光学機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

光学機器(こうがくきき、英語: optical equipment[1]optical instrument[2])とは、の作用や性質を利用した機器の総称である。レンズミラープリズムなどで構成され、光の直進や屈折反射干渉などを利用する器械で、視覚に絡んだものや計測機器のようなものが多い。

主な光学機器[編集]

望遠鏡双眼鏡)、顕微鏡カメラ内視鏡ファイバースコープ)、プラネタリウムなどがあげられる。

光学変調素子[編集]

光学変調素子とは、光に外部からの信号により光の明滅や偏光波長等の変調を加える素子である。ケルセル液晶PLZTのような強誘電体による音響光学素子や、MEMS技術を応用したGxL素子ファラデー効果による偏光の変調がある。

白熱電球アーク灯等、光源の種類の限られていた時代に、通信計測等に使用された。近年では半導体レーザー等の光源の出力を直接変えることによって変調するため、光学変調素子の用途は限られている。

ケルセル
有機溶媒を満たした管の内部に電界をかけることにより、透過する光に明滅を与える。
ファラデー素子
ファラデー素子の周囲に巻かれたコイル電圧をかけることにより、磁場が変化することにより、入ってきた偏光の角度がねじれる。コイルのインダクタンスにより高速の変調には適さない。
音響光学素子
強誘電性結晶に電圧をかけることにより、結晶の格子定数が変化し,屈折率が変わる。これにより変調をかける。

光像式照準器[編集]

光像を半透明鏡を用いて空間上に浮かび上がらせることによって、あたかも空間上に照準線が存在するかのような視界が得られる。

脚注[編集]

関連項目[編集]