リコーブラックラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リコーブラックラムズ
原語表記 リコーブラックラムズ
クラブカラー     
愛称 ブラックラムズ
創設年 1953年
代表者 坂田誠二
監督 神鳥裕之
マット・コベイン(ヘッドコーチ)
所属リーグ トップリーグ
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
http://www.ricoh.co.jp/rugby/
テンプレートを表示

リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams)は、トップリーグに所属するラグビーチームである。練習グラウンドは東京都世田谷区リコー砧グラウンド。

概要[編集]

  • 1953年創部。1972年度から1973年度に、社会人大会及び日本選手権を連覇した頃には和製オールブラックスの異名を取った。またこの頃、他の社会人強豪チームは、主に高卒が中心で、大卒は数人程度加入させるという形が主流だったが、リコーは大卒の加入を積極的に進め、結果、短期間のうちに強豪チームにのしあがった。こうした形のシステムは、大学進学率が格段に上昇した1980年代後半あたりからごく当たり前となったが、リコーが台頭した1960年代後半頃は非常に珍しかった。
  • 2008-2009シーズンはトップイースト11を全勝で1位通過。トップチャレンジシリーズでも2戦2勝で1位となり、1年でトップリーグ復帰を果たすとともに、日本選手権の出場権も獲得した。
  • 獲得した全国タイトルは、計6回を誇る。内訳は、社会人大会優勝3回(1970年度,72年度,73年度)、日本選手権優勝2回(1972-73年度)、国体優勝1回(1974年度)である。

歴史[編集]

  • 1953年 同好会として創部。
  • 1960年 第1回春季大会に優勝。関東社会人リーグ3部昇格。
  • 1962年 3部優勝。
  • 1963年 1部昇格。
  • 1965年 第6回春季大会・秋季大会優勝。
  • 1966年 第7回秋季大会優勝。
  • 1967年 全国社会人ラグビーフットボール大会初出場。
  • 1970年 全国社会人ラグビーフットボール大会初優勝。[1]
  • 1972年 全国社会人ラグビーフットボール大会2度目の優勝、日本選手権初優勝。
  • 1973年 全国社会人ラグビーフットボール大会、日本選手権ともに2連覇。
  • 1988年 東日本社会人リーグに参戦。
  • 1992年 東日本社会人リーグ初優勝。
  • 2003年 トップリーグに参戦。
  • 2008年 トップイースト11に降格。
  • 2009年 トップイースト11優勝。トップリーグに1年で復帰。日本選手権に出場し、準決勝で三洋電機ワイルドナイツに敗退。

成績[編集]

リーグ戦成績[編集]

  • 2003-2004シーズン トップリーグ 9位(3勝8敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2004-2005シーズン トップリーグ 10位(4勝7敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2005-2006シーズン トップリーグ 11位(2勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2006-2007シーズン トップリーグ 11位(4勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2007-2008シーズン トップリーグ 13位(3勝10敗)、トップイースト11へ自動降格
  • 2008-2009シーズン トップイースト11 優勝(10勝)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグへ自動昇格
  • 2009-2010シーズン トップリーグ 12位(4勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2010-2011シーズン トップリーグ 7位(6勝7敗)
  • 2011-2012シーズン トップリーグ 7位(7勝5敗1分)
  • 2012-2013シーズン トップリーグ 10位(5勝8敗)
  • 2013-2014シーズン トップリーグ 総合順位11位(1stステージ・プールB 7位・1勝5敗1分、2ndステージ・プールB 3位・4勝3敗)
  • 2014-2015シーズン トップリーグ 総合順位9位(1stステージ・プールB 6位・2勝5敗、2ndステージ・プールB 1位・6勝1敗)
  • 2015-2016シーズン トップリーグ 13位(リーグ戦・プールA 7敗・8位、順位決定トーナメント下位グループ 1回戦敗退、13-16位決定予備戦・勝利、13位決定戦・勝利)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2016-2017シーズン トップリーグ 6位(8勝7敗)

獲得タイトル[編集]

2017年度陣容[編集]

reference: [2]

過去の主な所属選手[編集]

日本代表選手(キャップ保持者)
その他選手

脚注[編集]

  1. ^ 同点により新日鉄釜石と共に両チーム優勝。日本選手権には抽選で新日鉄釜石が出場した。
  2. ^ プレーヤー紹介 - 公式ホームページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]