村田亙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村田 亙
個人情報
誕生日 (1968-01-25) 1968年1月25日(49歳)
出身地 日本の旗 福岡県福岡市
身長 1.72 m (5 ft 7 12 in)
体重 75 kg (11 st 11 lb)
大学 専修大学
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション スクラムハーフ
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
城南中学校
東福岡高等学校
専修大学
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
東芝府中
バイヨンヌ
ヤマハ発動機
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
 日本 41
最終更新:2015年7月.
セブンズ代表チーム
クラブ / チーム トーナメント
 日本
コーチ歴
クラブ / チーム
7人制日本代表
専修大学

村田 亙(むらた わたる、1968年(昭和43年)1月25日 - )は日本の元ラグビー選手、現専修大学監督

プロフィール[編集]

経歴[編集]

ラグビーを始めたのは小2。専修大学ラグビー部4年時には主将として関東大学リーグ優勝に貢献。その後チームは関東大学交流試合明治大学と対戦し、13-13で引き分ける。試合直後、大学選手権出場をかけた抽選に臨むも、はずれくじを引き涙を呑む。

大学卒業後、東芝府中に入社。向井昭吾監督(当時)が掲げた「PからGO」の戦術にマッチしたプレースタイルをいかんなく発揮し、1996年(平成8年)度からの日本選手権3連覇に貢献した。

1990年(平成2年)にはU23日本代表としてアメリカ代表に勝利。1991年(平成3年)のアメリカ代表戦で日本代表初キャップを得る。ラグビーワールドカップには第2回大会(1991年)スコットランド代表戦、第3回大会(1995年)ニュージーランド代表戦、第4回大会(1999年)ウェールズ代表戦の3度出場している。日本代表キャップ数は41。

1999年(平成11年)、フランスリーグのアビロン・バイヨンヌとプロ契約し、日本人初のプロ選手となった。デビュー戦でいきなり2トライを挙げるなど、フランスリーグでは44試合出場し7トライを挙げ、チームの中心選手として活躍した。また、この時からラグビーマガジンと自身の公式サイトとで、フランスでの生活を報告するようになる。

2001年(平成13年)にヤマハ発動機ジュビロに移籍。円熟味を増したプレーでチームを引っ張り、2002年(平成14年)度には関西社会人リーグ初優勝を果たす。

2005年(平成17年)には37歳で日本代表に復帰し、ロス・トンプソンが持っていた最年長出場記録を更新した。(この記録は、2019年のラグビーW杯で、大野均に更新されている。)またトップリーグにおいても最年長出場記録を持っている(40歳)。

月刊VS.(バーサス)」の記事では、「トップリーグなら40歳までプレーできる」とコメントしている。2007-08シーズンも現役続行が決まったため40歳を現役で迎えた。

2008年(平成20年)1月、2007-08シーズンをもって現役引退することを表明。2月2日東芝戦後に引退セレモニーが行われ、同い年の親友で、同じ磐田市をホームとするジュビロ磐田中山雅史選手から花束を贈呈され、お互いのユニフォームを交換した。

2008年(平成20年)2月、日本ラグビー協会より7人制日本代表監督の要請を受け就任。同年3月の香港セブンズで初指揮を執った。同年の10月には、やはり香港で行われたラグビーワールドカップセブンズ予選で、日本代表を、2009年(平成21年)3月ドバイで行われる本大会への出場に導いた。

2012年(平成24年)からOBである専修大学ラグビー部の監督を務め、同大学は2014年に13年ぶりの1部復帰を果たした。 同い年には中山雅史のほか、ラグビー界には清宮克幸がいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]