東芝ブレイブルーパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東芝ブレイブルーパス
原語表記 東芝ブレイブルーパス
クラブカラー     
愛称 ブレイブルーパス
創設年 1948年
代表者 岡田浩樹
監督 瀬川智広(ヘッドコーチ)
所属リーグ トップリーグ
チームカラー
セカンドカラー
公式サイト
http://www.toshiba.co.jp/sports/rugby/index.htm
テンプレートを表示
本拠地である東芝府中事業所(写真は南門)

東芝ブレイブルーパス(とうしばブレイブルーパス、TOSHIBA Brave Lupus)は、ジャパンラグビートップリーグに加盟するラグビーチーム。練習場は東京都府中市東芝府中事業所敷地内グラウンドである。

チームの概要[編集]

1948年創部。1988年から2003年のトップリーグ創設までは東日本社会人リーグに所属していた。 1983年度の全国社会人大会で初めて決勝進出を果たすが、新日鉄釜石に敗れた。そして1987年度の全国社会人大会で優勝するが、日本選手権で学生王者の早稲田大に敗れて金星を献上する格好となった。[1]

1990年代に薫田真広梶原宏之村田亙松田努などの日本代表選手が所属し戦力が充実、当時連覇を続けていた神戸製鋼とも接戦を演じ、1992年度、1994年度に全国社会人大会準優勝。1994年から就任した向井昭吾監督のもと「PからGO」を合言葉に1996年度から日本選手権3連覇を達成した。

2006年度シーズンより東芝府中ブレイブルーパスからチーム名を東芝ブレイブルーパスに変更した。 「ルーパス(LUPUS)」とは、ギリシャ語で狼座。狼の様に組織的な群れをなし、相手が戦意喪失するような緻密且つ野性味あふれる追いこみと、勇猛果敢な(brave=ブレイブ)プレーを身上とする意味を込めて付けられた。チームカラーは赤で、セカンドジャージは青を基調としている。

成績[編集]

戦績[編集]

  • 2003-2004シーズン トップリーグ 2位(8勝2敗1分)
    • マイクロソフトカップ準優勝、日本選手権優勝
  • 2004-2005シーズン トップリーグ 優勝(10勝1敗)
  • 2005-2006シーズン トップリーグ 優勝(9勝2敗)
  • 2006-2007シーズン トップリーグ 優勝(リーグ戦 12勝1敗・優勝、マイクロソフトカップ・優勝)
  • 2007-2008シーズン トップリーグ 3位(リーグ戦 9勝4敗・4位、マイクロソフトカップ・セミファイナル敗退)
  • 2008-2009シーズン トップリーグ 優勝(リーグ戦 12勝1敗・優勝、マイクロソフトカップ・優勝)
  • 2009-2010シーズン トップリーグ 優勝(リーグ戦 10勝3敗・3位、プレーオフトーナメント・優勝)
  • 2010-2011シーズン トップリーグ 3位(リーグ戦 11勝2敗・1位、プレーオフトーナメント・セミファイナル敗退)
  • 2011-2012シーズン トップリーグ 3位(リーグ戦 11勝2敗・2位、プレーオフトーナメント・セミファイナル敗退)
  • 2012-2013シーズン トップリーグ 準優勝(リーグ戦 10勝3敗・2位、プレーオフトーナメント・準優勝)
  • 2013-2014シーズン 3位(1stステージ・プールB 5勝2敗・3位、2ndステージ・プールA 4勝3敗・4位、プレーオフトーナメント・セミファイナル敗退)
  • 2014-2015シーズン トップリーグ 3位(1stステージ・プールA 5勝2敗・2位、2ndステージ・プールA 5勝2敗・3位、プレーオフトーナメント[4]・セミファイナル敗退)
  • 2015-2016シーズン 準優勝(リーグ戦・プールA 5勝1敗1分・2位、順位決定トーナメント上位グループ・準優勝)
  • 2016-2017シーズン 9位(6勝9敗)

獲得タイトル[編集]

合計17個(釜石シーウェイブスRFC神戸製鋼に次ぐ歴代第3位)

  • 国体優勝:1回(1986)
  • 全国社会人大会優勝:3回(1987、1996、1997)
  • トップリーグ優勝:5回(2004-2005、2005-2006、2006-2007、2008-2009、2009-2010) 
  • マイクロソフトカップ優勝:2回(2004-2005、2005-2006)
  • 日本選手権優勝:6回(1996、1997、1998、2003、2005、2006)

また、7人制ではジャパンセブンズ優勝1回・YC&AC JAPAN SEVENS優勝5回を誇る。

2017年陣容[編集]

reference:[5] 太字は今年からの新加入選手

ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 知念雄 順天堂大学大学院 6
浅原拓真 法政大 8
三上正貴 東海大 33
田中圭一 関東学院大
金寛泰 関西学院大
深村亮太 帝京大
HO 村山廉 東海大
湯原祐希 流通経済大 22
森太志 帝京大 2
橋本大吾 筑波大 2
LO 大野均 日本大工学部 96
小瀧尚弘 帝京大 10
梶川喬介 福岡工業大 4
松田圭祐 大東文化大
ジェームス・ムーア ブリスベンステート高
FL リアム・メッサム ロトルアポーイズ高 ?
南アフリカ
山本紘史 明治大
望月雄太 同志社大 7
德永祥尭 関西学院大 7
山本浩輝 筑波大 5
藤田貴大 東海大
No.8 リーチマイケル 東海大 47
李聖彰 帝京大
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 藤井淳 明治大 6
小川高廣 日本大
山口修平 明治大
藤原恵太 天理大
SO コンラッド・バンワイク ポールルースジムナシアム高
森田佳寿 帝京大
中尾隼太 鹿児島大
WTB 伊藤真 青山学院大
大島脩平 関東学院大
谷浩二朗 筑波大
松岡久善 摂南大
コーリー・ジェーン ヘレタウンガカレッジ高 ?
NZ
石井魁 東海大
CTB リチャード・カフイ フォレストビュー高 ?
(NZ)
渡邊太生 筑波大
増田慶介 慶應義塾大
ニコラス・クラスカ ポールラパイ高
東口剛士 天理大
FB 宇薄岳央 同志社大 25
豊島翔平 東海大
松延泰樹 関西学院大

在籍した主な選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この日本選手権は2015年現在[いつ?]、大学チームが制覇した最後の大会である。
  2. ^ 史上初の3冠達成(日本選手権はNECと両チーム優勝)
  3. ^ 「日本選手権」2月22日(日)準決勝 秩父宮開催試合中止のお知らせ- 日本ラグビーフットボール協会公式ホームページより
  4. ^ これまで東芝と一緒に全てのプレーオフに出場していたサントリーがプレーオフ進出を逃したためトップリーグのプレーオフにこれまですべて出場しているチームは東芝だけとなった。なお2015-2016シーズンからはプレーオフが廃止された。
  5. ^ 部員紹介 - 公式ホームページより

関連項目[編集]

東芝のスポーツチーム[編集]

かつてのスポーツチーム

外部リンク[編集]