導く[4]。また、恩師・大西が監督に就任した、同年の日本代表のニュージーランド遠征に参加。カンペイの切り札としてオールブラックス・ジュニアを破る、当時の大金星に貢献した[5]

現役引退後はトヨタで1980年から1982年まで監督、1997年に部長を務めた。

2011年3月5日、結腸癌のため愛知県豊田市の病院で死去。65歳没[2][4][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイトのプロフィール
    名前の読みについては、早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイトでは「かつじ」、47NEWSなど訃報ニュースでは「まさはる」と読まれる。
  2. ^ a b 万谷勝治氏死去 元ラグビー日本代表選手 - 47NEWS(よんななニュース)
  3. ^ 日本のラグビー合宿のメッカである「菅平」にちなむ。フルバックがバックスの攻撃ライン参加するという、当時の日本ラグビー界の常識を覆すほどの難易度を持つものだった。
  4. ^ a b 元日本代表FB 元トヨタ部長の萬谷さん死去
  5. ^ ラグビー元日本代表の萬谷勝治さん死去 トヨタで活躍
  6. ^ TOP LEAGUE OFFICIAL SITE トヨタ自動車ヴェルブリッツ、訃報:萬谷勝治氏

関連項目[編集]