NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
原語表記 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
クラブカラー      ゴールデンイエロー
     コバルトブルー
愛称 シャイニングアークス
創設年 1976年
代表者 松山知英
監督 ロブ・ペニー(ヘッドコーチ)
所属リーグ トップリーグ
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
http://www.ntt.com/rugby/
テンプレートを表示
クラブハウス(千葉県市川市)

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(エヌティティコミュニケーションズシャイニングアークス, NTT Communications Shining Arcs)は、トップリーグ所属のNTTコミュニケーションズラグビーチーム。チーム所在地および練習拠点は千葉県市川市。チーム名が(企業名自体も)長く、スコア表記などでは「NTTコム」と略される。

チームの概要[編集]

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、1976年発足の日本電信電話公社東京支社ラグビー部の創部を母体とする。1999年のNTT再編によりNTT東京ラグビー部とNTT神奈川ラグビー部が統合しNTT東日本ラグビー部が発足。その後、2007年7月1日にNTT東日本ラグビー部は、NTTコミュニケーションズラグビー部として活動開始した。2009年にはトップイーストリーグを制覇し、2010年には念願のトップリーグに初の出場となった。

チーム紹介[編集]

  • チームカラー

「ゴールデンイエロー」と「コバルトブルー」

  • チームスローガン

All Out Complete PADS

ホームグラウンド[編集]

  • NTT千葉総合運動場グランド
  • 住所 千葉県市川市二俣717
  • 交通手段 JR京葉線 二俣新町駅下車 徒歩5分

成績[編集]

リーグ戦戦績[編集]

  • 1999-2000 関東社会人リーグ1部 グループB 準優勝(6勝1敗)
  • 2000-2001 関東社会人リーグ1部 Aグループ 4位(3勝3敗1分)
  • 2001-2002 関東社会人リーグ1部 Bグループ 3位(4勝3敗)
  • 2002-2003 関東社会人リーグ1部 Aグループ 3位(5勝2敗)、トップイースト10へ参入
  • 2003-2004 トップイースト10 4位(6勝3敗)
  • 2004-2005 トップイースト10 3位(6勝3敗)
  • 2005-2006 トップイースト10 3位(6勝3敗)、トップチャレンジ2に出場[1](3位)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイースト10残留
  • 2006-2007 トップイースト11 3位(8勝2敗)
  • 2007-2008 トップイースト11 3位(8勝2敗)
  • 2008-2009 トップイースト11 準優勝(8勝2敗)、トップチャレンジ2・2位、トップイースト11残留
  • 2009-2010 トップイーストリーグ 優勝(11勝)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグへ昇格
  • 2010-2011 トップリーグ 12位(4勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2011-2012 トップリーグ 9位(5勝7敗1分)
  • 2012-2013 トップリーグ 9位(7勝6敗)
  • 2013-2014 トップリーグ 13位(1stステージ・プールA 4勝3敗・5位、2ndステージ・プールB 4勝3敗・5位)、トップリーグ入替戦・勝利
  • 2014-2015 トップリーグ 8位(1stステージ・プールA 4勝3敗・4位、2ndステージ・プールA 7敗・8位)
  • 2015-2016 トップリーグ 8位(リーグ戦・プールA 4勝3敗・4位、順位決定トーナメント上位グループ 1回戦敗退、5-8位決定予備戦・敗戦、7位決定戦・敗戦)
  • 2016-2017 トップリーグ 5位(9勝6敗)
  • 2017-2018 トップリーグ 9位(リーグ戦・レッドカンファレンス 6勝6敗1分・5位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、9位決定戦・勝利)

獲得タイトル[編集]

2017年陣容[編集]

reference:[2] 太字は今年からの新加入選手

2018年度加入予定の選手[編集]

在籍した選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トップイーストプレーオフで2位の三菱重工相模原に勝利し、出場を決めた。
  2. ^ 選手・スタッフ紹介 - 公式サイト

関連項目[編集]

NTTグループのラグビー部[編集]

外部リンク[編集]