トップウェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トップウェストは、関西ラグビーフットボール協会が主催する地域リーグである。

歴史[編集]

ジャパンラグビートップリーグ発足前は、関西社会人リーグという名で、日本におけるラグビーの最上位リーグの一つとなっていたが、2003年からは、トップリーグとそのトップリーグへの登竜門の一つとして「トップウェスト」に改編された。トップウェスト初年度のメンバーチームは関西社会人リーグから、トヨタ自動車豊田自動織機大阪府警察NTTドコモ中部電力ホンダJR西日本ユニチカの8チーム。

2015年度は、A(1部)・B(2部)・C(3部)(トップリーグから見てそれぞれ2・3・4部の順に相当する)の3部によって構成され、Aの上位チームがトップリーグ昇格をかけたトップチャレンジへの挑戦権を得られる。

過去の1部の結果[編集]

2003-2004

トップウェスト初年度はトヨタ自動車が優勝し、トップチャレンジ1を勝ち抜き、翌年のトップリーグに自動昇格。準優勝の豊田自動織機はトップチャレンジ2を勝ち抜きトップリーグ入替戦に出場するもリコーに敗退。

2004-2005

豊田自動織機が優勝するも、トップチャレンジ1で3位となってしまい、トップリーグ入替戦でまたもリコーに敗退。準優勝のホンダもトップチャレンジ2を勝ち抜きトップリーグ入替戦に出場するもののワールドに敗退。

2005-2006

トップリーグより近鉄が降格し9チームでリーグ戦を行う予定だったが、JR西日本がJR福知山線脱線事故を受けて全試合棄権、シーズン終了後にはトップウェストAからも降格した。リーグ戦では近鉄が優勝したがトップリーグ入替戦サニックスに敗退、準優勝のホンダヒートもトップリーグ入替戦でリコーに敗退。

2006-2007

善通寺自衛隊が昇格し9チームで行われた。近鉄が連覇を果たしたがトップリーグ入替戦日本IBMと引き分けて規定で昇格できず、準優勝のホンダヒートはまたも入替戦でリコーに破れ敗退。

2007-2008

2チーム減の7チームで行われた昨シーズンの下位3チームが降格し、トップリーグからワールドが降格、それによりトップウェストはトップリーグ経験のあるワールド・近鉄、トップチャレンジ出場経験があるホンダヒート・豊田自動織機の強豪がひしめく熾烈なリーグとなった。また、初めてトップウエストでリーグ戦後に順位決定を行う方式を採用した。その順位決定戦の結果、リーグでは3位だった近鉄がホンダヒート(リーグ2位)、ワールド(リーグ1位)を破り3連覇。近鉄はその後のトップチャレンジ1でもマツダ横河電機に勝ちトップリーグに自動昇格した。準優勝のワールドは入替戦で日本IBMに敗れた。

2008-2009

近鉄が昇格し6チームで行われた。ホンダヒートが初優勝しトップチャレンジ1を勝ち抜き自動昇格。準優勝の豊田自動織機は入替戦でサニックスに敗れた。またこのシーズン3位のワールドはトップチャレンジ2出場をかけた順位決定戦に敗退し2期連続でトップリーグ復帰ができなかった後、社員選手だけで活動する方針が大量退部の影響で部員数が激減したことを受けて事実上休部。トップウェストからも撤退した。

2009-2010

ワールドの休部・撤退に伴い5チーム、2回戦総当たりで行われた。豊田自動織機が全勝で5シーズンぶりに優勝。トップチャレンジ1で2位に入り、トップリーグ自動昇格を決めた。また、NTTドコモが準優勝し初めてトップチャレンジに臨んだが、トップチャレンジ2で2位に終わり入替戦出場はできなかった。

2010-2011

豊田自動織機が昇格したが、ホンダヒートがトップリーグから降格したので5チームで行われた。NTTドコモがホンダヒートとの優勝争いを制し初優勝、トップチャレンジ1も全勝。1年越しで悲願の昇格を果たすとともに日本選手権初出場も決めた。さらに、トップチャレンジ1の2位にはトップチャレンジ2から勝ち上がってきたホンダヒートが食い込み、トップウェストのチームがトップリーグ自動昇格の2枠を独占する結果となった。

