ジャパンラグビートップリーグ2013-2014

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジャパンラグビートップリーグ2013-20142013年8月30日から2014年2月11日まで行われた、日本国内最高峰の社会人ラグビーラグビーユニオン)リーグである。レギュラーシーズン1位のパナソニックワイルドナイツがプレーオフトーナメントを制し、前身の三洋電機時代から3シーズンぶり2度目の優勝を遂げた。

参加チーム[編集]

ジャパンラグビートップリーグ2013-2014の参加チームは下表の通りである(記載は前年レギュラーシーズンの成績上位順)。

トップリーグの参加チーム数が14チームから16チームに増加、福岡サニックスブルーストップキュウシュウ)が地域リーグに降格し、コカ・コーラウエストレッドスパークスクボタスピアーズ豊田自動織機シャトルズが地域リーグから昇格した。

チーム名 前年成績 備考
サントリーサンゴリアス トップリーグ 1位
プレーオフトーナメント 優勝
東芝ブレイブルーパス トップリーグ 2位
パナソニックワイルドナイツ トップリーグ 3位
神戸製鋼コベルコスティーラーズ トップリーグ 4位
トヨタ自動車ヴェルブリッツ トップリーグ 5位
ヤマハ発動機ジュビロ トップリーグ 6位
近鉄ライナーズ トップリーグ 7位
NECグリーンロケッツ トップリーグ 8位
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス トップリーグ 9位
リコーブラックラムズ トップリーグ 10位
キヤノンイーグルス トップリーグ 11位
九州電力キューデンヴォルテクス トップリーグ 12位
NTTドコモレッドハリケーンズ トップリーグ 13位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
コカ・コーラウエストレッドスパークス トップキュウシュウ 優勝 自動昇格(トップチャレンジ1 1位)
2シーズンぶりの復帰
クボタスピアーズ トップイーストリーグ 優勝 自動昇格(トップチャレンジ1 2位)
3シーズンぶりの復帰
豊田自動織機シャトルズ トップウェスト 優勝 トップリーグ入替戦に勝利し昇格(トップチャレンジ1 3位)
3シーズンぶりの復帰

シーズンのレギュレーション変更[編集]

「トップリーグ」が誕生して11シーズン目の今シーズンより、レギュラーシーズンのレギュレーションに大幅な変更。参加チーム数が2チーム増えて16チームとなった一方、「全チームの1シーズン1回戦総当たり」から「2プール2ステージ制」に変更された。2ndステージは前半戦の順位を基に組み合わせを決めるため、スプリットシステムの変則形でリーグ戦が争われた。これにより、各チームごとのレギュラーシーズンの試合数は13試合から14試合に増加するが、いずれのチームも自チームを除く15チームのうち4チームとはレギュラーシーズンでは対戦がない(逆に3チームとは1st/2ndの両ステージで対戦がある)という状況が生まれることになった。

1stステージ[編集]

プールA[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 サントリーサンゴリアス 7 6 0 1 245 110 +135 6 30 2ndステージグループAへ
2 NECグリーンロケッツ 7 5 0 2 193 138 +55 5 25
3 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 7 5 0 2 213 147 +66 4 24
4 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 7 5 0 2 142 111 +31 2 22
5 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 7 4 0 3 155 175 -20 3 19 2ndステージグループBへ
6 豊田自動織機シャトルズ 7 1 0 6 172 185 -13 7 11
7 NTTドコモレッドハリケーンズ 7 2 0 5 116 208 -92 2 10
8 九州電力キューデンヴォルテクス 7 0 0 7 97 259 -162 0 0

プールB[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 パナソニックワイルドナイツ 7 5 1 1 231 97 +134 6 28 2ndステージグループAへ
2 ヤマハ発動機ジュビロ 7 5 1 1 209 150 +59 3 25
3 東芝ブレイブルーパス 7 5 0 2 164 131 +33 3 23
4 キヤノンイーグルス 7 4 0 3 187 161 +26 4 20
5 クボタスピアーズ 7 4 0 3 169 173 -4 4 20 2ndステージグループBへ
6 近鉄ライナーズ 7 2 0 5 139 167 -28 5 13
7 リコーブラックラムズ 7 1 1 5 142 196 -54 3 9
8 コカ・コーラウエストレッドスパークス 7 0 1 6 125 291 -166 4 6

2ndステージ[編集]

1stステージの順位に応じて2ndステージ開始時にボーナスポイント(BP)が与えられる。

グループA[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 パナソニックワイルドナイツ 7 7 0 0 224 105 +119 8 36 プレーオフトーナメント、日本選手権
2 サントリーサンゴリアス 7 6 0 1 261 169 +92 8 32
3 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 7 4 0 3 223 194 +29 8 24
4 東芝ブレイブルーパス 7 4 0 3 181 151 +30 7 23
5 ヤマハ発動機ジュビロ 7 3 0 4 168 177 -9 7 19 日本選手権ワイルドカードトーナメントへ
6 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 7 3 0 4 127 188 -61 2 14
7 キヤノンイーグルス 7 1 0 6 131 251 -120 4 8
8 NECグリーンロケッツ 7 0 0 7 130 210 -80 7 7

