ジャパンラグビートップリーグ2018-2019

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジャパンラグビートップリーグ2018-20192018年から2019年にかけて行われる予定の日本国内最高峰の社会人ラグビーラグビーユニオン)リーグである。

参加チーム[編集]

ジャパンラグビートップリーグ2018-2019の参加チームは下表の通りである(記載は前年の成績上位順)。

NTTドコモレッドハリケーンズ近鉄ライナーズジャパンラグビートップチャレンジリーグに降格し、ホンダヒート日野レッドドルフィンズがジャパンラグビートップチャレンジリーグから昇格した。なおトップリーグへ複数チームが昇降格するのはチーム数が増加した2006-2007シーズン2013-2014シーズンを除くと初めてである。

チーム名 前年成績 備考
サントリーサンゴリアス トップリーグ 優勝
パナソニックワイルドナイツ トップリーグ 2位
ヤマハ発動機ジュビロ トップリーグ 3位
トヨタ自動車ヴェルブリッツ トップリーグ 4位
神戸製鋼コベルコスティーラーズ トップリーグ 5位
東芝ブレイブルーパス トップリーグ 6位
リコーブラックラムズ トップリーグ 7位
NECグリーンロケッツ トップリーグ 8位
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス トップリーグ 9位
キヤノンイーグルス トップリーグ 10位
クボタスピアーズ トップリーグ 11位
豊田自動織機シャトルズ トップリーグ 12位
宗像サニックスブルース トップリーグ 13位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
コカ・コーラレッドスパークス トップリーグ 14位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
ホンダヒート トップチャレンジリーグ 優勝 自動昇格
2シーズンぶりの復帰
日野レッドドルフィンズ トップチャレンジリーグ 2位 入れ替え戦に勝利し昇格
初昇格
昇格時に「日野自動車レッドドルフィンズ」よりチーム名を変更

昨年からの変更点[編集]

  • 外国籍選手のエントリー枠が緩和され、試合登録23名中「他国代表枠」3名以下、「アジア枠」「特別枠」が無制限となった。但し、「他国代表枠」と「特別枠」の合計は6名以下とする必要がある。試合同時出場は外国籍選手全て合わせて6名以下、「他国代表枠」2名以下となっている。
  • 11月のウインドウマンスにカップ戦を新設することとなった。

試合方式[編集]

試合方式は、ワールドカップを翌年に控え短縮日程となり、カンファレンス間の試合を1回戦総当たり後に各カンファレンス上位4チームによる優勝決定トーナメントでリーグチャンピオンを決定する。なお、準決勝2試合と3位決定戦、決勝戦は第56回日本選手権を兼ねて行われる。

リーグ戦[編集]

レッド カンファレンス[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 サントリーサンゴリアス 2 2 0 0 47 43 +4 0 8 1〜8位決定トーナメントへ
2 豊田自動織機シャトルズ 2 2 0 0 24 22 +2 0 8
3 日野レッドドルフィンズ 2 1 0 1 47 18 +29 2 6
4 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 2 1 0 1 54 32 +22 2 6
5 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 1 1 0 0 34 27 +7 0 4 9〜16位決定トーナメントへ
6 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 2 0 0 2 45 54 -9 2 2
7 NECグリーンロケッツ 2 0 0 2 13 38 -25 1 1
8 宗像サニックスブルース 1 0 0 1 3 33 -30 0 0

ホワイト カンファレンス[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 パナソニックワイルドナイツ 2 2 0 0 77 28 +49 1 9 1〜8位決定トーナメントへ
2 ヤマハ発動機ジュビロ 2 2 0 0 63 21 +42 1 9
3 キヤノンイーグルス 2 1 1 0 45 39 +6 0 6
4 リコーブラックラムズ 2 1 0 1 56 54 +2 1 5
5 東芝ブレイブルーパス 2 1 0 1 40 43 -3 1 5 9〜16位決定トーナメントへ
6 ホンダヒート 2 0 1 1 53 58 -5 1 3
7 クボタスピアーズ 2 0 0 2 29 35 -6 2 2
8 コカ・コーラレッドスパークス 2 0 0 2 20 105 -85 0 0

※第2節終了時

出典[編集]