2011-2012

NTTドコモ・ホンダヒートが昇格、レッドエボリューションズが2部に降格したが、豊田自動織機がトップリーグから降格、2部からJR西日本が加わり、4チーム、2回戦総当たりで行われた。豊田自動織機が全勝で2シーズンぶりに優勝したが、トップリーグ入替戦でサニックスに敗れ、2位の中部電力はトップチャレンジ2で敗退したため両チームともトップリーグ昇格はならなかった。

2012-2013

ホンダヒートがトップリーグから降格し再び5チームで行われた。豊田自動織機が2シーズン連続で全勝優勝。トップリーグ自動昇格こそ逃したものの、トップリーグ入替戦で前年敗れたサニックスを振り切って3季ぶりのトップリーグ復帰を決めた。2位にはホンダヒートが入ったが、トップチャレンジ2で敗退した。

2013-2014

豊田自動織機が昇格し4チームで行われた。ホンダヒートが5シーズンぶりに優勝したが、トップリーグ入替戦でNTTドコモに敗れ、2位に中部電力が入ったがトップチャレンジ2で敗退したため両チームともトップリーグ昇格はならなかった。

2014-2015

ホンダヒートが2シーズン連続で優勝を果たし、トップチャレンジ1に出場、三菱重工相模原九州電力釜石に勝利して全勝でトップリーグ昇格を決めた。2位には大阪府警が入ったが、トップチャレンジ2で敗退した。

2015-2016

ホンダが昇格した代わりに、2部から三菱自動車京都、ユニチカが加わり5チームで行われる。また2ステージ制になり、1stステージでは全チーム総当たりで行われ、2ndステージでは5位のチーム以外の4チーム総当たりで行われる。なお5位のチームはトップウェストBの優勝・準優勝チームと3チーム総当たりで入替リーグ戦を行う。大阪府警が初優勝したが、トップリーグ入替戦でリコーに敗れ、2位の中部電力はトップチャレンジ2で敗退したため両チームともトップリーグ昇格はならなかった。

2016-2017

NTTドコモがトップリーグから降格し6チームで行われた。NTTドコモが2ndステージも含め全勝で6シーズンぶりに優勝、トップチャレンジ1でも三菱重工相模原、九州電力、日野自動車を破りトップリーグ昇格を果たした。2位の中国電力はトップチャレンジ2で敗退するも、2017-2018シーズンから新設されるジャパンラグビートップチャレンジリーグへの参入が決定、また3位の大阪府警察も各地域リーグ3位チームと戦うチャレンジリーグ参入マッチに進んだが最下位に終わりチャレンジリーグ参入を果たせなかった。

トップリーグへの道[編集]

2007-08シーズンからプレーオフ(順位決定戦)が導入された。リーグ戦の成績上の優勝はレギュラーシーズンの1位チームの扱いとなり、この大会はプレーオフ選考順位決定のために行われる。リーグ戦終了後上位3チームがプレーオフに臨む。まずレギュラーリーグ戦2位と3位により1回戦を行い、その勝利チームが1位チームと決勝戦を争い、トップチャレンジ出場順位を確定させる。

2008-09シーズンは、リーグ戦1位~3位グループ、4位から6位グループにわけ、順位決定戦を行う。トップウェストAの1位は「トップチャレンジ1」へ進み、2位以内に入れば自動昇格、3位でも入れ替え戦に勝てば昇格できる。2位は「トップチャレンジ2」へ進み、1位なら入れ替え戦へ進出。

そしてトップウェストのチームがトップリーグに昇格になった場合、トップリーグから落ちるチームがトップイーストかトップ九州であればトップウェストA1から下のリーグからも自動昇格となる。

2010年からトップチャレンジの方式が一部変更され、チャレンジ1・2の進出チームの順位については変更されないが、チャレンジ2がチャレンジ1出場をかけた事実上の予選となり、ここで1位になるとチャレンジ1に参戦でき、そのチャレンジ1の成績により自動昇格(2位まで)、または入れ替え戦進出(3・4位)が決まる方式と成った。2013年度から自動昇格は1位のみとなり、2位も入れ替え戦に回る。

