ジャパンラグビートップリーグ2015-2016

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャパンラグビートップリーグ2015-20162015年11月13日から2016年1月24日まで行われた、日本国内最高峰の社会人ラグビーラグビーユニオン)リーグである。パナソニックワイルドナイツがプレーオフトーナメントを制し、3シーズン連続4度目の優勝を遂げた。(トップリーグ三連覇は2004-2005~2006-2007年シーズンの東芝ブレイブルーパス以来2チーム目)

参加チーム[編集]

ジャパンラグビートップリーグ2015-2016の参加チームは下表の通りである(記載は3位までは前年のプレーオフトーナメント、4位以降は前年2ndステージの成績上位順)。

宗像サニックスブルーストップキュウシュウ)が地域リーグに降格し、ホンダヒートが地域リーグから昇格した。

チーム名 前年成績 備考
パナソニックワイルドナイツ トップリーグ 優勝
ヤマハ発動機ジュビロ トップリーグ 2位
東芝ブレイブルーパス トップリーグ 3位
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
サントリーサンゴリアス トップリーグ 5位
トヨタ自動車ヴェルブリッツ トップリーグ 6位
キヤノンイーグルス トップリーグ 7位
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス トップリーグ 8位
リコーブラックラムズ トップリーグ 9位
NECグリーンロケッツ トップリーグ 10位
NTTドコモレッドハリケーンズ トップリーグ 11位
近鉄ライナーズ トップリーグ 12位
クボタスピアーズ トップリーグ 13位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
コカ・コーラレッドスパークス トップリーグ 14位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
豊田自動織機シャトルズ トップリーグ 15位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
ホンダヒート トップウェスト 優勝 昇格(トップチャレンジ1 1位)
4シーズンぶりの復帰

リーグレギュレーションの変更[編集]

同年にラグビーワールドカップが開催されるため短縮日程となった。前年度の順位をもとに、参加する16チームを8チームずつの2グループに分けて「1stステージ」として各グループ1回戦総当たりのリーグ戦を行い、昨季までの2ndステージ(1stステージの成績を基に上位・下位4チームずつ8チームで行う総当たりリーグ)を廃止する代わりに、1stステージの成績を基として上位・下位8チームずつの順位決定トーナメント戦が開催される。各グループの1〜4位計8チームによる1〜8位決定トーナメントと、各5〜8位の計8チームによる9〜16位決定トーナメントが実施される。

日程短縮、試合数減少に伴い新たな公式戦として、9月4日〜10月11日の日程でプレシーズンリーグを実施することとなった。16チームを4チームずつ4プールに分けて1回戦総当たりのプール戦をおこない、各プールの順位に応じてトーナメントを戦う。各1位チームはカップトーナメントに進み、2位チームはプレート、3位チームはボウル、4位チームはシールドをかけて争う。

順位決定トーナメントのうち、上位グループのものは昨年のプレーオフトーナメントに引き続き、株式会社LIXILと冠スポンサー契約を結び「LIXIL CUP(リクシルカップ)2016」[1]として開催される。

今季からの新しい試みとして、トーナメント戦での決着方法にサドンデス延長戦キッキングコンペティションが導入される。80分戦って同点の場合、試合終了5分後に10分間のサドンデス延長戦(先にトライ、ペナルティゴール、ドロップゴールなどで得点を挙げたチームの勝利)を実施するが、それでも勝負がつかない場合にキック勝負に持ち込まれる。

今シーズンは自動昇降格を設けず、最終成績13~16位のチームがトップチャレンジ1の1~4位と入替戦を行うこととなった。またラグビー日本選手権大会の出場も、変則スケジュールの都合により全国大学ラグビー選手権大会優勝校との一発勝負で行われるため、リクシルカップ(上位トーナメント)で優勝したチームのみが社会人代表となる。

プレシーズンリーグ[編集]

大会概要[編集]

プールA[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 3 3 0 0 91 46 +45 2 14 カップトーナメントへ
2 パナソニックワイルドナイツ 3 2 0 1 93 50 +43 3 11 プレートトーナメントへ
(※のち出場辞退 後述
3 NECグリーンロケッツ 3 1 0 2 59 85 -26 1 5 ボウルトーナメントへ
4 ホンダヒート 3 0 0 3 38 100 -62 0 0 シールドトーナメントへ

プールB[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 サントリーサンゴリアス 3 3 0 0 76 36 +40 1 13 カップトーナメントへ
2 近鉄ライナーズ 3 2 0 1 111 45 +66 3 11 プレートトーナメントへ
3 ヤマハ発動機ジュビロ 3 1 0 2 62 78 -16 1 5 ボウルトーナメントへ
4 コカ・コーラレッドスパークス 3 0 0 3 29 119 -90 0 0 シールドトーナメントへ

