大原サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

さいたま市大原サッカー場(さいたましおおはらサッカーじょう)は、さいたま市浦和区大原にあるさいたま市が運営するサッカー競技施設。現在はJリーグ浦和レッズの専用練習場であり、同クラブのクラブハウスも敷地内に隣接して建設されている。大原グラウンド、大原練習場、単に大原などと呼ばれる。1993年7月に浦和市大原サッカー競技場として開設。2002 FIFAワールドカップの際には、公認キャンプ候補地に選定されていた。

施設概要[編集]

浦和レッズクラブハウス、トレーニング施設、夜間照明付き天然芝サッカーコートが2面、人工芝フットサルコートが1面、クラブハウス1階部分には、テント付き屋根のある観戦スタンド(197席)、坂路(坂道トレーニング用走路)などがある。

ほぼ毎日トップとサテライトの練習があり、練習試合なども行われる。練習は非公開練習を除き一般のファン・サポーターも見ることができる。練習日時や時間はそのつど変更になるので、クラブ公式ページなどを参照した方がいい。

以前のクラブハウスはプレハブの簡素なものだったが、2003年末に現在の建物を新築した後も別館として使用された。2016年7月にクラブハウスを増築する事になり、その敷地に転用される事になったために解体撤去された。

クラブハウスの2階にはサポーターズカフェがあり、ファン・サポーターの憩いの場になっていると共に、クラブが獲得したタイトルJリーグ優勝杯・天皇杯などの優勝杯・表彰状などが飾られている。飲み物などの自動販売機や椅子、机などが用意してありグラウンドを見渡す事ができる。また、テラスにはカップホルダーが設置されていて、実質的にはスタジアムの立見席であると言える。一般のファン・サポーターはサポーターズカフェ以外のクラブハウスにはいることはできない。

観戦スタンドから遠いコートで練習するときは多くのファン・サポーターは水路のあるフェンス越しに練習を見ている。フェンス脇には浦和レッズ後援会が寄贈した木製ベンチがある。

練習後ファンサービスのサイン入りポストカードをもらうためにファン・サポーターが選手を待っている光景が見られる。

2006年6月、当時レッズの監督を務めていたブッフバルトの発案で長さ60m、幅3m、高低差1.8m、傾斜角3度のゆるやかな坂のトレーニング用走路を600万円かけて新設。また2006年夏に2面あるコートの間に広告ボードが設置された。

2017年10月、クラブハウスの増築棟が完成した。

施設概況[編集]

所在地[編集]

埼玉県さいたま市浦和区大原3-4

メインスタジアム[編集]

  • 収容人数 197人(全席座席)
  • 天然芝グラウンド
  • 照明 300ルクス

B面[編集]

  • 天然芝グラウンド
  • 照明 300ルクス

クラブハウス内[編集]

  • サポーターズカフェ

アクセス[編集]

※紹介ページには与野駅などからバス利用とあるが、サッカー場周辺が住宅地のため分かりにくい。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度53分42.9秒 東経139度38分51.6秒