2016-2017は方式や昇格条件は前年までと同じだが、2017-2018シーズンよりトップリーグとトップイーストの間に(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグが創設されるため、1位・2位のトップチャレンジ参加のほかに3位チームにトップチャレンジリーグ参入の可能性が増えた。

1位チーム

トップチャレンジ1で1位になればトップリーグへ自動昇格、2位以下の場合、入れ替え戦で勝利すればトップリーグ昇格、敗戦・引き分け[1]であればトップチャレンジリーグへ参入。

2位チーム

トップチャレンジ2で1位になれば、1位チームと同様。2位以下の場合は自動的にトップチャレンジリーグへ参入。

3位チーム

トップイーストリーグトップキュウシュウの3位チームと「トップチャレンジリーグ参入マッチ」を戦い、上位2チームに入ればトップチャレンジリーグ参入、3位の場合トップウェスト残留。

参加チーム(2016年度)[編集]

前年(2015-2016)シーズンの成績上位順に記載。

トップウェストA(1部)[編集]

チーム名 創設年 参加シーズン[2] 練習グラウンド トップリーグ参加年 備考
NTTドコモレッドハリケーンズ 1994年 2003-2004〜2010-2011、
2016-2017〜
京都府 2011-2012〜2015-2016 2007-2008までは「NTTドコモ関西」
大阪府警察ラグビー部 1953年 2003-2004〜 大阪府大東市 -
中部電力ラグビー部 1951年 2003-2004〜 愛知県日進市 -
ユニチカ・フェニックス 1959年 2004-2005〜2006-2007、
2015-2016〜
京都府宇治市 -
JR西日本レイラーズ 1995年 2003-2004〜2004-2005、
2011-2012〜
兵庫県神戸市 -
大阪ガスラグビー部 不明 2016-2017〜 大阪府大阪市 -

トップウェストB(2部)[編集]

チーム名 参加シーズン[3] 練習グラウンド トップウェストA参加年 備考
三菱自動車京都レッドエボリューションズ 2007-2008〜2008-2009、
2011-2012〜2014-2015、
2016-2017〜
京都府京都市 2003-2004〜2006-2007、
2009-2010〜2010-2011、
2015-2016
1957年創部
2010-2011までは「レッドエボリューションズ」でクラブチーム
島津製作所ラグビー部 2003-2004〜2012-2013、
2015-2016〜
京都府 - 1988年創部
スネイルズ 2004-2005〜2006-2007、
2015-2016〜
不明 - 2005-2006までは「NTT西日本グループ大阪ラグビー部」
きんでんラグビー部 2003-2004〜2005-2006、
2014-2015〜
大阪府大阪市 -
日本新薬ラグビー部 2003-2004〜2011-2012、
2015-2016〜
京都府京都市 -
リコージャパンラグビー部 2003-2004〜2004-2005、
2011-2012〜
大阪府大阪市 - 1988年創部
2005-2006までは「大阪リコー」
2006-2007〜2009-2010までは「リコー関西」
豊田通商BLUE WING 2011-2012〜 愛知県豊田市 - 1980年創部
2010-2011までは「豊田通商ラグビー部」
大阪教員団 2003-2004〜2014-2015、
2016-2017〜
大阪府 -

トップウェストC(3部)[編集]

チーム名 参加シーズン[4] 練習グラウンド トップウェストB・A1参加年[3] 備考
K-POWERS 2005-2006、
2007-2008〜2009-2010、
2011-2012〜2014-2015、
2016-2017〜
不明 2004-2005、
2006-2007、
2015-2016
2003-2004は「関西電力ラグビー部」
三菱東京UFJ銀行ラグビー部[5] 2004-2005〜2006-2007、
2015-2016〜
不明 - 2007-2008〜2012-2013、2014-2015まではトップウエストB1に在籍
守口市門真市消防組合ラグビー部 2015-2016〜 大阪府守口市 - 2007-2008〜2012-2013まではトップウエストB1に在籍
大阪市教職員ラグビー部 2015-2016〜 大阪府大阪市 - 2009-2010〜2014-2015まではトップウエストB1に在籍
三菱電機メルコダイヤモンズ 2003-2004〜2006-2007、
2015-2016〜
兵庫県伊丹市 - 2010-2011までは「三菱電機伊丹ラグビー部」
2007-2008〜2014-2015まではトップウエストB1に在籍
大阪チタニウムテクノロジーズラグビー部 2004-2005〜2006-2007、
2015-2016〜
兵庫県尼崎市 2007-2008〜2014-2015 1954年創部
2007-2008までは「住友チタニウム」
善通寺自衛隊ラグビー部 2010-2011、
2015-2016〜
香川県善通寺市 2007-2008〜2009-2010 2006-2007はトップウェストAに、
2011-2012〜2014-2015まではトップウエストB1に在籍
大阪市消防局ラグビー部 2003-2004〜2006-2007、
2016-2017〜
大阪府大阪市 - 2007-2008〜2010-2011まではトップウエストB1に在籍

