萩本光威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

萩本 光威(はぎもと みつたけ、1959年2月10日 - )は、元ラグビー日本代表監督。 

プロフィール[編集]

来歴[編集]

小学校4年からラグビーを始める。兵庫県報徳学園高校同志社大学。大学4年時に大学選手権優勝。

1982年神戸製鋼に入社。同社ラグビー部に所属し、チームの日本一に貢献した。1987年第1回ラグビーW杯日本代表。

1991年度より入社した堀越正巳の加入により、それ以降は控えに回ってチームを支えた。

1998年同部ヘッドコーチに就任。1998年度日本選手権準優勝。

2002年には女子日本代表ヘッドコーチとしてワールドカップに導く。

2004年より2005年まで日本代表監督。

その後、U-19日本代表監督、NTTドコモ関西監督を経て、2009年に女子日本代表ヘッドコーチに再任。

2019年3月31日から9月26日まで中華台北ラグビーフットボール協会ハイパフォーマンスディレクターを務める[1]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 萩本光威氏 中華台北ラグビーフットボール協会ハイパフォーマンスディレクターに就任のお知らせ - 日本ラグビーフットボール協会