プールC[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 3 3 0 0 71 28 +43 0 12 カップトーナメントへ
2 NTTドコモレッドハリケーンズ 3 1 0 2 40 44 -4 1 5 プレートトーナメントへ
3 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 3 1 0 2 39 46 -7 0 4 ボウルトーナメントへ
4 クボタスピアーズ 3 1 0 2 29 61 -32 0 4 シールドトーナメントへ

プールD[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 東芝ブレイブルーパス 3 3 0 0 74 53 +21 2 14 カップトーナメントへ
2 リコーブラックラムズ 3 2 0 1 70 73 -3 1 9 プレートトーナメントへ
3 キヤノンイーグルス 3 0 1 2 40 44 -4 2 4 ボウルトーナメントへ
4 豊田自動織機シャトルズ 3 0 1 2 55 69 -14 2 4 シールドトーナメントへ

順位決定トーナメント[編集]

トーナメント1回戦のアルファベットと数字はそれぞれ、1stステージ(予選プールリーグ戦)の所属プールと、そのプール内における順位(リーグ戦の順位決定戦も同文)である。
(例-A1=プールA1位)

カップトーナメント(1位組)[編集]

1回戦 決勝/3位決定戦
1 10月3日 花園
 サントリー(A1) 23
3 10月11日 秩父宮
 東芝(C1) 21
 サントリー 24
2 10月3日 花園
 神戸製鋼 27
 トヨタ自動車(B1) 14
 神戸製鋼(D1) 30 4 10月11日 秩父宮
 東芝 13
 トヨタ自動車 20

プレートトーナメント(2位組)[編集]

1回戦 決勝/3位決定戦
5 10月3日 秩父宮
 パナソニック(A2)[※ 1]
7 10月10日 花園
 NTTドコモ(C2)
 NTTドコモ 26
6 10月3日 秩父宮
 リコー 17
 近鉄(B2) 22
 リコー(D2) 32 8 10月10日 花園
 パナソニック
 近鉄
  1. ^ パナソニックについては、主力選手が各国代表としてラグビーワールドカップ2015に出場しており、またプレシーズンリーグの期間中に選手が多数怪我した影響で、特にプロップにおいて試合に必要な人数を確保できず、チーム編成ができなかったため不戦敗(★)とし、当初1回戦で対戦する予定だったNTTドコモと、3位決定戦で対戦する予定だった近鉄対リコー戦で敗れたチームはそれぞれ不戦勝(☆)の扱いとし、パナソニックはこの組の4位(通算8位)、また1回戦の近鉄対リコー戦の敗者を同3位(通算7位)とみなす扱いにした。このため3位決定戦で対戦する予定となっていたチームについては、トップキュウシュウ宗像サニックスブルースとの練習試合(エキシビジョンマッチ)に変更して試合を行う[2]

ボウルトーナメント(3位組)[編集]

1回戦 決勝/3位決定戦
9 10月3日 熊谷
 ヤマハ発動機(A3) 24
11 10月10日 秩父宮
 キヤノン(C3) 27
 キヤノン 25
10 10月3日 熊谷
 NTTコミュニケーションズ 48
 NEC(B3) 20
 NTTコミュニケーションズ(D3) 28 12 10月10日 秩父宮
 ヤマハ発動機 26
 NEC 18

シールドトーナメント(4位組)[編集]

1回戦 決勝/3位決定戦
13 10月3日 駒沢陸
 コカ・コーラ(A4) 24
15 10月10日 熊谷
 豊田自動織機(C4) 35
 豊田自動織機 21
14 10月3日 駒沢陸
 クボタ 17
 ホンダ(B4) 10
 クボタ(D4) 40 16 10月10日 熊谷
 コカ・コーラ 24
 ホンダ 21

リーグ戦[編集]

プールA[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 パナソニックワイルドナイツ 7 6 1 0 290 137 +153 5 31 1〜8位決定トーナメントへ
2 東芝ブレイブルーパス 7 5 1 1 253 100 +153 4 26
3 近鉄ライナーズ 7 5 0 2 189 193 -4 3 23
4 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 7 4 0 3 190 142 +48 6 22
5 サントリーサンゴリアス 7 4 0 3 227 148 +79 5 21 9〜16位決定トーナメントへ
6 クボタスピアーズ 7 2 0 5 118 240 -122 2 10
7 ホンダヒート 7 1 0 6 99 253 -154 1 5
8 リコーブラックラムズ 7 0 0 7 129 282 -153 2 2

