嫁阪翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
嫁阪 翔太 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヨメ
カタカナ ヨメサカ ショウタ
ラテン文字 YOMESAKA Shota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-10-19) 1996年10月19日(22歳)
出身地 大阪府堺市[1]
身長 177cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 グルージャ盛岡
ポジション MF
背番号 14
利き足 左足[1]
ユース
2001-2011
2012-2014
RIP ACE SC
ガンバ大阪ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 ガンバ大阪 0 (0)
2016-2017 ガンバ大阪U-23 47 (1)
2018- グルージャ盛岡
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

嫁阪翔太(よめさか しょうた 1996年10月19日 - )は、大阪府堺市出身のプロサッカー選手Jリーググルージャ盛岡所属。本来のポジションは、ミッドフィールダーであるが、サイドバックウイングバックセンターバックもこなす。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

地元の堺市にあるジュニアユースクラブRIP ACE SCで5歳からサッカーを始める。その後、同クラブで順調に成長を遂げ、中学進学時は、そのままRIP ACE SCに残り同期の米澤令衣らと共に大阪2部リーグから2011年には高円宮杯U-15関西サンライズリーグに昇格させた。また、同クラブで出身で2歳上の薮内健人とも、共に大阪3部リーグから2部リーグへと昇格させている。サッカー選抜は、ナショナルトレセンまでを経験している。

2012年よりガンバ大阪ユースに加入し、同年の第67回国民体育大会(岐阜国体)の地区予選では、井手口陽介とボランチを組み大阪府代表として全国出場を果たした。全国大会では準決勝まで勝ち進んだが、ジュニアユースのチームメイトであった米澤令衣が所属する兵庫県代表に延長PK戦(サドンレス)の末敗れ3位となった。3年では背番号7をつけ特徴的なドリブルを武器にする攻撃的レフティとして活躍し、市丸瑞希らともボランチを組みチームを引っ張った。

2014年4月、トップチームに2種登録選手として登録されサテライトの数試合に出場した。2014年10月、2015年シーズンからのトップチーム昇格内定が発表された[2](同期昇格は林瑞輝妹尾直哉平尾壮)。

2014年プレミアリーグWESTリーグでは2位、同年のクラブユース選手権では8位の成績を収めた。また、同年12月に行われたJユースカップ決勝(鹿島アントラーズユース戦)では、直前の練習で負った骨折の影響で出場できずチームは準優勝に終わった。

ガンバ大阪[編集]

プロ初年度の2015年は、ユースで負った怪我の影響で暫くリハビリが続いたが 、同年の9月に復帰しナビスコカップの試合にベンチ入りした[3]。また、同年のJリーグ・アンダー22選抜にも 選手登録 されたが、怪我の影響で招集は見送られている。この年は、怪我のリハビリや成長痛の治療等に多くの時間を費やすこととなった。

2016年は怪我も回復しこれからという年であったが、2月の宮崎キャンプのFCソウル(韓国)との練習試合で左足にファウルを受け、左膝内側副靱帯を損傷し全治8週間の怪我を負った[4]。この年よりガンバ大阪U-23として参戦したJ3リーグでの第3節カターレ富山戦で公式戦初出場し復帰を果たした。その後、怪我も完治し、J3リーグ19試合に出場した。

2017年は、ガンバ大阪U-23として3月12日に行われたJ3リーグ開幕戦 ガイナーレ鳥取戦に右ウイングで先発出場した。J3リーグ第5節 AC長野パルセイロ戦からは、チーム事情により左サイドバックや左ウイングバック、センターバックで出場し攻守にわたるヘディングの強さや展開を変える高精度のパスを出す選手としてチームを牽引した。また、2017年11月11日のJ3第31節 Y.S.C.C.横浜戦で初ゴールを達成し28試合に出場した。

グルージャ盛岡[編集]

2018年よりグルージャ盛岡に完全移籍で加入[5][1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 G大阪 28 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 盛岡 14 J3 -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 0 0 0 0 0 0 0 0
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 G大23 28 J3 19 0 19 0
2017 28 1 28 1
通算 日本 J3 47 1 47 1
総通算 47 1 47 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2015 G大阪 28 0 0
2016 0 0
2017 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース
ガンバ大阪

脚注[編集]

  1. ^ a b c “嫁阪 翔太選手 グルージャ盛岡へ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2017年12月26日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/7093/ 2018年9月3日閲覧。 
  2. ^ ガンバ大阪ユース GK林瑞輝選手・MF嫁阪翔太選手・MF妹尾直哉選手・FW平尾壮選手が2015シーズン新加入選手として仮契約 - ウェイバックマシン(2014年10月20日アーカイブ分) ガンバ大阪オフィシャルサイト、2014年10月20日
  3. ^ 2015Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝 第1戦:ガンバ大阪vs名古屋グランパス”. 名古屋グランパス (2015年9月3日). 2018年9月3日閲覧。
  4. ^ “嫁阪選手の怪我について” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年2月10日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/3941/ 2018年9月3日閲覧。 
  5. ^ 【チーム】嫁阪翔太選手 完全移籍加入のお知らせ グルージャ盛岡(2017年12月26日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]