横浜キヤノンイーグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キヤノンイーグルスから転送)
横浜キヤノンイーグルス
クラブカラー  
愛称 イーグルス
創設年 1980年
本拠地 横浜市
セカンダリーホストタウン・大分県
グラウンド ニッパツ三ツ沢球技場
秩父宮ラグビー場
昭和電工ドーム大分
収容人数 15454(ニッパツ)
24871(秩父宮)
40000(昭和電工)
代表者 永友洋司
監督 沢木敬介
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
www.canon-eagles.jp
テンプレートを表示

横浜キヤノンイーグルス: Yokohama Canon Eagles)は、JAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。

概要[編集]

練習グラウンドは町田市にあるキヤノンスポーツパークである[1]

公式ホームページよると、1980年にキヤノンラグビー部として創設され、2010年にイーグルスの愛称を決定する。

チーム名の由来は、チームの母体であるキヤノンが1987年まで社員章として鷲を使用していたことによる。

鷲づかみでボールを運ぶ、鷲のような目と鷲のような爪で勝利をつかみに行く、という勝利への期待が込められている。

2015年7月31日にはスーパーラグビーブルズのメンバーで構成されているブルー・ブルズ町田市立陸上競技場にて試合を行ったが、敗戦[2]

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの1部リーグに振り分けされることになった[3]。 また同日、チーム名を横浜キヤノンイーグルスに変更することを発表した[4]

2022年シーズンから横浜市をホストエリア、大分県をセカンドホストエリアとして活動している[5]

タイトル[編集]

最上位リーグ

なし

下位リーグ

成績[編集]

リーグ戦戦績[編集]

  • 2000-2001シーズン 関東社会人リーグ3部Cグループ 優勝(6勝)、関東社会人リーグ2部に昇格
  • 2001-2002シーズン 関東社会人リーグ2部Bグループ 3位(5勝2敗)
  • 2002-2003シーズン 関東社会人リーグ2部Aグループ 優勝(7勝)、関東社会人リーグ1部に昇格
  • 2003-2004シーズン 関東社会人リーグ1部 3位(7勝2敗)
  • 2004-2005シーズン 関東社会人リーグ1部 3位(7勝2敗)
  • 2005-2006シーズン 関東社会人リーグ1部 3位(7勝2敗)
  • 2006-2007シーズン 関東社会人リーグ1部 6位(4勝6敗)
  • 2007-2008シーズン 関東社会人リーグ1部 6位(4勝6敗)
  • 2008-2009シーズン 関東社会人リーグ1部 2位(9勝2敗)、トップイーストリーグに昇格
  • 2009-2010シーズン トップイーストリーグ 8位(4勝7敗)
  • 2010-2011シーズン トップイーストリーグ 優勝(11勝)、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグ残留
  • 2011-2012シーズン トップイーストリーグ Div.1 優勝(8勝1分)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに自動昇格
  • 2012-2013シーズン トップリーグ 11位(3勝10敗)
  • 2013-2014シーズン トップリーグ 総合順位7位(1stステージ・プールB 4勝3敗・4位、2ndステージ・プールA 1勝6敗・7位)
  • 2014-2015シーズン トップリーグ 総合順位7位(1stステージ・プールB 4勝3敗・3位、2ndステージ・プールA 1勝6敗・7位)
  • 2015-2016シーズン トップリーグ 6位(リーグ戦・プールB 5勝2敗・4位、順位決定トーナメント上位グループ 1回戦敗退、5-8位決定予備戦・勝利、5位決定戦・敗戦)
  • 2016-2017シーズン トップリーグ 7位(8勝7敗)
  • 2017-2018シーズン トップリーグ 10位(リーグ戦・ホワイトカンファレンス 4勝9敗・5位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、9位決定戦・敗戦)
  • 2018-2019シーズン トップリーグ 12位(リーグ戦・ホワイトカンファレンス 2勝4敗1分・7位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、9位決定戦・11位決定戦・敗戦) | トップリーグカップ 8位(プール戦2勝1敗・2位、順位決定トーナメント、1回戦・敗戦)
  • 2019-2020シーズン トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦4勝1敗・2位)、リーグ戦中止(中止時点での成績:3勝3敗)

2022年度スコッド[編集]

2022年度のスコッドは次の通り[6]太字は今年度からの新加入選手。

過去の所属選手[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ イーグルスについて グラウンド紹介 . キヤノンイーグルス公式サイト. 2020年11月7日閲覧。
  2. ^ 町田で5000人沸く。ブルー・ブルズ大勝。キヤノン、HO欠き崩れる。 . ラグビー共和国 (2015年7月31日). 2020年11月7日閲覧。
  3. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. スポーツ報知 (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  4. ^ 「横浜キヤノンイーグルス」活動開始のお知らせ”. 横浜キヤノン イーグルス 公式サイト (2021年7月16日). 2021年7月19日閲覧。
  5. ^ キヤノンイーグルスのセカンドホストエリア発表について . キヤノンイーグルス公式サイト(2020年11月9日). 2020年11月10日閲覧。
  6. ^ メンバー紹介 . キヤノンイーグルス公式サイト. 2020年11月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]