西武台新座中学校・西武台高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西武台新座中学校・西武台高等学校
Seibudai-Highschool.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人武陽学園
校訓 若き日に
豊かに知性を磨き
美しく心情を養い
たくましく身体を鍛えよ
設立年月日 1981年
創立記念日 9月18日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進選抜(内進生)
特進(内進生)
特進S
選抜Ⅰ
選抜Ⅱ
進学
学期 3学期制
高校コード 11536D
所在地 352-8508 
埼玉県新座市中野2丁目9番1号
外部リンク 高等学校公式サイト
中学校公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

西武台新座中学校・西武台高等学校(せいぶだいにいざちゅうがっこう・せいぶだいこうとうがっこう、英称:Seibudai Niza Junior High School・Seibudai High School)は、埼玉県新座市中野二丁目にある、学校法人武陽学園が運営する私立中学校高等学校。略称は「武台(ぶだい)」。

概観[編集]

西武台新座中学校・西武台高等学校は1981年に学校法人武陽学園により西武台高等学校として開校した。1986年には同法人により系列校である武陽学園高等学校(現:西武台千葉中学校・高等学校)が開校したが、2008年に学校法人千葉武陽学園を設立し、経営を分離している。2011年に西武台新座中学校が開校し中高一貫校となった。

50分授業・3学期制で、高校は普通科に特進選抜(内進生)・特進(内進生)・特進S・選抜Ⅰ・選抜Ⅱ・進学の6コースがある。中学からの内部進学生とは3年間別クラスとなる。
進学コース以外は2年次から文系・理系に分かれる。土曜授業は、特進選抜・特進・特進Sは土曜授業が毎週あり(学校休業日を除く)、他のコースは隔週で行われる。

堤康次郎が創業した西武グループとは資本・人的に一切関係ない。

コース[編集]

高校設置コース[編集]

1.特進選抜コース(内進生のみ)

2.特進コース(内進生のみ)

3.特進Sコース

4.選抜Ⅰコース

5.選抜Ⅱコース

6.進学コース

中学校設置クラス[編集]

1.特進選抜クラス

  最難関国公立大学、最難関私立大学 医歯薬学部の現役合格を目指す。

2.特進クラス

  難関国公立大学、難関私立大学の現役合格を目指す。

部活動(高校)[編集]

プールが校内にないため、水泳部はない。ゴルフ部は男子のみとなっている。

運動部
  • サッカー部
全国高等学校サッカー選手権大会に3度(最高成績:ベスト8)、インターハイに10度(主な成績:準優勝1回、ベスト4 1回)出場。

 平成8年~22年の間に10名Jリーガーを輩出。

  • 硬式野球部
第60回選抜高等学校野球大会に出場。
第83回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会にてベスト8。
第92回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会にてベスト8。
  • 陸上競技部
関東大会出場19回、インターハイ出場14回、国体出場4回。
  • 柔道部
男子 関東大会出場14回。 
女子 関東大会出場4回。
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール部
  • 男子ハンドボール部
  • 女子ハンドボール部
  • 男子ゴルフ部
  • 男子バドミントン部
  • 女子バドミントン部
  • ラグビー部
  • 男子硬式テニス部
  • 女子硬式テニス部
  • ソフトボール部
  • 卓球部
  • 男子バスケットボール部
  • 女子バスケットボール部
  • スキー部
  • 剣道部
  • 新体操部
文化部
  • バトン部
  • 吹奏楽部
  • 書道部
  • 文芸部
  • 茶道部
  • 美術部
  • 軽音楽部
  • 演劇部
  • 化学部
  • 家庭科部
同好会
  • 合唱同好会
  • ボランティア同好会
  • ビジュアルアーツ同好会
その他
  • ひまわり隊(地域防災等ボランティア)

部活動(中学校)[編集]

 クラブ等は基本的に、高校生との合同活動になるが、中学生だけで活動しているクラブもある。

運動部

・サッカー部

・硬式テニス部

・陸上部

・男子バスケットボール部

・女子バスケットボール部

・卓球部(高校と合同)

・新体操部(高校と合同)


文化部

・バトン部

・英語部

・ロボット制御部

・吹奏楽部(合同)

進路[編集]

2014年卒業生459名の進路状況は、大学へは約61%、短大へは約5%、専門学校へは約21%、就職は約6%、浪人など他は約7%だった。
同年の現役生の大学合格実績は多い順に、拓殖大学23名、東京国際大学22名、亜細亜大学22名、帝京大学21名などとなっている。[1]

施設[編集]

  • 第三校舎(中学校校舎)
  • 第一校舎・第二校舎
  • 武陽記念館
  • 体育館
  • こぶし館(1階はスクールバス発着所)
  • 生徒会館
  • 会議棟
  • 美術・技術工芸棟
  • 校内のグラウンド
第二グラウンド

校内のグラウンドは野球部などが使用するため、サッカー部は校内ではなく、外部の第二グラウンドを使用している。場所は新座市大和田3-10-20で、学校からは徒歩で約15分かかり、最寄り駅のJR武蔵野線新座駅」からは、徒歩で約20分かかる。

校則[編集]

  • 男女ともパーマカール染色・脱色・化粧が禁止されている他、男子生徒は髪が目・耳にかかってはならず、襟足は襟にかかってはならない、女子生徒は髪を結ぶ、爪を伸ばさないように定められている。
  • 所持品に関しては、化粧品装飾品の所持が禁じられている。また、通学用バッグは学校より指定されたもののみ使用可能である。携帯電話の持ち込みは認められているが、学校内での使用は禁止となっている。

アクセス[編集]

駅から徒歩圏内ではなく交通が不便なため、スクールバスが柳瀬川駅新座駅所沢駅の3駅から出ている。

スクールバス
路線バス

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 進路情報 西武台高等学校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]