ゴールキック (ラグビー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴールキックGoal Kick)は、ラグビーにおける得点方法の一つである。

概要[編集]

ゴールキックは、大きく分けて以下の三つがある。

  • ドロップキック
  • ペナルティキック
  • コンバージョンキック

いずれもゴールポスト間におけるクロスバーの上を通れば得点が認められる。

ドロップキック[編集]

流れの中から得点を決めるキック。ボールをピッチに一度落とし、跳ね返ったところを蹴る方法。ドロップゴールと呼ばれラグビーユニオン(以下ユニオン)では3点、ラグビーリーグ(同リーグ)では1点が加算される。なお、キックオフやコンバージョンキック、ペナルティゴール後の相手方によるキックもドロップキックとされているが、狭義のドロップキックはドロップゴールを狙うためのキックを指す。

ペナルティキック[編集]

ペナルティが起こった場合にセットプレーとして行われるプレースキックまたはドロップキック(大抵は前者)。ペナルティゴールと呼ばれ、ユニオンではドロップゴールと同じく3点、リーグでは2点。

コンバージョンキック[編集]

トライ後に行われるプレースキックまたはドロップキック(大抵は前者)。ユニオンでもリーグでも2点が加点される。リーグではこれによる得点を単に「ゴール」と呼ぶ場合もある。なお、一般的にはプレースキックで行われるが、劣勢なチームが試合残り時間が少なくなると、プレースの時間を節約するためにドロップキックで行うことも見られる。

外部リンク[編集]