木本恭生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木本恭生 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キモト ヤスキ
ラテン文字 Yasuki Kimoto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-08-06) 1993年8月6日(25歳)
出身地 静岡県富士市
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 セレッソ大阪
ポジション MF
背番号 3
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- セレッソ大阪 46 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

木本 恭生(きもと やすき、1993年8月6日 - )は、静岡県富士市出身のプロサッカー選手Jリーグセレッソ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

2016年、福岡大学を経てセレッソ大阪に入団。開幕戦はセレッソ大阪U-23に配属されて、ボランチとしてJ3リーグ戦に出場。6月8日、J2第17節のV・ファーレン長崎戦でトップチーム初出場を飾り、終了間際にプロ初得点となる決勝ゴールをあげる活躍を見せた[1]。8月10日、J3リーグ第18節のSC相模原戦でプロA契約に達したことが発表された。

2017年、背番号を「15」番に変更。3月15日、ルヴァンカップ・第1節の横浜F・マリノス戦で2017年シーズンにおいて初出場初得点を決めた。3月18日、第4節のサガン鳥栖戦では負傷した山下達也に代わって途中出場を果たし、J1リーグデビュー戦にしてアシストも記録[2]。さらに、4月1日に行われた第5節の横浜FM戦では、J1初先発初得点を記録した[3]。10月8日、ルヴァンカップ・準決勝2ndレグのガンバ大阪戦ではアディショナルタイム決勝ゴールを入れて、セレッソ大阪史上初の決勝進出に貢献した[4]。この活躍もありG大阪戦後の第29節 サガン鳥栖戦からスタメンに定着[5] し、11月4日のルヴァンカップ決勝でもスタメンで出場し、クラブの初タイトルに貢献した。

経歴[編集]

ユース時代
プロ時代

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 C大阪 30 J2 1 1 - 0 0 1 1
2017 15 J1 23 2 11 3 4 1 38 3
2018 22 0 2 0 2 0 26 0
2019 3
通算 日本 J1 45 2 13 3 6 1 54 3
通算 日本 J2 1 1 - 0 0 1 1
総通算 46 3 13 3 6 1 55 4
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 C大23 30 J3 23 1 23 1
通算 日本 J3 23 1 23 1
総通算 23 1 23 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2018 C大阪 15 2 0
通算 AFC 2 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

セレッソ大阪

個人[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]