全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会
開始年 2014
主催 日本ラグビーフットボール協会
参加チーム数 48
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 東福岡高等学校
最多優勝 東福岡高等学校(3回)
サイト 全国高等学校体育連盟ラグビー専門部公式サイト
テンプレートを表示

全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会(ぜんこくこうとうがっこう7にんせいラグビーフットボールたいかい)は、2014年に第1回が開催された高校7人制ラグビーの大会。

概要[編集]

高校生年代の7人ラグビー大会は1998年高校セブンズラグビーフットボール選手権大会として開催されていたが、2001年を最後にジャパンセブンズ選手権大会に吸収され、同大会の高校の部として2010年まで開催された(2011年も開催予定だったが、東日本大震災のため中止)。

その後、7人制ラグビーがオリンピック競技に加わるリオデジャネイロオリンピックへ向けた強化及び普及の一環として2014年創設[1]。なお15人制の全国高等学校ラグビーフットボール大会と異なり、各県1枠で、第1回大会は開催県の長野県に2枠設けられた。[2]

第1回はアシックスの特別協賛で「アシックスカップ2014 第1回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会」として2014年7月18日から21日まで長野県上田市菅平高原のサニアパークで開催された。2日目に雷雨のため予選プールの一部試合が途中で打ち切られ再試合されたり[3]、集団食中毒に巻き込まれ決勝トーナメントを棄権するチームが出るなど[4]、トラブルが相次いだが、試合は21日までに消化した。

第2回もアシックスの特別協賛で「アシックスカップ2015 第2回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会」として2015年7月18日から20日まで長野県上田市菅平高原のサニアパークで開催された。

歴代記録[編集]

年度 優勝校 スコア 準優勝校
高校セブンズラグビーフットボール選手権大会
1 1998 大阪工大(大阪) 38 - 19 茗溪学園(茨城)
2 1999 天理(奈良) 40 - 10 東海大仰星(大阪)
3 2000 大阪工大(大阪) 33 - 21 佐賀工(佐賀)
4 2001 東海大仰星(大阪) 31 - 19 東海大翔洋(静岡)
全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会
1 2014 東福岡(福岡) 26 - 12 御所実(奈良)
2 2015 東海大仰星(大阪) 21 - 14 京都成章(京都)
3 2016 東福岡(福岡) 19 - 15 伏見工京都工学院(京都)
4 2017 東福岡(福岡) 26 - 19 京都成章(京都)

放送について[編集]

  • カップ戦準決勝及び各トーナメント決勝戦の模様をJ SPORTSで放送した。[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連語句[編集]

外部リンク[編集]