木本恭生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木本 恭生 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤス
カタカナ キモト ヤスキ
ラテン文字 KIMOTO Yasuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-08-06) 1993年8月6日(29歳)
出身地 静岡県富士市
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション DF/MF
背番号 30
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2020 日本の旗 セレッソ大阪 103 (3)
2016 日本の旗 セレッソ大阪U-23 23 (1)
2021 日本の旗 名古屋グランパス 32 (0)
2022- 日本の旗 FC東京
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

木本 恭生(きもと やすき、1993年8月6日 - )は、静岡県富士市出身のプロサッカー選手JリーグFC東京所属。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

来歴[編集]

セレッソ大阪[編集]

2016年、福岡大学を経てセレッソ大阪に入団。開幕戦はセレッソ大阪U-23に配属されて、ボランチとしてJ3リーグ戦に出場。6月8日、J2第17節のV・ファーレン長崎戦でトップチーム初出場を飾り、終了間際にプロ初得点となる決勝ゴールをあげる活躍を見せた[1]。8月10日、J3リーグ第18節のSC相模原戦でプロA契約に達したことが発表された。

2017年、背番号を「15」番に変更。3月15日、ルヴァンカップ・第1節の横浜F・マリノス戦で2017年シーズンにおいて初出場初得点を決めた。3月18日、第4節のサガン鳥栖戦では負傷した山下達也に代わって途中出場を果たし、J1リーグデビュー戦にしてアシストも記録[2]。さらに、4月1日に行われた第5節の横浜FM戦では、J1初先発初得点を記録した[3]。10月8日、ルヴァンカップ・準決勝2ndレグのガンバ大阪戦ではアディショナルタイム決勝ゴールを入れて、セレッソ大阪史上初の決勝進出に貢献した[4]。この活躍もありG大阪戦後の第29節 サガン鳥栖戦からスタメンに定着[5]し、11月4日のルヴァンカップ決勝でもスタメンで出場し、クラブの初タイトルに貢献した。

2019年、「ポジション的優位」とトータルゾーン戦術を志向するロティーナが監督に就任、後に影響を受けた指導者の名に同氏を挙げている[6]

名古屋グランパス[編集]

2020年12月24日、名古屋グランパスに完全移籍[7][8]。5月15日に負傷退場した丸山祐市の代役として[9]、主にセンターバックとしてリーグ戦32試合に出場。

FC東京[編集]

2021年12月19日、FC東京に完全移籍[10]。センターバックで勝負することを移籍の理由として挙げ、同僚になった森重真人を目標として掲げた[11]

選手としての特徴[編集]

センターバックやボランチを中心に、守備的なポジションを幅広くこなすマルチロールプレイヤー[7][2][12]。高い対人能力だけでなく、足元の技術や高い判断力を武器にしている[11]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 C大阪 30 J2 1 1 - 0 0 1 1
2017 15 J1 23 2 13 3 4 1 40 3
2018 22 0 2 0 2 0 26 0
2019 3 29 0 4 0 2 0 35 0
2020 28 0 3 0 - 31 0
2021 名古屋 14 32 0 5 1 4 0 41 1
2022 FC東京 30
通算 日本 J1 134 2 27 4 12 1 173 7
通算 日本 J2 1 1 - 0 0 1 1
総通算 135 3 27 4 12 1 174 8
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 C大23 30 J3 23 1 23 1
通算 日本 J3 23 1 23 1
総通算 23 1 23 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2018 C大阪 15 2 0
2021 名古屋 14
通算 AFC 2 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

セレッソ大阪
名古屋グランパス
  • Jリーグカップ:1回(2021年

個人[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後半ATの失点直後に劇弾…トップチームデビューでプロ初ゴールのC大阪MF木本「頭が真っ白に」 ゲキサカ、2016年6月8日
  2. ^ a b 前半7分に急きょ出番も「逆に良かった」…C大阪MF木本恭生はクレバーにアシストも記録 ゲキサカ(2017年3月18日)
  3. ^ C大阪DF木本恭生、先制ゴールも「自分のミスでピンチを招いた」と反省 Goal.com(2017年4月1日)
  4. ^ 木本がAT5分の劇的弾!C大阪が初の決勝へ!!G大阪の4年連続決勝進出を阻む ゲキサカ(2017年10月8日)
  5. ^ C大阪木本、先発定着へ「勝って試合に出続けたい」 日刊スポーツ(2017年10月19日)
  6. ^ 木本 恭生”. FC東京. 2022年3月28日閲覧。
  7. ^ a b C大阪 木本の名古屋完全移籍を発表 日本代表狙える守備職人の27歳”. スポニチ (2020年12月24日). 2020年12月25日閲覧。
  8. ^ 木本 恭生選手、移籍加入のお知らせ名古屋グランパス 2020年12月24日
  9. ^ “【J1名古屋】負傷丸山の代役・木本恭生「自分が1点を取れれば勝ち点3に」空中戦の強さを生かす”. 中日スポーツ. (2021年5月25日). https://www.chunichi.co.jp/article/260529 2022年1月25日閲覧。 
  10. ^ “木本恭生選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2021年12月19日), https://www.fctokyo.co.jp/news/13121 2021年12月20日閲覧。 
  11. ^ a b “【FC東京】名古屋から移籍した理由…森重にCB争奪戦挑む木本恭生「簡単に超えられる壁ではない」”. 中日スポーツ. (2022年1月24日). https://www.chunichi.co.jp/article/406036 2022年1月25日閲覧。 
  12. ^ “【FC東京】名古屋・木本獲得へ既に正式オファー提示 補強ポイントのセンターバック…仙台GKも獲得濃厚”. 中日スポーツ. (2021年12月6日). https://www.chunichi.co.jp/article/378300 2022年1月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]