名古屋市瑞穂公園ラグビー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋市瑞穂公園 > 名古屋市瑞穂公園ラグビー場
名古屋市瑞穂公園ラグビー場
"パロマ瑞穂ラグビー場"
名古屋市瑞穂公園ラクビー場.jpg
名古屋市瑞穂公園ラグビー場の位置(名古屋市内)
名古屋市瑞穂公園ラグビー場
施設情報
所在地 名古屋市瑞穂区山下通5-4[1]
位置 北緯35度7分17.21秒
東経136度56分33.17秒
座標: 北緯35度7分17.21秒 東経136度56分33.17秒
修繕 1990年3月[1]
所有者 名古屋市
運用者 公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会
グラウンド 天然芝[1]
ピッチサイズ 135m×80m
照明 鉄塔式4基500Lx
大型映像装置 アストロビジョン
使用チーム、大会
当項目を参照
収容能力
15,000
アクセス
#アクセスを参照。

名古屋市瑞穂公園ラグビー場(なごやしみずほこうえんラグビーじょう)は、愛知県名古屋市瑞穂区名古屋市瑞穂公園にあるフットボール専用の球技場。施設は名古屋市が所有し、公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会が指定管理者として運営管理を行っている。

2015年4月1日から名古屋市瑞穂区に本社を置くパロマ命名権を取得しており、「パロマ瑞穂ラグビー場」(パロマみずほラグビーじょう)の呼称を使用している。※命名権に関する詳細は、名古屋市瑞穂公園#命名権を参照。

略歴[編集]

全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会、地元のアマチュア公式戦、第49回国民体育大会(わかしゃち国体、1994年)のラグビー競技などが開催された。

1992年から2001年までは名古屋グランパスエイトが年間数試合を開催(特に1994年第1ステージまでは、隣接する名古屋市瑞穂陸上競技場〈現・パロマ瑞穂スタジアム〉の全面改修のため、暫定的に本拠地とした)。また、2007年9月29日柏レイソル戦を開催した。J1開催については、Jリーグライセンスでは、芝生席を除いた固定座席でJ1リーグ基準15000人以上を必須(A等級基準)としており、現在の実勢収容人員ではJ1基準を充足していない(J2以下の基準については充足している)。また屋根についてもメインスタンド中央のごく一部のみであり、B等級の「キャパシティーの3分の1以上を覆うこと」も満たしていないという問題を抱えている。

開催された主なイベント・大会[編集]

ラグビー[編集]

国内大会[編集]

国際大会[編集]

サッカー[編集]

その他[編集]

施設概要[編集]

  • 敷地面積:26,000.00m2[1]、建築面積 3,160.35m2[1]、延床面積:6,080.84m2[1]、スタンド面積:6,080.84m2[1]
  • 収容人員 15,000人(メインスタンド:6,500人、バックスタンド:5,400人、東サイドスタンド:1,600人、西サイドスタンド:1,500人)[1]。障害者席 18人。なお、ゴール裏は芝生席。
  • ナイター照明設備4基(コーナー部分に設置)
  • アストロビジョン[2]
    • 1994年のわかしゃち国体の開催に向けた1990年の施設改修により、2色磁気反転型(黒とオレンジ色)の掲示板を設置していたが、老朽化が著しいため2014年に機材の入れ替えを行った。これまでは選手名表記はカタカナのみだったが、今回の改修で、漢字表記、更に映像の取り込みもできるように改善された。
  • 天然芝ピッチ

ラグビー練習場[編集]

ラグビー場の補助グラウンドとして、「パロマ瑞穂ラグビー練習場」がある。2014年11月にグラウンドを人工芝化し、試合前の練習や、地域大会、少年ラグビー(タグラグビー)レベルでの試合に使われている。フットサルにも利用可能。

  • ピッチサイズ ロングパイル人工芝2400㎡ 縦60m×横40m。フットサルに使用する場合は33m×23m2面分可能[3]

アクセス[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]