東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部
Tokaidai-Shoyo.jpg
北緯34度59分19.6秒 東経138度30分54.2秒 / 北緯34.988778度 東経138.515056度 / 34.988778; 138.515056座標: 北緯34度59分19.6秒 東経138度30分54.2秒 / 北緯34.988778度 東経138.515056度 / 34.988778; 138.515056
過去の名称 (中等部)
東海大学第一中学校
東海大学付属翔洋中学校
東海大学付属翔洋高等学校中等部
(高等学校)
東海大学付属翔洋高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東海大学
併合学校 (高等学校)
東海大学第一高等学校
東海大学工業高等学校
理念 生徒の豊かな心と創造性をはぐくむ教育
柔軟な思考力と判断力を養う教育
校訓 若き日に汝の思想を培え
若き日に汝の体軀を養え
若き日に汝の智能を磨け
若き日に汝の希望を星につなげ
設立年月日 1999年(高等学校)
1949年(中等部)
創立者 松前重義
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース アクセルコース
ベーシックコース
学期 2学期制
高校コード 22514C
所在地 424-0902
静岡県静岡市清水区折戸三丁目20番1号
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部の位置(静岡県内)
東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部

東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部(とうかいだいがくふぞくしずおかしょうようこうとうがっこう・ちゅうとうぶ)は、静岡県静岡市清水区折戸にある私立高等学校中学校東海大学附属学校で、同大学海洋学部人文学部(静岡キャンパス清水校舎)の敷地内にある。2015年4月1日に東海大学付属翔洋高等学校・中等部から校名を変更し、同時に完全週6日制を実施した。

概要[編集]

高校は1999年東海大学第一高等学校東海大学工業高等学校が合併して、東海大学付属翔洋高等学校として誕生した。

中等部は、東海大学第一中学校が前身で、静岡市葵区柚木駅近くの東海大学短期大学部キャンパス内にあったが、2003年、翔洋高等学校との中高一貫教育のため、現在の場所に移転し、改称された。略称は「静岡翔洋」・「翔洋

部活動に力を入れており、高等学校では第一高校時代にサッカー部が全国優勝、吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクールで金賞を4度受賞しているほか、甲子園花園の出場経験がある。県内で初めて女子硬式野球部を創部している。中等部ではサッカー部が主要全国タイトルを全国中学最多の計8回のほか、軟式野球部も全国大会優勝の実績がある。

中学校・高等学校・大学の中高大一貫教育を謳っており、半数以上の生徒が東海大学へ進学している。

沿革[編集]

  • 1946年 - 前身となる晁陽工業学校が開校。
  • 1948年 - 晁陽工業学校が駿河高等学校に校名変更。
  • 1949年 - 東海大学第一中学校開校。
  • 1951年 - 駿河高等学校を買収し、「東海大学高等学校」が開校[注釈 1] [1][2][3]
  • 1959年 - 東海大学工業高等学校が開校するに伴い、東海大学高等学校が「東海大学第一高等学校」に校名変更。
  • 1999年4月 - 東海大学第一高等学校と東海大学工業高等学校が合併し「東海大学付属翔洋高等学校」が開校され、普通科普通コース、特別進学コース、芸術コース、スポーツコースと科学技術科総合コース、情報コースを設置。
  • 2003年4月 - 東海大学第一中学校が東海大学付属翔洋中学校に名称を変更し翔洋高校内に移転。
  • 2004年4月 - 2004年度から普通科芸術、スポーツコースと科学技術科の募集を打ち切る。
  • 2006年4月 - 芸術コース、スポーツコース、科学技術科の生徒が卒業し、普通科総合進学コース(ベーシックコース)、特別進学コース(アクセルコース)の1科2コースとなる。
  • 2009年4月 - 東海大学付属翔洋中学校が東海大学付属翔洋高等学校中等部に校名変更。
  • 2015年4月 - 東海大学付属翔洋高等学校・中等部を「東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部」に校名変更[4]

設置学科[編集]

  • 普通科
    • アクセルコース - 特別進学クラスと英数探究クラスのハイブリッド型クラス
    • ベーシックコース - 文理総合クラスと競技選抜クラスの特徴を併せ持つクラス

