細川隆弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
細川 隆弘
個人情報
誕生日 (1967-04-01) 1967年4月1日(50歳)
出身地 日本の旗 京都府京都市
大学 同志社大学
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション フルバック、センター
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
伏見工業高校
同志社大学
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
神戸製鋼
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
 日本 10
最終更新:2015年8月.

細川 隆弘(ほそかわ たかひろ、1967年4月1日 - )は、日本の元ラグビー選手

プロフィール[編集]

来歴[編集]

伏見工業高校時代に主将として、全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。高校日本代表に選ばれた。その後、同志社大学に進む。

1989年神戸製鋼に加入。1年目よりレギュラーとなり、神戸製鋼の日本選手権及び全国社会人ラグビーフットボール大会(以下、全国社会人大会)の2連覇に貢献。また、同チームのプレイスキッカーも担当。

1990年ワールドカップのアジア・太平洋予選となったトンガ代表戦が、日本代表としての初キャップ試合となった。そして日本代表でもプレイスキッカーを務めることになった。

1991年1月8日三洋電機と対戦した全国社会人大会決勝(秩父宮ラグビー場)で神戸製鋼は大苦戦を強いられたが、ノーサイド直前までノートライながらも、当人が4つのペナルティゴールを決めていたおかげで、12-16と1トライ差[1]まで肉薄していた。そしてロスタイムの終盤に入り、イアン・ウィリアムスが50メートルを独走してトライ。そして当人が真正面のゴールキックを決め、神戸製鋼は奇跡ともいえる、全国社会人大会3連覇を達成。続く日本選手権でも3連覇を達成した。なお、当人はその後、6連覇まで全国社会人大会及び日本選手権のメンバーとして名を連ねた。また、1991年のワールドカップでは、日本のキックにおける全得点をもたらした。

1994年、前任者の大西一平の後を受け、神戸製鋼の主将に就任。しかし、近鉄花園ラグビー場で行われた全国社会人大会1回戦の対リコー戦でアキレス腱を断裂し、これが影響して選手寿命を縮めた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時、1トライ=4点だった。

外部リンク[編集]