前田直輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前田 直輝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マエダ ナオキ
ラテン文字 MAEDA Naoki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-11-17) 1994年11月17日(27歳)
出身地 埼玉県さいたま市[1]
身長 177cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 名古屋グランパス
ポジション MF / FW
背番号 25
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 東京ヴェルディ 48 (4)
2015 松本山雅FC (loan) 31 (3)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 2 (0)
2016-2017 横浜F・マリノス 32 (6)
2018 松本山雅FC 16 (3)
2018- 名古屋グランパス 77 (23)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

前田 直輝(まえだ なおき、1994年11月17日 - )は、埼玉県さいたま市出身のプロサッカー選手Jリーグ名古屋グランパス所属。ポジションはミッドフィールダーフォワード

来歴[編集]

東京ヴェルディ[編集]

ドリブルが持ち味のレフティー。小学生年代より東京ヴェルディのアカデミーに所属した。東京Vユース在籍時の2012年には2種登録選手としてトップチームに登録され、10月21日のJ2第39節・栃木SC戦で公式戦デビューを果たすなど、公式戦4試合に出場した。

2013年よりトップチームに昇格[2]。2014年よりチームの副主将を務める[3]

松本山雅[編集]

2015年、松本山雅FCへ期限付き移籍[4]。5月2日、アルビレックス新潟戦で移籍後初得点。6月22日、7月1日に行われるU-22日本代表のメンバーに初選出された。自身初のJ1でのプレーとなったがリーグ戦31試合に出場を果たした。

横浜F・マリノス[編集]

2016年、ベガルタ仙台など複数のJ1クラブからオファーを受けた中[5]横浜F・マリノスに完全移籍[6]。2017年2月25日、浦和レッズとの開幕戦で後半途中から投入され、決勝点を記録し勝利に貢献した[7]

松本山雅復帰[編集]

2018年、J2・松本山雅FCに完全移籍で3年ぶりに加入した。

名古屋グランパス[編集]

2018年7月、J1・名古屋グランパスへ完全移籍[8]。すぐさま監督の風間八宏の志向するスタイルに順応し[9]、加入後の全試合(内最終3節を除く15試合に先発)に出場。チーム2位の7得点をマークしJ1残留に貢献した。2019年も主軸としてプレーし、同年12月にはグランパスランクル賞に受賞[10]、チーム最多の9得点をマークするなど残留に大きく貢献した。

2020年、J1第5節・サガン鳥栖戦にてボレーシュートで決めたゴールが2月・7月度の月間ベストゴールとして表彰された[11]。第9節・浦和レッズ戦では1試合4得点を記録、プロ入り初のハットトリックを達成した[12]

人物[編集]

  • 2017年3月23日、第一子が生まれたことが発表された。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 東京V 38 J2 4 0 - 0 0 4 0
2013 27 18 1 - 0 0 18 1
2014 11 26 3 - 0 0 26 3
2015 松本 22 J1 31 3 3 1 3 1 37 5
2016 横浜FM 25 13 2 7 0 4 0 24 2
2017 19 4 4 0 5 1 28 5
2018 松本 J2 16 3 - 2 0 18 3
名古屋 J1 18 7 - 0 0 18 7
2019 29 9 10 1 1 0 40 10
2020 30 7 3 0 - 33 7
2021
通算 日本 J1 140 32 27 2 13 2 180 35
日本 J2 64 7 - 2 0 66 7
総通算 204 39 27 2 15 2 246 42
  • 2012年は2種登録選手

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 0 0 0 0
2015 2 0 2 0
通算 日本 J3 2 0 2 0
総通算 2 0 2 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2021 名古屋 25
通算 AFC

タイトル[編集]

クラブ[編集]

東京ヴェルディユース
名古屋グランパス

個人[編集]

  • J1・月間ベストゴール:1回(2020年2・7月)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [松本]前田直輝、浦和にも負けたくない”. サッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA (2015年4月2日). 2018年7月24日閲覧。
  2. ^ “東京Vがユース6選手の来季トップ昇格を発表!! 昨季5人、今季4人に続く快挙”. ゲキサカ. (2012年10月7日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?105920-108021-fl 2018年7月24日閲覧。 
  3. ^ “2014シーズン東京ヴェルディキャプテン&副キャプテン決定のお知らせ” (プレスリリース), 東京ヴェルディ, (2014年1月27日), http://www.verdy.co.jp/lancelot/cms/siteuser/newsdetail/user_id/f98c078b5e46cce02fd686fadbff9929/id/d0ad7b8f69b376de8a29cd50f2c02bc4 2018年7月24日閲覧。 
  4. ^ 前田直輝選手 東京ヴェルディより期限付移籍加入のお知らせ”. 松本山雅FC (2015年1月9日). 2015年1月9日閲覧。
  5. ^ “横浜 U―22日本代表MF前田直輝を獲得「優勝するチームだと」”. スポニチアネックス. (2015年12月30日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/12/30/kiji/K20151230011775020.html 2020年8月8日閲覧。 
  6. ^ “前田直輝選手 移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 横浜F・マリノス, (2015年12月30日), http://www.f-marinos.com/news/detail/2015-12-30/100000/150407 2018年7月24日閲覧。 
  7. ^ 横浜M、浦和に3-2で逆転勝ち!前田がアディショナルタイムに決勝弾 サンケイスポーツ(2017年2月25日)2017年2月25日閲覧。
  8. ^ 前田 直輝選手 移籍加入のお知らせ 名古屋グランパス(2018年7月19日)2018年7月19日閲覧。
  9. ^ 名古屋はなぜ、奇跡的に立ち直ったのか復活の“トリガー”は前田直輝の「走力」”. スポーツナビ (2018年9月14日). 2020年8月8日閲覧。
  10. ^ 第25回愛知トヨタ「グランパスランクル賞」受賞選手のお知らせ 名古屋グランパス(2019年12月7日)2019年12月7日閲覧。
  11. ^ J1受賞者 名古屋グランパス FW25前田 直輝:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  12. ^ 前半だけで圧巻ハットの前田直輝、50分で4発決め後半早々にお役御免。名古屋が浦和を相手に6-1大量リード”. サッカーダイジェストWeb (2020年8月8日). 2020年8月7日閲覧。
  13. ^ 東京ヴェルディユースより来季トップチーム昇格選手内定のお知らせ 東京ヴェルディ/TOKYO VERDY、2012年10月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]