グループB[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
9 クボタスピアーズ 7 5 0 2 166 103 +63 7 27 日本選手権ワイルドカードトーナメントへ
10 近鉄ライナーズ 7 5 0 2 187 158 +29 7 27
11 リコーブラックラムズ 7 4 0 3 217 150 +67 9 25
12 豊田自動織機シャトルズ 7 4 0 3 190 195 -5 7 23
13 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 7 3 0 4 158 210 -52 8 20 入替戦へ
14 コカ・コーラウエストレッドスパークス 7 3 0 4 157 175 -18 7 19
15 NTTドコモレッドハリケーンズ 7 2 0 5 152 160 -8 6 14
16 九州電力キューデンヴォルテクス 7 2 0 5 157 233 -76 4 12 自動降格

プレーオフトーナメント[編集]

セミファイナル ファイナル
           
2014年2月1日 - 秩父宮東京    
 パナソニックワイルドナイツ
(リーグ1位)
55
 東芝ブレイブルーパス
(リーグ4位)
15  
  2014年2月11日 - 秩父宮東京
 パナソニックワイルドナイツ 45
   サントリーサンゴリアス 22
2014年2月2日 - 秩父宮東京  
 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
(リーグ3位)
19
 サントリーサンゴリアス
(リーグ2位)
27  

セミファイナル[編集]

  • 2月1日 パナソニックワイルドナイツ 55-15 東芝ブレイブルーパス
  • 2月2日 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 19-27 サントリーサンゴリアス

ファイナル[編集]

  • 2月11日[1] パナソニックワイルドナイツ 45-22 サントリーサンゴリアス

入替制度[編集]

入替枠の変更[編集]

順位 前年(2012-2013シーズン) 今年(2013-2014シーズン)
トップリーグ13位 入替戦(トップチャレンジ1 4位) 入替戦(トップチャレンジ1 4位)
トップリーグ14位 入替戦(トップチャレンジ1 3位) 入替戦(トップチャレンジ1 3位)
トップリーグ15位 - 入替戦(トップチャレンジ1 2位)
トップリーグ16位 - 地域リーグへ自動降格
トップチャレンジ1 1位 トップリーグへ自動昇格 トップリーグへ自動昇格
トップチャレンジ1 2位 トップリーグへ自動昇格 入替戦(トップリーグ15位)
トップチャレンジ1 3位 入替戦(トップリーグ14位) 入替戦(トップリーグ14位)
トップチャレンジ1 4位 入替戦(トップリーグ13位) 入替戦(トップリーグ13位)

今シーズンから、これまでの「自動入れ替え2・入れ替え戦2」が「自動入れ替え1・入れ替え戦3」に変更、トップチャレンジ1からの自動昇格が上位2チームから優勝チームのみに、トップリーグからの自動降格が下位2チームから16位(グループB8位)に変更され、残りの3枠はトップチャレンジのほかの3チームと、トップリーグ13-15位(グループB5-7位)との入れ替え戦に回る方式へと変更。

自動降格[編集]

2ndステージBグループの結果、Bグループ8位の九州電力キューデンヴォルテクスがトップリーグ16位となりトップキュウシュウへの自動降格が決定した。

トップチャレンジ2[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 横河武蔵野アトラスターズトップイーストリーグ 2 1 0 1 57 51 +6 2 6 トップチャレンジ1へ
2 マツダブルーズーマーズトップキュウシュウ 2 1 0 1 68 63 +5 2 6
3 中部電力トップウェスト 2 1 0 1 49 60 -11 1 5

以上の結果、1位の横河武蔵野アトラスターズがトップチャレンジ1への進出が決定した。

トップチャレンジ1[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 福岡サニックスブルース(トップキュウシュウ) 3 3 0 0 177 43 +134 1 13 自動昇格
2 ホンダヒート(トップウェスト) 3 2 0 1 124 57 +67 1 9 入替戦へ
3 三菱重工相模原ダイナボアーズ(トップイーストリーグ) 3 1 0 2 102 72 +30 1 5
4 横河武蔵野アトラスターズ(トップチャレンジ2 1位) 3 0 0 3 25 256 -231 0 0

以上の結果、1位福岡サニックスブルースのトップリーグへの自動昇格、2位以下3チームのトップリーグ入替戦出場が決定した。

トップリーグ入替戦[編集]

規定により、トップリーグ13位NTTコミュニケーションズシャイニングアークスがトップチャレンジ1・4位の横河武蔵野アトラスターズと、トップリーグ14位コカ・コーラウエストレッドスパークスが、トップチャレンジ1・3位の三菱重工相模原ダイナボアーズと、トップリーグ15位NTTドコモレッドハリケーンズがチョップチャレンジ1・2位のホンダヒートと入替戦を行った。