プールB[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 ヤマハ発動機ジュビロ 7 6 0 1 226 140 +86 5 29 1〜8位決定トーナメントへ
2 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 7 5 0 2 235 137 +98 7 27
3 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 7 5 0 2 203 125 +78 6 26
4 キヤノンイーグルス 7 5 0 2 196 142 +54 5 25
5 豊田自動織機シャトルズ 7 3 0 4 175 212 -37 1 13 9〜16位決定トーナメントへ
6 NTTドコモレッドハリケーンズ 7 2 1 4 141 197 -56 2 12
7 NECグリーンロケッツ 7 1 1 5 100 202 -102 1 7
8 コカ・コーラレッドスパークス 7 0 0 7 143 264 -121 3 3

順位決定トーナメント[編集]

上位グループ「LIXIL CUP」[編集]

1回戦 準決勝 決勝/3位決定戦
                   
1 1月9日 ニッパツ
 パナソニック(A1) 46
5 1月16日 秩父宮
 キヤノン(B4) 6
 パナソニック 42
2 1月9日 パロ瑞穂球
 神戸製鋼 10
 近鉄(A3) 10
7 1月24日 秩父宮
 神戸製鋼(B2) 42
 パナソニック 27
3 1月9日 パロ瑞穂球
 東芝 26
 東芝(A2) 29
6 1月16日 花園
 トヨタ自動車(B3) 17
 東芝 34
4 1月9日 金鳥スタ 8 1月24日 秩父宮
 ヤマハ発動機 22
 NTTコミュニケーションズ(A4) 7  神戸製鋼 22
 ヤマハ発動機(B1) 26  ヤマハ発動機 26
5-8位決定予備戦 5位決定戦/7位決定戦
9 1月16日 秩父宮
 キャノン 24
11 1月23日 パロ瑞穂球
 近鉄 18
 キャノン 17
10 1月16日 花園
 トヨタ自動車 48
 トヨタ自動車 32
 NTTコミュニケーションズ 21 12 1月23日 パロ瑞穂球
 近鉄 22
 NTTコミュニケーションズ 17

下位グループ[編集]

1回戦 9-12位決定予備戦 9位決定戦/11位決定戦
                   
13 1月9日 秩父宮
 サントリー(A5) 52
17 1月16日 三交鈴鹿
 コカ・コーラ(B8) 7
 サントリー 45
14 1月9日 駒沢陸
 ホンダ 14
 ホンダ(A7) 23
19 1月23日 花園
 NTTドコモ(B6) 20
 サントリー 78
15 1月9日 駒沢陸
 豊田自動織機 14
 クボタ(A6) 30
18 1月16日 レベスタ
 NEC(B7) 20
 クボタ 19
16 1月9日 秩父宮 20 1月23日 花園
 豊田自動織機 30
 リコー(A8) 17  ホンダ 45
 豊田自動織機(B5) 27  クボタ 38
13-16位決定予備戦 13位決定戦/15位決定戦
21 1月16日 三交鈴鹿
 コカ・コーラ 39
23 1月23日 駒沢陸
 NTTドコモ 21
 コカ・コーラ 22
22 1月16日 レベスタ
 リコー 27
 NEC 5
 リコー 31 24 1月23日 駒沢陸
 NTTドコモ 22
 NEC 32

入替制度[編集]

入替枠の変更[編集]

リーグ短縮日程に伴い、今シーズンは自動昇降格なし、トップリーグ13位~16位とトップチャレンジ1・1~4位の入替戦のみとなる。

トップチャレンジ2[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 九州電力キューデンヴォルテクストップキュウシュウ 2 2 0 0 69 29 +40 2 10 トップチャレンジ1へ
2 釜石シーウェイブスRFCトップイーストリーグ 2 1 0 1 68 50 +18 1 5
3 中部電力トップウェスト 2 0 0 2 29 87 -58 0 0

以上の結果、1位九州電力キューデンヴォルテクスのトップチャレンジ1への進出(及びトップリーグ入替戦への出場)が決定した。

トップチャレンジ1[編集]

今シーズンのトップチャレンジ1は全チーム入替戦出場が決まっている。

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 宗像サニックスブルース(トップウェスト) 3 3 0 0 166 32 +134 3 15 トップリーグ16位と入替戦
2 三菱重工相模原ダイナボアーズ(トップイーストリーグ) 3 2 0 1 115 86 +29 2 10 トップリーグ15位と入替戦
3 九州電力キューデンヴォルテクス(トップチャレンジ2 1位) 3 1 0 2 64 107 -43 1 5 トップリーグ14位と入替戦
4 大阪府警察(トップウェスト) 3 0 0 3 22 142 -120 0 0 トップリーグ13位と入替戦

トップリーグ入替戦[編集]

