清水建設江東ブルーシャークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水建設江東ブルーシャークス
クラブカラー  
愛称 ブルーシャークス
創設年 1976年
本拠地 江東区
グラウンド 江東区夢の島陸上競技場
収容人数 5000
代表者 飯田 宏一
監督 大隈隆明,麻田一平(ヘッドコーチ)
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
公式サイト
https://blue-sharks.jp/
テンプレートを表示

清水建設江東ブルーシャークス: Shimizu Corporation Koutoh Blue Sharks)は、JAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。

概要[編集]

練習グラウンドは、東京都世田谷区にある深沢グラウンド[1]。2018年11月17日に神奈川県横浜市都筑区荏田南町に「清水建設ブルーシャークスラクビ―場」を開所。

チーム名の名付け親は、元ワラビーズティム・ホランである[2]

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの3部リーグに振り分けされることになった[3]

歴史[編集]

タイトル[編集]

最上位リーグ

なし

下位リーグ

成績[編集]

リーグ戦戦績[編集]

  • 1995-1996 関東社会人リーグ1部 4位(4勝3敗)
  • 1996-1997 関東社会人リーグ1部 3位(4勝3敗)
  • 1997-1998 関東社会人リーグ1部 4位(3勝4敗)
  • 1998-1999 関東社会人リーグ1部 Aブロック 2位(6勝1敗)
  • 1999-2000 関東社会人リーグ1部 Aブロック 6位(3勝4敗)
  • 2000-2001 関東社会人リーグ1部 Bブロック 2位(5勝2敗)
  • 2001-2002 関東社会人リーグ1部 Aブロック 優勝(7勝)
  • 2002-2003 関東社会人リーグ1部 Bブロック 2位(6勝1敗)、トップイースト10に参入
  • 2003-2004 トップイースト10 10位(9敗)
  • 2004-2005 トップイースト10 7位(3勝5敗1分)
  • 2005-2006 トップイースト10 7位(2勝6敗1分)
  • 2006-2007 トップイースト10 8位(3勝7敗)
  • 2007-2008 トップイースト11 11位(1勝8敗1分)、関東社会人リーグ1部に降格
  • 2008-2009 関東社会人リーグ1部 4位(9勝2敗)
  • 2009-2010 関東社会人リーグ1部 3位(9勝2敗)
  • 2010-2011 関東社会人リーグ1部 3位(9勝2敗)、トップイーストリーグDiv.2に参入
  • 2011-2012 トップイーストリーグDiv.2 3位(4勝2敗)
  • 2012-2013 トップイーストリーグDiv.2 2位(6勝1敗)、順位決定戦・4位、トップイーストリーグDiv.2残留
  • 2013-2014 トップイーストリーグDiv.2 優勝(6勝1敗)、順位決定戦・3位、トップイーストリーグDiv.2残留
  • 2014-2015 トップイーストリーグDiv.2 4位(4勝2敗1分)
  • 2015-2016 トップイーストリーグDiv.2 2位(6勝1敗)、順位決定戦・4位、トップイーストリーグDiv.2残留
  • 2016-2017 トップイーストリーグDiv.2 優勝(7勝)、順位決定戦・1位、トップイーストリーグDiv.1に昇格
  • 2017-2018 トップイーストリーグDiv.1 4位[注 1](7勝2敗)
  • 2018-2019 トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、3地域チャレンジ・1位、トップチャレンジリーグ入替戦・勝利、トップチャレンジリーグに昇格
  • 2019-2020 トップチャレンジリーグ 8位(7敗)、トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦5敗・6位)
  • 2020-2021 トップチャレンジリーグ 4位(リーグ戦Aグループ 1勝2敗・2位、順位決定戦・3位決定戦敗北)、ジャパンラグビートップリーグ2021・プレーオフトーナメント 1回戦敗退

2022年度スコッド[編集]

2022年度のスコッドは次の通り[5]太字は今年度の新加入選手。

過去の所属選手[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 横河武蔵野アトラスターズと勝ち点が並んでいたが総得失点差により4位。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]