過去に在籍したことがあるチーム[編集]

トップリーグに昇格[編集]

チーム名 創設年 トップウェストA参加シーズン 練習グラウンド 備考
トヨタ自動車 1941年 2003-2004 愛知県豊田市 現:トヨタ自動車ヴェルブリッツ
近鉄ライナーズ 1929年 2005-2006〜2007-2008 大阪府東大阪市 トップリーグ創設時に参加
豊田自動織機シャトルズ 1984年 2003-2004〜2009-2010、
2011-2012〜2012-2013
愛知県刈谷市 2009-2010までは「豊田自動織機」
ホンダヒート 1960年 2003-2004〜2008-2009、
2010-2011、
2013-2014〜2014-2015
三重県鈴鹿市

その他[編集]

府県リーグ降格

チーム名 トップウェストC・B1参加シーズン[6] 練習グラウンド 備考
京都市役所ラグビー部 2003-2004 京都府京都市
京阪クラブ 2003-2004〜2004-2005 不明
大阪市役所ラグビー部 2003-2004〜2010-2011 大阪府大阪市 1979年創部
KOMATSU YellwBulls 2013-2014〜2014-2015 不明
門真ブルーソニックス 2003-2004〜2006-2007、
2008-2009〜2011-2012、
2013-2014〜2014-2015
大阪府門真市 2007年、2012年はトップウエストBに在籍
川崎重工ラグビー部 2005-2006〜2006-2007、
2015-2016
兵庫県神戸市 2007-2008〜2008-2009まではトップウエストB1に在籍

休部

チーム名 創設年 参加シーズン 練習グラウンド 備考
ワールドファイティングブル 1984年 2007-2008〜2008-2009
(トップウェストA)
兵庫県神戸市 2008-2009シーズン終了後に休部。
現在は六甲SEA HAWKSと合併し「六甲ファイティングブル」としてクラブチーム化

歴代優勝[編集]

優勝チーム[編集]

  • 2003年度(平成15年度) - トヨタ自動車
  • 2004年度(平成16年度) - 豊田自動織機
  • 2005年度(平成17年度) - 近鉄ライナーズ
  • 2006年度(平成18年度) - 近鉄ライナーズ
  • 2007年度(平成19年度) - 近鉄ライナーズ
  • 2008年度(平成20年度) - ホンダヒート
  • 2009年度(平成21年度) - 豊田自動織機
  • 2010年度(平成22年度) - NTTドコモ
  • 2011年度(平成23年度) - 豊田自動織機シャトルズ
  • 2012年度(平成24年度) - 豊田自動織機シャトルズ
  • 2013年度(平成25年度) - ホンダヒート
  • 2014年度(平成26年度) - ホンダヒート
  • 2015年度(平成27年度) - 大阪府警

優勝回数[編集]

歴代順位表[編集]

1部[編集]

枠内が色はトップリーグへ昇格、枠内が色はトップチャレンジリーグへ昇格、枠内が色は2部へ降格、枠内が色は休部

トップウエストAリーグ[編集]