今回はトップリーグからリコーブラックラムズ、コカ・コーラレッドスパークス、NECグリーンロケッツ、NTTドコモレッドハリケーンズの4チーム、トップチャレンジ1から宗像サニックスブルース、三菱重工相模原ダイナボアーズ、九州電力キューデンヴォルテクス、大阪府警察の4チームが入替戦に出場した。

トップチャレンジ1を1位で通過した宗像サニックスは入替戦のホームゲーム権を獲得、そのほかの3試合はトップリーグチームのホームゲームで開催される。

入替戦の結果、リコーブラックラムズコカ・コーラレッドスパークスNECグリーンロケッツのトップリーグ残留、宗像サニックスブルースのトップリーグ昇格が決定した。トップチャレンジチームが入れ替え戦を勝利してトップリーグに昇格するのは2012-2013シーズンの豊田自動織機シャトルズ以来3シーズンぶり2チーム目[3]である。

表彰[編集]

2015-2016シーズンの年間表彰式は、2016年1月25日に実施された。

チーム表彰[編集]

TOP LEAGUE 優勝チーム[編集]

チーム名 備考
優勝 パナソニックワイルドナイツ (3季連続4回目)
準優勝 東芝ブレイブルーパス
第3位 ヤマハ発動機ジュビロ

フェアプレーチーム賞[編集]

チーム名 備考
豊田自動織機シャトルズ (初受賞)

ベストファンサービス賞[編集]

チーム名 備考
サントリーサンゴリアス (12季ぶり2回目)
東芝ブレイブルーパス (2季連続2回目)
パナソニックワイルドナイツ (2季連続2回目)

個人表彰[編集]

トップリーグMVP[編集]

氏名 所属チーム 備考
堀江翔太 パナソニックワイルドナイツ (5季ぶり2回目)

新人賞[編集]

氏名 所属チーム
小瀧尚弘 東芝ブレイブルーパス

最多トライゲッター[編集]

氏名 所属チーム 備考
安藤泰洋 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 6トライ(初受賞)
江見翔太 サントリーサンゴリアス 6トライ(初受賞)

得点王[編集]

氏名 所属チーム 備考
五郎丸歩 ヤマハ発動機ジュビロ 83得点(2T/23G/9PG)(3季ぶり3回目)

ベストキッカー[編集]

氏名 所属チーム 備考
ベリック・バーンズ パナソニックワイルドナイツ キック成功率90.91%(G:21回中19回成功90.48%、PG:12回中11回成功91.67%)(2季連続2回目)

ベストホイッスル[編集]

氏名 備考
麻生彰久 (3季連続3回目)

優秀レフリー賞[編集]

氏名 備考
麻生彰久 (3季連続3回目)
久保修平 (2季連続2回目)
戸田京介 (2季ぶり2回目)

LIXIL CUP 2016 MVP[編集]

氏名 所属チーム 備考
ヘイデン・パーカー パナソニックワイルドナイツ (初受賞)

ベストフィフティーン[編集]

ポジション 氏名 所属チーム 備考
PR1 稲垣啓太 パナソニックワイルドナイツ (3季連続3回目)
HO 堀江翔太 パナソニックワイルドナイツ (3季連続6回目)
PR3 浅原拓真 東芝ブレイブルーパス (初受賞)
LO アンドリース・ベッカー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ (2季連続2回目)
LO ヒーナンダニエル パナソニックワイルドナイツ (2季ぶり5回目)
FL リーチマイケル 東芝ブレイブルーパス (2季連続4回目)
FL 金正奎 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス (初受賞)
NO8 アマナキ・レレィ・マフィ NTTコミュニケーションズシャイニングアークス (初受賞)
SH 田中史朗 パナソニックワイルドナイツ (2季連続5回目)
SO ベリック・バーンズ パナソニックワイルドナイツ (3季連続3回目)
WTB 江見翔太 サントリーサンゴリアス (初受賞)
WTB 北川智規 パナソニックワイルドナイツ (2季ぶり7回目)
CTB リチャード・カフイ 東芝ブレイブルーパス (初受賞)
CTB JP・ピーターセン パナソニックワイルドナイツ (初受賞)
FB 五郎丸歩 ヤマハ発動機ジュビロ (5季連続5回目)

出典[編集]

  1. ^ ジャパンラグビー トップリーグ2015-2016、順位決定トーナメント(1〜8位)は「LIXIL CUP 2016」に(2015年8月6日 10月1日閲覧)
  2. ^ プレシーズンリーグ2015、パナソニック ワイルドナイツ出場辞退のお知らせ(2015年9月28日 10月1日閲覧)
  3. ^ 前回、豊田自動織機に敗れて地域リーグに降格したのは、今回入れ替え戦で勝利した宗像サニックス(当時の福岡サニックス)である。