NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
原語表記 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
クラブカラー      ゴールデンイエロー
     コバルトブルー
愛称 シャイニングアークス
創設年 1976年
代表者 松山知英
監督 ロブ・ペニー(ヘッドコーチ)
所属リーグ トップリーグ
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
http://www.ntt.com/rugby/
テンプレートを表示
クラブハウス(千葉県市川市)

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(エヌティティコミュニケーションズシャイニングアークス, NTT Communications Shining Arcs)は、トップリーグ所属のNTTコミュニケーションズラグビーチーム。チーム所在地および練習拠点は千葉県市川市。チーム名が(企業名自体も)長く、スコア表記などでは「NTTコム」と略される。

チームの概要[編集]

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、1976年発足の日本電信電話公社東京支社ラグビー部の創部を母体とする。1999年のNTT再編によりNTT東京ラグビー部とNTT神奈川ラグビー部が統合しNTT東日本ラグビー部が発足。その後、2007年7月1日にNTT東日本ラグビー部は、NTTコミュニケーションズラグビー部として活動開始した。2009年にはトップイーストリーグを制覇し、2010年には念願のトップリーグに初の出場となった。

チーム紹介[編集]

  • チームカラー

「ゴールデンイエロー」と「コバルトブルー」

  • チームスローガン

All Out Complete PADS

ホームグラウンド[編集]

  • NTT千葉総合運動場グランド
  • 住所 千葉県市川市二俣717
  • 交通手段 JR京葉線 二俣新町駅下車 徒歩5分

成績[編集]

リーグ戦戦績[編集]

  • 1999-2000 関東社会人リーグ1部 グループB 準優勝(6勝1敗)
  • 2000-2001 関東社会人リーグ1部 Aグループ 4位(3勝3敗1分)
  • 2001-2002 関東社会人リーグ1部 Bグループ 3位(4勝3敗)
  • 2002-2003 関東社会人リーグ1部 Aグループ 3位(5勝2敗)、トップイースト10へ参入
  • 2003-2004 トップイースト10 4位(6勝3敗)
  • 2004-2005 トップイースト10 3位(6勝3敗)
  • 2005-2006 トップイースト10 3位(6勝3敗)、トップチャレンジ2に出場[1](3位)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイースト10残留
  • 2006-2007 トップイースト11 3位(8勝2敗)
  • 2007-2008 トップイースト11 3位(8勝2敗)
  • 2008-2009 トップイースト11 準優勝(8勝2敗)、トップチャレンジ2・2位、トップイースト11残留
  • 2009-2010 トップイーストリーグ 優勝(11勝)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグへ昇格
  • 2010-2011 トップリーグ 12位(4勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2011-2012 トップリーグ 9位(5勝7敗1分)
  • 2012-2013 トップリーグ 9位(7勝6敗)
  • 2013-2014 トップリーグ 13位(1stステージ・プールA 4勝3敗・5位、2ndステージ・プールB 4勝3敗・5位)、トップリーグ入替戦・勝利
  • 2014-2015 トップリーグ 8位(1stステージ・プールA 4勝3敗・4位、2ndステージ・プールA 7敗・8位)
  • 2015-2016 トップリーグ 8位(リーグ戦・プールA 4勝3敗・4位、順位決定トーナメント上位グループ 1回戦敗退、5-8位決定予備戦・敗戦、7位決定戦・敗戦)
  • 2016-2017 トップリーグ 5位(9勝6敗)

獲得タイトル[編集]

2017年陣容[編集]

reference:[2] 太字は今年からの新加入選手

ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 上田竜太郎 早稲田大
佐藤勇人 早稲田大
小野慎介 明治大
楢山直幸 明治大
白隆尚 帝京大
庵奥翔太 日本大
三宮累 中央大
レイルア・マーフィー 山梨学院大
HO 三浦嶺 成蹊大
種本直人 早稲田大
須藤拓輝 早稲田大
LO 鶴谷昌隆 筑波大
石神勝 大東文化大
アイザック・ロス ティマルボーイズ高 8
NZ
八藤後裕太 京都産業大
杉浦直人 東海大
金嶺志 帝京大
牧野内翔馬 法政大
FL 金正奎 早稲田大 7
栗原大介 慶應義塾大
中島進護 福岡工業大
目崎啓志 筑波大
No.8 アマナキ・レレィ・マフィ 花園大 16
ヴィリー・ブリッツ フリーステート大
山下弘資 中央大
ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ エンデバー高
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 西橋勇人 早稲田大
西村渉 帝京大
光井勇人 近畿大
友井川拓 法政大
湯本睦 東海大
SO エルトン・ヤンチース フロリダ高 ?
南アフリカ
小倉順平 早稲田大 4
小野寛智 帝京大
WTB 菊池功一郎 日本体育大
鶴田諒 東海大
小泉将 明治大
高悠也 中央大
フランクリン・カルゲイ セントジョセフ大
大芝優泰 成蹊大
CTB 鶴谷知憲 立正大
石橋拓也 慶應義塾大 4
溝口裕哉 明治大
ブラッキン・カラウリア=ヘンリー オーストラリア体育大
ショーン・ゲイツ ミューアカレッジボーイズ高
マックス・ウッドワード カーディフ大
FB 羽野一志 中央大
沼尻大輝 帝京大
小川優輔 慶應義塾大

在籍した選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トップイーストプレーオフで2位の三菱重工相模原に勝利し、出場を決めた。
  2. ^ 選手・スタッフ紹介 - 公式サイト

関連項目[編集]

NTTグループのラグビー部[編集]

外部リンク[編集]