ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2018-2019

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2018-2019は、2018年から2019年にかけて行われる予定の社会人ラグビー(ラグビーユニオン)の2部リーグである。

参加チーム[編集]

ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2018-2019の参加チームは下表の通りである(記載は前年の成績上位順)。

ホンダヒート日野自動車レッドドルフィンズジャパンラグビートップリーグへ昇格、中部電力トップウェストへ降格し、NTTドコモレッドハリケーンズ近鉄ライナーズがジャパンラグビートップリーグから降格、栗田工業ウォーターガッシュが地域リーグから昇格した。

チーム名 前年成績 詳細
NTTドコモレッドハリケーンズ トップリーグ 15位 入れ替え戦に敗れ降格
初降格
近鉄ライナーズ トップリーグ 16位 自動降格
初降格
三菱重工相模原ダイナボアーズ トップチャレンジリーグ 3位
九州電力キューデンヴォルテクス トップチャレンジリーグ 4位
マツダブルーズーマーズ トップチャレンジリーグ 5位
中国電力レッドレグリオンズ トップチャレンジリーグ 6位
釜石シーウェイブスRFC トップチャレンジリーグ 7位 残留(トップチャレンジリーグ入替戦勝利)
栗田工業ウォーターガッシュ トップイーストリーグ 優勝 自動昇格(3地域チャレンジ 1位)
初昇格

出典[編集]