マツダブルーズーマーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マツダブルーズーマーズ
正式名称 マツダラグビー部
クラブカラー     
ユニオン 日本ラグビー協会
愛称 ブルーズーマーズ
創設年 1963年
本拠地 広島県安芸郡府中町
グラウンド 広島県総合グランド
陸上競技場ラグビー場
Coca colawest1.jpg
代表者 圓山雅俊(部長)
コーチ 坂本秀彰
所属リーグ トップチャレンジリーグ
公式サイト
www.mazda.com/ja/about/sports/rugby/
テンプレートを表示

マツダブルーズーマーズ: Mazda Blue Zoomers)は、広島県を拠点とする、ジャパンラグビートップチャレンジリーグ所属のラグビーチーム。

概要[編集]

1963年創部[1]

母体は自動車メーカーマツダ。陸上競技部とともにカンパニースポーツとして活動している[1]。本拠地はマツダ本社のある安芸郡府中町、練習場は安芸郡坂町にあるマツダ鯛尾グラウンド、試合会場は広島市の広島県総合グランド陸上競技場ラグビー場)を主に用いる。

チームカラーは母体のカンパニーカラーの青[1]。チーム名は「青(blue)」とカンパニーのブランドエッセンス「ZOOM-ZOOM」の造語[1]。略称として「MBZ」[1]

同じく広島県を拠点とする中国電力レッドレグリオンズとの対戦は広島ダービーとして行われる。

歴史[編集]

1961年、東洋工業(現・マツダ)ラグビー同好会として発足。1963年に正式に会社の競技部に。

1971年に初めて全国社会人大会に出場。1972年から始まった西日本社会人リーグには初期の6チームとして参加し優勝。このころになると母体のオイルショックの影響を受け、強化が進まなくなる。

1980年代に入ると持ち直し、1983年西日本社会人リーグで2回目の優勝。翌1984年社名変更に伴い登録名をマツダに変更。その後も西日本社会人では優勝争いに絡み続ける。

1990年に初の外国人選手を採用。翌1991年に西日本社会人で全勝優勝、翌1992年には全国社会人大会で初のベスト8、その後2度のベスト8を経験した。

2000年代に入るとトップリーグを目指す他チームの強化やバブル崩壊の影響から一時はBリーグ降格も危ぶまれたが、徐々に持ち直し、2006年にはトップチャレンジ2に初進出。2007年はトップキュウシュウA優勝を遂げトップチャレンジ1に初進出、しかしトップリーグ初昇格はならなかった。2008年2009年も同様にトップチャレンジ1及び入替戦で苦杯をなめ、昇格を逃している。2012年2013年はトップチャレンジ2に進出するも、トップチャレンジ1に進出はならなかった。2017年からは新たに創設されたトップチャレンジリーグへ参入した。

成績[編集]

2002年以前の主な成績[編集]

  • 全国社会人ラグビーフットボール大会
    • 1971年 初出場、1回戦敗退
    • 1972年 2回戦敗退
    • 1974年 1回戦敗退
    • 1975年 1回戦敗退
    • 1976年 1回戦敗退
    • 1977年 2回戦敗退
    • 1978年 1回戦敗退
    • 1979年 1回戦敗退
    • 1980年 1回戦敗退
    • 1981年 1回戦敗退
    • 1984年 1回戦敗退
    • 1990年 1回戦敗退
    • 1991年 1回戦敗退
    • 1992年 ベスト8
    • 1993年 ベスト8
    • 1994年 ベスト8
    • 1995年 予選プール敗退
    • 1996年 予選プール敗退
  • 西日本社会人/西日本社会人A
    • 1972年 優勝
    • 1975年 準優勝
    • 1982年 準優勝
    • 1983年 優勝
    • 1985年 優勝
    • 1986年 準優勝
    • 1987年 優勝
    • 1990年 準優勝
    • 1991年 優勝
    • 1993年 優勝
    • 1994年 準優勝
    • 1995年 優勝
    • 1996年 優勝
    • 1997年 準優勝
    • 1998年 優勝

2003-2004以降の戦績[編集]

  • 2003-2004シーズン トップキュウシュウA 5位
  • 2004-2005シーズン トップキュウシュウA 4位
  • 2005-2006シーズン トップキュウシュウA 3位、トップチャレンジ順位決定戦・3位
  • 2006-2007シーズン トップキュウシュウA 2位、トップチャレンジ順位決定戦・2位、トップチャレンジ2・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2007-2008シーズン トップキュウシュウA 優勝、トップチャレンジ順位決定戦・1位、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗退、トップキュウシュウA残留
  • 2008-2009シーズン トップキュウシュウA 優勝、トップチャレンジ順位決定戦・1位、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗退、トップキュウシュウA残留
  • 2009-2010シーズン トップキュウシュウA 優勝、トップチャレンジ順位決定戦・1位、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗退、トップキュウシュウA残留
  • 2010-2011シーズン トップキュウシュウA 2位、トップチャレンジ2・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2011-2012シーズン トップキュウシュウA 3位
  • 2012-2013シーズン トップキュウシュウA 2位(予選リーグ 5勝1敗・2位、決勝リーグ1-3位グループ 1勝1敗)、トップチャレンジ2・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2013-2014シーズン トップキュウシュウA 2位(予選リーグ 5勝1敗・2位、決勝リーグ1-3位グループ 1勝1敗)、トップチャレンジ2・2位、トップキュウシュウA残留
  • 2014-2015シーズン トップキュウシュウA 3位(予選リーグ 4勝2敗・3位、決勝リーグ1-3位グループ 2敗)
  • 2015-2016シーズン トップキュウシュウA 3位(予選リーグ 5勝2敗・3位、決勝リーグ1-4位グループ 1勝2敗)
  • 2016-2017シーズン トップキュウシュウA 3位(予選リーグ 4勝2敗・3位、決勝リーグ1-3位グループ 2敗)、ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ・2位、トップチャレンジリーグへ参入
  • 2016-2017シーズン トップチャレンジリーグ 5位(1stステージ 2勝4敗1分・6位、2ndステージ 3勝)

獲得タイトル[編集]

トップウェスト以降の獲得タイトル

所属選手(2018-2019)[編集]

[2] 太字は今年からの新加入選手

在籍した選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e マツダラグビー部について”. マツダラグビー部. 2018年2月6日閲覧。
  2. ^ マツダブルーズーマーズ メンバー&スタッフ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]