リコーブラックラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リコーブラックラムズ
原語表記 リコーブラックラムズ
クラブカラー     
愛称 ブラックラムズ
創設年 1953年
代表者 坂田誠二
監督 神鳥裕之
所属リーグ トップリーグ
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
http://www.ricoh.co.jp/rugby/
テンプレートを表示

リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams)は、トップリーグに所属するラグビーチームである。練習グラウンドは東京都世田谷区リコー砧グラウンド。

概要[編集]

  • 1953年創部。過去に社会人大会優勝3回(1970,72,73)、日本選手権優勝2回(1972,73)を誇る古豪。ちなみに社会人大会及び日本選手権を連覇した頃には和製オールブラックスの異名を取った。またこの頃、他の社会人強豪チームは、主に高卒が中心で、大卒は数人程度加入させるという形が主流だったが、リコーは大卒の加入を積極的に進め、結果、短期間のうちに強豪チームにのしあがった。こうした形のシステムは、大学進学率が格段に上昇した1980年代後半あたりからごく当たり前となったが、リコーが台頭した1960年代後半頃は非常に珍しかった。
  • 2008-2009シーズンはトップイースト11を全勝で1位通過。トップチャレンジシリーズでも2戦2勝で1位となり、1年でトップリーグ復帰を果たすとともに、日本選手権の出場権も獲得した。

歴史[編集]

  • 1953年 同好会として創部。
  • 1960年 第1回春季大会に優勝。関東社会人リーグ3部昇格。
  • 1962年 3部優勝。
  • 1963年 1部昇格。
  • 1965年 第6回春季大会・秋季大会優勝。
  • 1966年 第7回秋季大会優勝。
  • 1967年 全国社会人ラグビーフットボール大会初出場。
  • 1970年 全国社会人ラグビーフットボール大会初優勝。[1]
  • 1972年 全国社会人ラグビーフットボール大会2度目の優勝、日本選手権初優勝。
  • 1973年 全国社会人ラグビーフットボール大会、日本選手権ともに2連覇。
  • 1988年 東日本社会人リーグに参戦。
  • 1992年 東日本社会人リーグ初優勝。
  • 2003年 トップリーグに参戦。
  • 2008年 トップイースト11に降格。
  • 2009年 トップイースト11優勝。トップリーグに1年で復帰。日本選手権に出場し、準決勝で三洋電機ワイルドナイツに敗退。

トップリーグレギュラーシーズン戦績[編集]

2015年度陣容[編集]

[2]

ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 辻井健太 帝京大
大川創太郎 筑波大
柴田和宏 日本体育大
眞壁貴男 立教大
髙橋悠太 法政大
松本友介 同志社大
藤原丈宏 天理大
HO 滝澤佳之 明治大
森雄基 大東文化大
川口顕義 法政大
小池一宏 法政大
LO カウヘンガ・桜・エモシ 大東文化大 ?
トンガ
馬渕武史 日本大
生沼知裕 大東文化大
小山智聲 法政大
ロトアヘア・ポヒヴァ大和 埼玉工業大
FL 赤堀龍秀 明治学院大
川口顕義 法政大
武者大輔 法政大
福本翔平 大阪体育大
マイケル・ブロードハースト セイクリッド高 20
No.8 野口真寛 帝京大
柳川大樹 大阪体育大
マウ・ジョシュア 東海大
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 山本昌太 天理大
神尾卓志 埼玉工業大
中村正寿 日本大
SO コリン・ボーク ネーピアボーイズ高
バーナード・フォーリー シドニー大 ?
オーストラリア
徳永亮 帝京大
WTB 小松大祐 立正大
松本悠介 天理大
深津健吾 早稲田大
星野将利 明治大
長谷川元氣 関東学院大
渡邊昌紀 関東学院大
CTB 山藤史也 日本体育大
タマティ・エリソン ビクトリア大
小浜和己 流通経済大
牧田旦 帝京大
塩山瑛大 明治学院大
木上鴻佑 中央大
FB 高平拓弥 東海大
アマナキ・ロトアヘア 花園大
ダニエル・ピータース 拓殖大
UtilityBK ティム・ナナイウィリアムズ 不明

過去の主な所属選手[編集]

日本代表選手(キャップ保持者)
その他選手

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同点により新日鉄釜石と共に両チーム優勝。日本選手権には抽選で新日鉄釜石が出場した。
  2. ^ プレーヤー紹介 - 公式ホームページ