ジャパンラグビートップチャレンジリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャパンラグビートップチャレンジリーグ
今シーズン・大会:
現在進行のスポーツイベント ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2018-2019
競技 ラグビーユニオン
開始年 2017年
ディビジョン 第2部
参加チーム 8
日本の旗 日本
前回優勝 ホンダヒート (初)
最多優勝 ホンダヒート (1回)
昇格 ジャパンラグビートップリーグ
降格 トップイーストリーグ
トップウェスト
トップキュウシュウ
公式サイト http://www.top-league.jp/

ジャパンラグビートップチャレンジリーグは、関東ラグビーフットボール協会関西ラグビーフットボール協会九州ラグビーフットボール協会が主体で日本ラグビーフットボール協会と連携し運営するジャパンラグビートップリーグの第2部に相当するリーグ戦である。

創設概要[編集]

これまでラグビートップリーグはトップリーグと各地域協会主催による地域リーグトップイーストリーグトップウェストトップキュウシュウ)の構成で行われていたが、2019 ラグビーワールドカップ・日本大会開催を念頭に、日本のラグビー界の更なる発展と強化・進化を目指す観点から、これまでの2部相当とされていた各地域リーグの上に、各地域リーグの成績上位クラブを対象としたトップリーグの2部リーグを作り、実力の拮抗した試合を数多く提供してレベルアップを図り、魅力のあるゲームを増やすことを目指している[1][2]

初年度参加チームは、

  1. ジャパンラグビートップリーグ2016-2017シーズン16位チーム。
  2. 2016-2017トップリーグ入替戦の結果
    1. 入替戦で敗退したトップリーグ所属チーム。
    2. 入替戦で敗退・引き分けたトップチャレンジ1参加チーム。
  3. トップチャレンジ2の2・3位チーム
  4. ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチの上位2チーム。

により決定された。

1.によりホンダヒート、2.は、2.1は該当なし、2.2により九州電力キューデンヴォルテクス日野自動車レッドドルフィンズ三菱重工相模原ダイナボアーズの3チーム、3.により中部電力中国電力レッドレグリオンズの2チーム、4.により釜石シーウェイブスRFCマツダブルーズーマーズの2チームが決まった。

大会方式[編集]

  • 年間各クラブにつき10試合、総合計40試合を、スプリットシステムの方式で行う。
    • 1stステージ 8クラブによる1回総当たり(各クラブ7試合)
    • 2ndステージ 1stステージの上位(1-4位まで)、下位(5-8位まで)の各4クラブずつによる1回総当たり(各クラブ3試合)

入れ替え制度(トップリーグ・チャレンジシリーズ)[編集]

トップチャレンジリーグとトップリーグ間、トップチャレンジリーグと地域リーグ間の入れ替えはともに自動昇降格と入れ替え戦によるものである。

現在の形式[編集]

トップチャレンジリーグ・トップリーグ間[編集]

順位 結果
トップリーグ13位 トップチャレンジリーグ4位と入れ替え戦
トップリーグ14位 トップチャレンジリーグ3位と入れ替え戦
トップリーグ15位 トップチャレンジリーグ2位と入れ替え戦
トップリーグ16位 トップチャレンジリーグへ自動降格
トップチャレンジリーグ優勝 トップリーグへ自動昇格
トップチャレンジリーグ2位 トップリーグ15位と入れ替え戦
トップチャレンジリーグ3位 トップリーグ14位と入れ替え戦
トップチャレンジリーグ4位 トップリーグ13位と入れ替え戦
  • 以前のトップチャレンジ同様、自動降格枠「1」、入れ替え戦枠「3」。

トップチャレンジリーグ・地域リーグ間[編集]

順位 結果
トップチャレンジリーグ7位 3地域チャレンジ2位と入れ替え戦
トップチャレンジリーグ8位 各地域リーグへ自動降格
3地域チャレンジ1位 トップチャレンジリーグへ自動昇格
3地域チャレンジ2位 トップチャレンジリーグ7位と入れ替え戦
  • 自動降格枠「1」、入れ替え戦枠「1」。トップチャレンジリーグからは8位が各所属の地域リーグへ自動降格、7位が入れ替え戦へ回る。地域リーグからは各リーグの優勝チームが総当たりリーグ戦(3地域チャレンジ)を行い1位が自動昇格、2位が入れ替え戦出場となる。

参加チーム[編集]

