ヤマハ発動機ジュビロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハ発動機ジュビロ
正式名称 ヤマハ発動機ジュビロ
クラブカラー      サックスブルー
     紫黒色
    
ユニオン 日本ラグビー協会
愛称 ジュビロ
創設年 1984年
本拠地 静岡県磐田市
グラウンド 2011-12シーズンリーグ最終戦の試合風景ヤマハスタジアム
代表者 橋本義明(顧問)
コーチ 日本の旗 清宮克幸
所属リーグ ジャパンラグビートップリーグ
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
rugby.yamaha-motor.co.jp
テンプレートを表示

ヤマハ発動機ジュビロ(ヤマハはつどうきジュビロ、英語: The YAMAHA JUBILO RUGBY FOOTBALL CLUB)、ジャパンラグビートップリーグに参加する日本の社会人ラグビークラブ。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するジュビロ磐田とチーム愛称を共有している。またホームスタジアムもヤマハスタジアムが使用されている。

沿革[編集]

  • 1984年 ヤマハ発動機のラグビー部として創設(同好会としての創設は1982年)。
  • 1989-90年シーズン、東海社会人Bリーグ(2部)の入れ替え戦に出場するも敗退。その後開かれた関西社会人Cリーグ(3部)に勝ち上がり関西リーグ入り。
  • 1994-95年シーズン 全国社会人大会初出場。
  • 1998-99年シーズン 関西Aリーグ(1部)昇格を果たす。
  • 2002-03年シーズン 関西Aリーグ初優勝を果たす。
  • 2003-04年シーズン トップリーグ参入。チーム名を「ヤマハ発動機(愛称:ジュビロ)」として参戦。
  • 2005年4月1日 Jリーグからの許諾を得て、それまでの(愛称:ジュビロ)の括弧くくりを外すことが認められ「ヤマハ発動機ジュビロ」とチーム名を変更。
  • 2010年度よりチーム編成を見直し、ヤマハ発動機正社員の選手のみで活動する方針を固めた。[1]
  • 2014-15年シーズン トップリーグ4位に入り、8年ぶりにトップリーグプレーオフに出場し、決勝でパナソニックに敗れた。
  • 2015年2月28日 第52回日本ラグビーフットボール選手権大会において初優勝。

トップリーグレギュラーシーズン戦績[編集]

2015年度メンバー[編集]

[2]

ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 田村義和 弘前実業高
山村亮 関東学院大 39
仲谷聖史 立命館大
伊藤平一郎 早稲田大
長野正和 流通経済大
山本幸輝 近畿大
西村颯平 立命館大
HO 加藤圭太 筑波大
岸直弥 東海大
名嘉翔伍 明治大
日野剛志 明治大
LO 大戸裕矢 立命館大
青野天悠 天理大学
斉田晃平 大東文化大
デューク・クリシュナン ブケマタジャム高校
FL モセ・トゥイアリイ ケルストンボーイズ高 ?
NZ
山路和希 天理大
デウォルト・ポトヒエッター ピナール工業高校 ?
南アフリカ
ウヴェ・ヘル 拓殖大
西内勇人 法政大学
八木下恵介 日本体育大
三村勇飛丸 明治大
大山晋弥 京都成章高
No.8 松本力哉 龍谷大学
堀江恭佑 明治大 2
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 小池善行 東海大
矢富勇毅 早稲田大 16
池町信哉 立命館大
吉沢文洋 筑波大
SO 大田尾竜彦 早稲田大 7
曽我部佳憲 早稲田大
工藤良麻 立命館大
WTB ハビリ・ロッキー オネハンガ高
粟田祥平 関西学院大
中園真司 関東学院大
田中渉太 早稲田大
藤井達也 中京大
早川直樹 立正大
伊東力 龍谷大
CTB 山本将太 大産大
遠藤広太 埼玉工大
シアレ・ピウタウ ウェズリー大 ?
トンガ
井本克典 帝京大
マレ・サウ タンガロア高
宮澤正利 早稲田大
川原田徹 法政大
FB 五郎丸歩 早稲田大 50

在籍した選手[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]