部活動[編集]

  • 生徒会
運動部
文化部

実績[編集]

  • 男子硬式野球部
全国高等学校野球選手権大会出場回数:6回(ベスト8:1回)
選抜高等学校野球大会出場回数:3回(ベスト4:1回)
  • 男子サッカー部
全国高等学校サッカー選手権大会出場回数:2回(優勝1回、準優勝1回)
  • ラグビー部
全国高校ラグビーフットボール大会出場回数:25回
全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会出場回数:3回
全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会出場回数:3回(準優勝1回)
全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会出場回数:1回
  • フットサル部
2019年 JFA全日本U-18フットサル選手権大会全国大会 (ベスト8)
  • フェンシング部
2021年 全国高等学校総合体育大会 男子団体戦(フルーレ)ベスト16
  • 柔道部
2018・2021年 全国高等学校柔道選手権大会 女子団体(ベスト8)
2005・2017年 全国高等学校柔道選手権大会 男子団体(ベスト16)
  • 放送部
2022年 第39回NHK杯全国中学校放送コンテスト アナウンス部門 優勝(最優秀賞)
  • チアリーダー部
チーム名 BLUE SHARKS
2021年 USA Nationals 2022
USA School&Colleges Nationals2021高校編成Danceグランプリ
中学校編成 Song/Pom Small 優勝(BLUE SHARKS Jr)
高校編成Jazz部門 第2位(BLUE SHARKS)
高校編成Song/Pom Large 第2位(BLUE SHARKS)
2021年 全日本チアダンス選手権大会
Pom部門 高校生 Large編成 第3位(BLUE SHARKS)
2020年 USA Nationals 2021
高校編成Jazz部門 第1位 ※高校編成Danceグランプリ
高校編成Song/Pom Medium B 第2位(BLUE SHARKS)
高校編成Song/Pom Small 第2位(SHARKS B)
2020年 全日本チアダンス選手権大会
Pom部門 高校生Medium編成 第5位(BLUE SHARKS)
Jazz部門 高校生編成 第2位(BLUE SHARKS)
2019年 全国高等学校ダンスドリル選手権2019 団体総合2位 朝日新聞社賞
2018年 全国高等学校ダンスドリル選手権2018 団体総合5位
2017年 USAスクール&カレッジコンペティション2017(夏の大会)
高校編成 Song/Pom部門 Advance Large編成 優勝
高校編成 Song/Pom部門 Advance Small編成優勝
2017年 全国高等学校ダンスドリル選手権2017 団体総合第3位
Jazz部門 優勝・ソングリーダーLarge編成 優勝
2017年 USAスクール&カレッジナショナルズ2017
Jazz部門 優勝・ソングリーダーLarge編成 2位
2016年 全国高等学校ダンスドリル選手権2016 審査員特別賞
2016年 USAスクール&カレッジナショナルズ2016 Song/Pom-large部門 2位(WSCC世界ダンス高校選手権の出場権獲得)フロリダ州オークランド
2016年 USAスクール&カレッジナショナルズ 2016 JAZZ部門 4位
2015年 全国高等学校ダンスドリル選手権2015 ショートフラッグ部門 第3位
2015年 全国高等学校ダンスドリル選手権2015 ソングリーダーSmall編成 第5位
2015年 USAスクール&カレッジナショナルズ2015 ソングリーダーMedium編成 8位
2015年 USAスクール&カレッジナショナルズ2015 JAZZ部門 6位
2013年 全国ダンスドリル選手権大会優勝
2013年 第40回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 銀賞
2012年 第39回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 金賞
2011年 第38回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 金賞
2010年 第37回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 銀賞
2009年 第36回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 銀賞
2008年 第35回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 銀賞
2007年 第34回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 銀賞
2006年 第33回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成(大編成) 金賞 人数別優秀賞 手具編成別最優秀賞
2005年 第32回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 金賞
2004年 第31回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 金賞
2003年 第30回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 銀賞
2002年 第29回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 金賞
2001年 第28回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 金賞
2000年 第27回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会 ポンポン編成 銀賞
  • 吹奏楽部
通称:SHOYO BRASS
全日本吹奏楽コンクール出場回数:19回(金賞受賞4回、3年連続出場規定・不出場経験有り)
全日本高等学校選抜吹奏楽大会出場回数:13回
全日本高等学校吹奏楽大会in横浜出場回数:7回 (優勝1回)
2022年 連盟理事長賞
2021年 審査員長賞
TOKYO DISNEY SEA Dreamers on Stage 出演
日本管楽合奏コンテスト全国大会出場回数:4回(4年連続)
2020~22年(B部門優秀賞)
2019年(B部門優秀賞&ヤマハ賞)
全日本アンサンブルコンテスト出場回数:5回
部訓は「共奏伝心」飛翔~静岡一美しい音~
部員数は100名を超える。
ステージ衣装は清水の海と空をイメージした「SHOYO BLUE」と呼ばれるブレザーネクタイ清水港かっぽれを演奏する際の特製はっぴがある。
2021年1月に港かっぽれステージ衣装のクラウドファンディングを行い、目標額160万円に対して倍以上の364万円を集め約20年ぶりにかっぽれ衣装が新調された。[5]
演目の十八番は地元清水を代表して演奏する宇崎竜童作曲・杉浦邦弘編曲の「港かっぽれ」「かっぽれ侫武夛」「かっぽれエイサー」「かっぽれFUNK」「かっぽれSPECIAL」[6]など、部内オーディションで選抜された専属の踊り手「かっぽれ隊」がある。