  • 2018-2019シーズンの参加チーム。前年(2017-2018)シーズンの成績上位順に記載。太字は初年度(2017-2018)参加チーム。
チーム名 創設年 参加シーズン トップリーグ
在籍シーズン
練習グラウンド 優勝回数 備考
NTTドコモレッドハリケーンズ 1994年 2018-2019〜 2011-2012〜2015-2016、
2017-2018
大阪府大阪市 0回 2007-2008までは「NTTドコモ関西ラグビー部」
近鉄ライナーズ 1929年 2018-2019〜 2003-2004〜2004-2005、
2008-2009〜2017-2018
大阪府東大阪市 0回 トップリーグ創設時に参加
三菱重工相模原ダイナボアーズ 1981年 2017-2018〜 2007-2008 神奈川県相模原市 0回
九州電力キューデンヴォルテクス 1951年 2017-2018〜 2007-2008〜2009-2010、
2012-2013〜2013-2014
福岡県福岡市 0回
マツダブルーズーマーズ 1961年 2017-2018〜 - 広島県府中町 0回
中国電力レッドレグリオンズ 1987年 2017-2018〜 - 広島県広島市 0回
釜石シーウェイブスRFC 2001年 2017-2018〜 - 岩手県釜石市 0回 前身:「新日鉄釜石ラグビー部」
栗田工業ウォーターガッシュ 1962年 2018-2019〜 - 神奈川県厚木市 0回

過去に参加実績のあるチーム[編集]

トップリーグ昇格[編集]

チーム名 創設年 参加シーズン 練習グラウンド 優勝回数 備考
ホンダヒート 1960年 2017-2018 三重県鈴鹿市 1回
日野自動車レッドドルフィンズ 1950年 2017-2018 東京都日野市 0回

地域リーグ降格[編集]

チーム名 創設年 参加シーズン 現在所属する
地域リーグ
練習グラウンド 優勝回数 備考
中部電力ラグビー部 1951年 2017-2018 トップウェスト 愛知県日進市 0回

結果[編集]

歴代リーグ戦結果[編集]

  • 色はトップリーグへの自動昇格チーム、色は入れ替え戦の結果トップリーグへの昇格チーム、は入れ替え戦出場チーム、色は地域リーグへの自動降格チーム。
シーズン 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 備考
2017-2018 ホンダヒート 日野自動車 三菱重工相模原 九州電力 マツダ 中国電力 釜石シーウェイブス 中部電力

歴代自動昇降格・入れ替え戦結果[編集]

トップリーグ・トップチャレンジリーグ間[編集]

  • 入れ替え戦の太字チームが次シーズントップリーグ所属、引き分けの場合は規定によりトップリーグ所属チームの残留。
自動昇降格 入れ替え戦 枠数
トップチャレンジ トップリーグ トップチャレンジ 結果 トップリーグ
2017-2018 ホンダヒート(1位) 近鉄ライナーズ(16位) 日野自動車レッドドルフィンズ(2位) 20-17 NTTドコモレッドハリケーンズ(15位) 自動昇降格枠「1」
入れ替え戦枠「3」
三菱重工相模原ダイナボアーズ(3位) 27-27 コカ・コーラレッドスパークス(14位)
九州電力キューデンヴォルテクス(4位) 21-40 宗像サニックスブルース(13位)

トップチャレンジリーグ・地域リーグ間[編集]

  • 入れ替え戦の太字チームが次シーズントップチャレンジリーグ所属。引き分けの場合は規定によりトップチャレンジリーグ所属チームの残留。
自動昇降格 入れ替え戦 枠数
トップチャレンジ 3地域チャレンジ トップチャレンジ 結果 3地域チャレンジ
2017-2018 中部電力(8位) 栗田工業ウォーターガッシュ
(3地域チャレンジ・1位)
釜石シーウェイブスRFC(7位) 55-19 大阪府警察
(3地域チャレンジ・2位)
自動昇降格枠「1」
入れ替え戦枠「1」

通算成績[編集]

2017-2018シーズン終了時点

  • ^は初年度在籍チーム、*は2018-2019在籍チーム
チーム名 試合 勝数 負数 引分
ホンダ^ 10 10 0 0
日野自動車^ 10 8 2 0
三菱重工相模原^* 10 7 3 0
マツダ^* 10 5 4 1
九州電力^* 10 4 6 0
釜石^* 10 3 6 1
中国電力^* 10 3 7 0
中部電力^ 10 0 10 0
NTTドコモ* 0 0 0 0
近鉄* 0 0 0 0
栗田工業* 0 0 0 0

関連項目[編集]

地域リーグ (ラグビー)

かつてあった地域リーグ

出典[編集]

  1. ^ 3地域統一リーグ「(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ」の創設ならびに概要について
  2. ^ 2017-2018シーズン 全体イメージ図

外部リンク[編集]