以上の結果、コカ・コーラウエストレッドスパークスNTTドコモレッドハリケーンズNTTコミュニケーションズシャイニングアークスのトップリーグ残留が決定した。

表彰[編集]

2013-2014シーズンの年間表彰式は、2014年2月12日[3]東京都港区明治記念館[4]で実施された。受賞者には記念のトロフィー等が贈られた[4]。表彰者一覧は後述の通り[4]

チーム表彰[編集]

TOP LEAGUE 優勝チーム[編集]

チーム名 備考
優勝 パナソニック ワイルドナイツ (3季ぶり2回目)※前回は三洋電機ワイルドナイツ
準優勝 サントリーサンゴリアス
第3位 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
東芝ブレイブルーパス

フェアプレーチーム賞[編集]

チーム名 備考
パナソニック ワイルドナイツ (3季ぶり5回目)※前回は三洋電機ワイルドナイツ

ベストファンサービス賞[編集]

チーム名 備考
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス (初受賞)
NTTドコモレッドハリケーンズ (初受賞)
ヤマハ発動機ジュビロ (7季ぶり3回目)

個人表彰[編集]

トップリーグMVP[編集]

氏名 所属チーム 備考
ベリック・バーンズ パナソニック ワイルドナイツ (初受賞)

新人賞[編集]

氏名 所属チーム
稲垣啓太 パナソニック ワイルドナイツ
堀江恭佑 ヤマハ発動機ジュビロ

最多トライゲッター[編集]

氏名 所属チーム 備考
ジャック・フーリー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 17トライ(初受賞)

得点王[編集]

氏名 所属チーム 備考
ニコラス・ライアン サントリーサンゴリアス 188得点(2T/44G/30PG)(7季ぶり2回目)

ベストキッカー[編集]

氏名 所属チーム 備考
ニコラス・ライアン サントリーサンゴリアス 178得点(44G/30PG)(初受賞)

最優秀ベストホイッスル[編集]

氏名 備考
麻生彰久 (初受賞)

ベストホイッスル[編集]

氏名 備考
麻生彰久 (初受賞)
大槻卓 (初受賞)
戸田京介 (初受賞)

プレーオフトーナメントMVP[編集]

氏名 所属チーム 備考
山田章仁 パナソニック ワイルドナイツ (3季ぶり2回目)

ベストフィフティーン[編集]

ポジション 氏名 所属チーム 備考
PR1 稲垣啓太 パナソニック ワイルドナイツ (初受賞)
HO 堀江翔太 パナソニック ワイルドナイツ (2季ぶり4回目)
PR3 畠山健介 サントリーサンゴリアス (6季連続6回目)
LO ダニエル・ヒーナン パナソニック ワイルドナイツ (2季ぶり4回目)
LO 大野均 東芝ブレイブルーパス (8季連続9回目)
FL ジョージ・スミス サントリーサンゴリアス (3季連続3回目)
FL 西原忠佑 パナソニック ワイルドナイツ (初受賞)
NO8 堀江恭佑 ヤマハ発動機ジュビロ (初受賞)
SH 日和佐篤 サントリーサンゴリアス (3季連続3回目)
SO ベリック・バーンズ パナソニック ワイルドナイツ (初受賞)
WTB 山田章仁 パナソニック ワイルドナイツ (2季連続3回目)
WTB 北川智規 パナソニック ワイルドナイツ (2季ぶり6回目)
CTB ジャック・フーリー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ (3季連続3回目)
CTB マレ・サウ ヤマハ発動機ジュビロ (2季連続2回目)
FB 五郎丸歩 ヤマハ発動機ジュビロ (3季連続3回目)

参照[編集]

  1. ^ 当初、同月9日に予定されていたが、8日からの東京都内降雪の影響により、観客、選手の安全確保及び競技の運営が出来ないと判断したため、中止・延期となった。2月9日(日)「プレーオフトーナメント ファイナル」開催中止・延期のお知らせ”. (公財)日本ラグビーフットボール協会 (2014年2月8日). 2014年2月11日閲覧。
  2. ^ 当初、同月15日に予定されていたが、14日からの関東地方の降雪の影響により、観客、選手の安全確保及び競技の運営が出来ないと判断したため、中止・延期となった。明日15日トップリーグ入替戦開催中止・延期のお知らせ”. (公財)日本ラグビーフットボール協会 (2014年2月14日). 2014年2月14日閲覧。
  3. ^ 当初、同月10日に予定されていたが、プレーオフトーナメント・ファイナルが降雪の影響により中止・延期になったことに伴い、年間表彰式の日程も変更となった。「ジャパンラグビー トップリーグ2013-2014 年間表彰式」延期のお知らせ”. (公財)日本ラグビーフットボール協会 (2014年2月8日). 2014年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c “2013-2014年間表彰式 MVPは、ベリック・バーンズ 大野均は8期連続ベストフィフティーン”. JRFUメンバーズクラブ会報誌『JAPAN! JAPAN!』 ((公財)日本ラグビーフットボール協会/JRFUメンバーズクラブ事務局) (48): p.7. (2014-03).