林瑞輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 瑞輝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハヤシ ミズキ
ラテン文字 HAYASHI Mizuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-09-04) 1996年9月4日(22歳)
出身地 大阪府大阪市
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガンバ大阪
ポジション GK
背番号 23
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- ガンバ大阪 7 (0)
2016- ガンバ大阪U-23 45 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

林 瑞輝(はやし みずき、1996年9月4日 - )は、大阪府大阪市出身のプロサッカー選手Jリーグガンバ大阪所属。ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

地元の大和田SSCでサッカーを始め、中学進学と同時にガンバ大阪ジュニアユースに入団、2012年にユースへ昇格した。2013年4月、トップチームに2種登録選手として登録[1]

各年代別の日本代表を経験し、AFC U-16選手権2012にU-16日本代表として出場。2013 FIFA U-17ワールドカップの切符が懸った準々決勝のシリア戦ではPKを阻止するなど、チームに勢いをもたらす活躍を見せ、準優勝に貢献した[2]。翌年、FIFA U-17ワールドカップのU-17日本代表メンバー入りを果たすものの、出場はグループリーグ1試合のみに終わり、不完全燃焼のまま大会を終えた。

2014年10月、2015年シーズンからのトップチーム昇格内定が発表された[3](同期昇格は嫁阪翔太妹尾直哉平尾壮)。2016年3月13日、ガンバ大阪U-23としてJ3リーグ開幕戦のY.S.C.C.横浜戦でプロ入り初先発。

2018年4月22日、J1第9節・セレッソ大阪戦で同試合でGKを務めていた東口順昭の負傷により、途中交代でJ1リーグデビューを果たす。無失点に抑え勝利に貢献した[4]。5月3日、ルヴァンカップ・プレーオフ第1戦のジュビロ磐田戦でも好セーブを連発。無失点に抑え勝利に貢献した[5]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 G大阪 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 23 7 0 5 0 1 0 13 0
通算 日本 J1 7 0 5 0 1 0 13 0
総通算 7 0 5 0 1 0 13 0
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 G大23 31 J3 13 0 13 0
2017 28 0 28 0
2018 23 4 0 4 0
通算 日本 J3 45 0 45 0
総通算 45 0 45 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2015 G大阪 31 0 0
2016 0 0
2017 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ジュニアユース
ガンバ大阪ユース
ガンバ大阪

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]