主な行事[編集]

東海大学静岡キャンパスにある海洋学部・人文学部、付属静岡翔洋高校、同中等部、同小学校、同幼稚園の園児から大学生、卒業生、教職員ら関係者約200名からなる東海大学連として参加する。

特色[編集]

付属推薦入学制度[編集]

内部進学できる大学は以下の通り。付属推薦による進学率は毎年約50%以上である。

学園オリンピック[編集]

東海大学の付属高校・中等部から、各分野において選抜された生徒が競い合い、学校間の交流を深める一大イベント。通称「学オリ」。国語・数学・英語・理科・芸術(造形・音楽)・スポーツ・知的財産ディベートの9部門からなり、東海大学関連の各施設にて実施される。

海外研修[編集]

学園主催の特色ある海外研修がある。毎年冬に、希望者を募って「付属高校生のためのヨーロッパ研修旅行」を実施し、ヨーロッパ文化を体感し幅広い人間形成を図っている。また、高校3年生の1月-2月の50日間、ハワイ東海インターナショナルカレッジに留学して、実践的な英会話力の養成、国際的な視野の体得を目指す「ハワイ中期留学(SHIP:Senior High School Intercultural Program)」がある。

制服[編集]

冬服
夏服
  • 男女とも半袖ワイシャツ、黒のローファー着用
  • 男子はグレーのパンツ
  • 女子はリボン、チェックのスカート

学生寮[編集]

部活動が強豪であることから、県外や遠方の学生に対応するための寮が整備されている。

  • 飛翔寮
  • 望星寮
  • けやき寮

著名な卒業生[編集]

プロサッカー選手
プロ野球選手
ラグビー選手

著名な教職員・関係者[編集]

エピソード[編集]

  • 2022年9月24日に発生した台風15号による静岡県内の豪雨が原因で、静岡市清水区において大規模な断水被害が発生した。その際、被災した近隣住民への支援を静岡翔洋高校にて実施した。支援は卒業生の其田一生(mocoas社長)が企画してボランティアや物資の支援を募り、10,000個以上の物資を配布した。配布には同校の生徒や東海大学生のほか、ベルテックス静岡の選手、タレントの紗栄子桃華絵里、同高OBの鈴木啓太愛鷹亮なども参加した。その後支援の輪が広まり格闘家の山本美憂が友人とトラックいっぱいの物資を届け更に浜崎あゆみも桃華絵里と連絡を取り合い、インスタグラムのストーリーズで情報を共有、その後物資を集め現地の児童施設や老人施設などに物資を届けた[8][9][10][11]

アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 清水海軍航空隊三保飛行場)の一部跡地を国から払い下げを受ける

外部リンク[編集]