コンテンツにスキップ

渡邊凌磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渡邊 凌磨
名前
愛称 リョーマ
カタカナ ワタナベ リョウマ
ラテン文字 WATANABE Ryoma
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-10-02) 1996年10月2日(27歳)
出身地 埼玉県東松山市
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 浦和レッズ
ポジション MF / FW / DF
背番号 13
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 ドイツの旗 インゴルシュタットII 74 (12)
2017-2018 ドイツの旗 FCインゴルシュタット04 0 (0)
2018-2019 日本の旗 アルビレックス新潟 28 (4)
2020 日本の旗 モンテディオ山形 39 (7)
2021-2023 日本の旗 FC東京 76 (12)
2024- 日本の旗 浦和レッズ
代表歴
2013  日本 U-17
1. 国内リーグ戦に限る。2022年11月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

渡邊 凌磨(わたなべ りょうま、1996年10月2日 - )は、埼玉県東松山市出身のプロサッカー選手Jリーグ浦和レッズ所属。ポジションはミッドフィールダーフォワードディフェンダー

略歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校時代にサッカーを始め、前橋育英高等学校に進学。高校時代は、セレッソ大阪で1トップ起用で相手センターバックの背後でボールを受けながら、ゴールを決める役割を担っていた柿谷曜一朗のプレーを研究していた。また、セレッソへの練習参加も決まり「めちゃめちゃ嬉しかった。試合を生で見れて、一緒にトレーニングできた、すごく楽しかった」と回想した。同練習には、後にチームメイトとなる、当時大学生の木本恭生も参加していた。高校3年生時に中心選手として活躍し、全国高等学校サッカー選手権大会の準優勝に貢献し、チームメイトの吉永大志吉田舜鈴木徳真と共に大会優秀選手にも選出された。高校卒業後は早稲田大学に進学。

2015年にNIKEが主催している育成プロジェクト「NIKE MOST WANTED」に参加し、日本人初となるナイキアカデミーの参加が決定した[1]。同年9月、インゴルシュタットの下部組織であるインゴルシュタットU-23に加入することが発表された。2016年7月28日、インゴルシュタットのトップチームの合宿に初めて合流した[2]

プロ入り後[編集]

2017年4月26日、インゴルシュタットのトップチームに昇格して、新契約を結んだことが発表された[3]。しかし、ブンデス2部での出場機会はなく、2018年7月にアルビレックス新潟へ完全移籍で加入した[4]

2019年4月4日、第7節のFC町田ゼルビア戦でJリーグ初得点を決めた[5]

2020年よりモンテディオ山形へ完全移籍で加入[6][7]

2021年1月5日、FC東京への完全移籍が発表された[8]。同年3月21日、ベガルタ仙台戦で負傷。左第五中足骨骨折で全治4ヶ月の診断を受けるも復帰を果たした[9]

2022年10月12日のJ1第25節・セレッソ大阪戦でプロ入り初のハットトリックを達成[10]

2023年4月15日のJ1第8節・セレッソ大阪戦で記録した得点が4月のJ1月間ベストゴールに選出され[11]、さらにシーズン終了後に開催されたJリーグアウォーズJ1最優秀ゴール賞に選ばれた[12]

2024年1月7日、幼少期から応援していた[13]浦和レッズへの完全移籍が発表された[14]。3月30日、J1第5節アビスパ福岡戦で移籍後初ゴールを決め、勝利に貢献した[15]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2017-18 インゴルシュタット 23 ブンデス2部 0 0 - 0 0 0 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2018 新潟 18 J2 5 0 - 0 0 5 0
2019 23 4 - 1 0 24 4
2020 山形 40 39 7 - - 39 7
2021 FC東京 23 J1 17 2 3 0 0 0 20 2
2022 30 6 5 0 2 1 37 7
2023 11
2024 浦和 13 -
通算 ドイツ ブンデス2部 0 0 - 0 0 0 0
日本 J1 47 8 8 0 2 1 57 9
日本 J2 67 11 - 1 0 68 11
総通算 114 19 8 0 3 1 125 20
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 期間通算
2015-16 インゴルシュタットII 17 ブンデス4部 22 4 22 4
2016-17 22 2 22 2
2017-18 28 6 28 6
通算 ドイツ ブンデス4部 74 12 74 12
総通算 74 12 74 12
出場歴

タイトル[編集]

個人[編集]

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 満場一致で「NIKE MOST WANTED」勝者に!渡邊凌磨が肩書き関係なしの世界でナイキアカデミー入り勝ち取る ゲキサカ(2015年5月4日)
  2. ^ インゴルシュタットU23の19歳MF渡邊凌磨、トップチームの合宿に招集 サッカーキング(2016年7月29日)
  3. ^ 元U-19日本代表MF渡邊、インゴルシュタットのトップチームに昇格…2年契約を締結Goal(2017年4月26日)
  4. ^ ドイツ・FCインゴルシュタット04から渡邊 凌磨選手 完全移籍加入内定のお知らせ アルビレックス新潟(2018年7月8日)
  5. ^ 新潟ホーム初勝利 渡辺凌磨のJ初ゴール守りきる日刊スポーツ(2019年4月4日)
  6. ^ 渡邊 凌磨 選手 モンテディオ山形に完全移籍のお知らせ』(プレスリリース)アルビレックス新潟、2020年1月7日https://www.albirex.co.jp/news/58645/2020年1月8日閲覧 
  7. ^ 渡邊 凌磨 選手 完全移籍加入のお知らせ』(プレスリリース)モンテディオ山形、2020年1月6日https://www.montedioyamagata.jp/news/y-2020/n-00010345/2020年1月8日閲覧 
  8. ^ 渡邊凌磨選手 完全移籍加入のお知らせ』(プレスリリース)FC東京、2021年1月5日https://www.fctokyo.co.jp/news/119942021年1月5日閲覧 
  9. ^ 【FC東京】渡邊凌磨選手の負傷について”. FC東京 (2021年3月25日). 2022年12月6日閲覧。
  10. ^ 【東京】渡辺凌磨が左足、右足、頭でハットトリック!森保監督視察も長友は出場せず”. 日刊スポーツ (2022年10月22日). 2022年10月23日閲覧。
  11. ^ FC東京MF渡邊凌磨がJ1月間ベストゴール!! 雨中の衝撃アクロバティック弾に選考委員「これしかない」”. ゲキサカ. 2023年5月16日閲覧。
  12. ^ 渡邊凌磨選手が2023Jリーグ最優秀ゴール賞 受賞!”. FC東京オフィシャルホームページ (2023年12月5日). 2023年12月5日閲覧。
  13. ^ 渡邊凌磨選手 浦和レッズへ完全移籍のお知らせ”. FCTOKYO OFFICIAL WEBSITE (2024年1月7日). 2024年1月9日閲覧。
  14. ^ 渡邊凌磨選手 完全移籍加入のお知らせ”. URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE (2024年1月7日). 2024年1月7日閲覧。
  15. ^ 浦和で“SBを極める”渡邊凌磨がホーム初白星導く新天地初ゴール「前半のミスを取り返したい一心で…」”. ゲキサカ (2024年3月30日). 2024年3月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]