年度 優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位
2003-2004 トヨタ自動車 豊田自動織機 大阪府警察 NTTドコモ関西 中部電力 ホンダ JR西日本 レッドエボリューションズ
2004-2005 豊田自動織機 ホンダ NTTドコモ関西 大阪府警察 JR西日本 中部電力 レッドエボリューションズ ユニチカ
2005-2006 近鉄 ホンダヒート 豊田自動織機 大阪府警察 NTTドコモ関西 中部電力 レッドエボリューションズ ユニチカ
2006-2007 近鉄 ホンダヒート 豊田自動織機 NTTドコモ関西 大阪府警察 中部電力 レッドエボリューションズ ユニチカ 善通寺自衛隊
2007-2008 近鉄 ワールド ホンダヒート 豊田自動織機 NTTドコモ関西 大阪府警察 中部電力
2008-2009 ホンダヒート 豊田自動織機 ワールド NTTドコモ 中部電力 大阪府警察
2009-2010 豊田自動織機 NTTドコモ 大阪府警察 中部電力 レッドエボリューションズ
2010-2011 NTTドコモ ホンダヒート 大阪府警察 中部電力 レッドエボリューションズ
2011-2012 豊田自動織機 中部電力 大阪府警察 JR西日本
2012-2013 豊田自動織機 ホンダヒート 中部電力 大阪府警察 JR西日本
2013-2014 ホンダヒート 中部電力 大阪府警察 JR西日本
2014-2014 ホンダヒート 大阪府警察 中部電力 JR西日本
2015-2016 大阪府警察 中部電力 ユニチカ JR西日本 三菱自動車京都
2016-2017 NTTドコモ 中部電力 大阪府警察 JR西日本 大阪ガス ユニチカ

2部[編集]

枠内が色は1部へ昇格、枠内が色は3部へ降格

トップウエストBリーグ(2003年〜2006年)[編集]

年度 優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
2003-2004 ユニチカ 大阪ガス 大阪リコー 善通寺自衛隊 日本新薬 大阪教員団 島津製作所 関西電力
2004-2005 善通寺自衛隊 大阪ガス 大阪リコー 日本新薬 大阪教員団 NTT西日本G 島津製作所 K-POWERS
2005-2006 善通寺自衛隊 大阪ガス 大阪リコー NTT西日本G 日本新薬 大阪教員団 島津製作所 きんでん
2006-2007 JR西日本 大阪ガス リコー関西 日本新薬 スネイルズ 島津製作所 大阪教員団 K-POWERS

トップウエストA1リーグ(2007年〜2014年)[編集]

年度 優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位
2007-2008 JR西日本 レッドエボリューションズ 大阪ガス ユニチカ リコー関西 日本新薬 善通寺自衛隊
2008-2009 レッドエボリューションズ JR西日本 ユニチカ 大阪ガス リコー関西 日本新薬 善通寺自衛隊
2009-2010 ユニチカ JR西日本 大阪ガス 日本新薬 リコー関西 善通寺自衛隊
2010-2011 JR西日本 ユニチカ リコージャパン 大阪ガス 日本新薬 K-POWERS
2011-2012 ユニチカ 三菱自動車京都 リコージャパン 大阪ガス 豊田通商 日本新薬
2012-2013 ユニチカ 三菱自動車京都 大阪ガス 島津製作所 豊田通商 リコージャパン
2013-2014 ユニチカ 大阪ガス 三菱自動車京都 豊田通商 リコージャパン 島津製作所
2014-2015 ユニチカ 三菱自動車京都 大阪ガス きんでん 豊田通商 リコージャパン

トップウエストBリーグ(2015年〜)[編集]

年度 優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
2015-2016 大阪ガス 島津製作所 スネイルズ きんでん 日本新薬 リコージャパン 豊田通商 K-POWERS
2016-2017 島津製作所 三菱自動車京都 豊田通商 リコージャパン スネイルズ きんでん 大阪教員団 日本新薬

3部[編集]

枠内が色は2部へ昇格、枠内が色は下位リーグ[8]へ降格

トップウエストCリーグ(2003年〜2006年)[編集]

年度 優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
2003-2004 NTT西日本G大阪 大阪市消防局 きんでん 門真ブルーソニックス 三菱電機 京阪クラブ 大阪市役所 京都市役所
2004-2005 きんでん 三菱電機 門真ブルーソニックス 大阪市消防局 UFJ銀行 住友チタニウム 大阪市役所 京阪クラブ
2005-2006 K-POWERS 門真ブルーソニックス 住友チタニウム 三菱電機 UFJ銀行 大阪市消防局 川崎重工 大阪市役所
2006-2007 門真ブルーソニックス 住友チタニウム 三菱東京UFJ銀行 大阪市消防局 きんでん 川崎重工 三菱電機 大阪市役所

トップウエストBリーグ(2007年〜2014年)[編集]

年度 優勝 2位 3位 4位 5位 6位
2007-2008 大阪教員団 スネイルズ K-POWERS 島津製作所 住友チタニウム 門真ブルーソニックス
2008-2009 大阪教員団 島津製作所 K-POWERS 大阪チタニウム きんでん スネイルズ
2009-2010 K-POWERS 大阪教員団 島津製作所 大阪チタニウム きんでん スネイルズ
2010-2011 豊田通商 大阪教員団 島津製作所 きんでん 大阪チタニウム 善通寺自衛隊
2011-2012 島津製作所 きんでん K-POWERS 大阪教員団 大阪チタニウム スネイルズ
2012-2013 K-POWERS きんでん 大阪チタニウム 日本新薬 大阪教員団 門真ブルーソニックス
2013-2014 きんでん K-POWERS 大阪教員団 大阪チタニウム スネイルズ 日本新薬
2014-2015 K-POWERS 島津製作所 日本新薬 スネイルズ 大阪教員団 大阪チタニウム

トップウエストCリーグ(2015年〜)[編集]

年度 優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
2015-2016 大阪教員団 三菱東京UFJ銀行 守口市門真市消防組合 大阪市教職員 三菱電機 大阪チタニウム 善通寺自衛隊 川崎重工
2016-2017 K-POWERS 守口市門真市消防組合 三菱電機 三菱東京UFJ銀行 大阪市消防局 大阪市教職員 善通寺自衛隊 大阪チタニウム

4部[編集]

枠内が色は3部へ昇格、枠内が色は府県リーグへ降格

トップウエストB1リーグ(2007年〜2014年)[編集]

年度 優勝 2位 3位 4位 5位 6位
2007-2008 きんでん 三菱電機 三菱東京UFJ銀行 守口市門真市消防組合 川崎重工 大阪市消防局
2008-2009 門真ブルーソニックス 三菱東京UFJ銀行 三菱電機 大阪市消防局 守口市門真市消防組合 川崎重工
2009-2010 BLUE WING 三菱東京UFJ銀行 大阪市教職員 三菱電機 門真ブルーソニックス 大阪市消防局
2010-2011 スネイルズ 門真ブルーソニックス 三菱電機 大阪市教職員 三菱東京UFJ銀行 大阪市消防局
2011-2012 門真ブルーソニックス 大阪市教職員 守口市門真市消防組合 善通寺自衛隊 三菱東京UFJ銀行
2012-2013 スネイルズ 三菱電機 守口市門真市消防組合 善通寺自衛隊 大阪市教職員 三菱東京UFJ銀行
2013-2014 三菱電機 善通寺自衛隊 門真ブルーソニックス 大阪市教職員 KOMATSU YellwBulls
2014-2015 大阪市教職員 三菱東京UFJ銀行 三菱電機 善通寺自衛隊 KOMATSU YellwBulls 門真ブルーソニックス

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 引き分けの場合は規定によりトップリーグ所属チームの残留となるため
  2. ^ トップウェストAに在籍
  3. ^ a b 2003年〜2006年、2015年はトップウェストB、2007年〜2014年はトップウェストA1に在籍したシーズン
  4. ^ 2003年〜2006年、2015年はトップウェストC、2007年〜2014年はトップウェストBに在籍したシーズン
  5. ^ MUFG RFC(旧・三菱東京UFJ銀行ラグビー部)とは異なる。
  6. ^ 2003年〜2006年、2015年はトップウェストC、2007年〜2014年はトップウェストB1に在籍したシーズン
  7. ^ a b c 関西社会人リーグとトップウェストリーグ両方で優勝しているチーム。(2015年現在)
  8. ^ 2003年〜2005年、2015年からは府県リーグ、2006年〜2014年までは4部

外部リンク[編集]