伊藤敦樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 敦樹 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イトウ アツキ
ラテン文字 ITO Atsuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-08-11) 1998年8月11日(23歳)
出身地 埼玉県浦和市(現さいたま市緑区
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 浦和レッズ
ポジション MF / DF
背番号 3
利き足 右足
ユース
浦和レッズジュニアユース
浦和レッズユース
2017-2020 流通経済大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2021- 浦和レッズ 36 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

伊藤 敦樹(いとう あつき、1998年8月11日 - )は埼玉県浦和市(現さいたま市緑区)出身のサッカー選手J1リーグ浦和レッズ所属。ポジションはミッドフィールダーディフェンダー

略歴[編集]

プロ入り前[編集]

浦和レッズのアカデミーで6年間育成され、ユースではトップ下など主に攻撃的MFとしてプレーしたが、トップチームには昇格できず流通経済大学へ進学(同期に加藤千尋アピアタウィア久野々村鷹人[1]。大学ではゲームメイクを持ち味にボランチとしてプレーして1年時から頭角を現し、U-19全日本大学選抜EASTに選出されてアジア大学サッカートーナメントにてMVPを受賞。チーム事情もあり2年次の夏からはサイドバック、3年次の後期からはセンターバックとしてもプレーして守備力も磨いた[2][3][4][5]。2019年の天皇杯では2回戦で浦和レッズとの対戦が実現し、同試合にスタメン出場した[6]。4年時にはチームの主将を務め、エースナンバーの背番号10を背負った。2020年6月、2021年シーズンからの浦和加入内定、および特別指定選手指定が発表された[7]

浦和レッズ時代[編集]

2021年、正式に浦和レッズへ加入。2月27日、J1リーグ開幕戦のFC東京戦でスタメン&フル出場し、プロデビューを飾った[8]。5月5日、ルヴァンカップ・グループステージの柏レイソル戦でプロ初ゴールを決めた[9]。11月20日、第36節の横浜F・マリノス戦でJ1初ゴールを決めた[10]

人物[編集]

さいたま市の浦和駒場スタジアムから徒歩10分のところで生まれ育ち、小学1年の頃からレッズサポーターの両親とともに家族でホームアウェー問わずスタジアムへ足を運んでゴール裏で応援し、2007年のACL初制覇の時も決勝のスタンドに駆けつけた。練習を見に大原サッカー場へ通い、選手の出待ちをして貰った自身の名前入りのサイン色紙を家に30枚以上飾っていた[2][4]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2018 流経大 28 - - 1 0 1 0
2019 13 - - 2 0 2 0
2021 浦和 17 J1 36 1 12 2 5 0 53 3
2022 3
通算 日本 J1 36 1 12 2 5 0 53 3
日本 - - 3 0 3 0
総通算 36 1 12 2 8 0 56 3
  • 2020年 特別指定選手としての公式戦出場無し

タイトル[編集]

クラブ[編集]

浦和レッズジュニアユース
浦和レッズユース
流通経済大学
浦和レッズ

個人[編集]

  • 関東大学サッカーリーグ戦2部 ベストイレブン:1回(2020年)

選抜歴[編集]

  • 2017年 U-19全日本大学選抜
  • 2020年 関東大学選抜A

脚注[編集]

  1. ^ 強者たちが流通経済大で挑戦、新入部員に流経大柏10番MF本田、MF関、東邦CBアピアタウィア、綾羽CB野々村、新潟FW堀ら”. ゲキサカ (2017年2月25日). 2021年1月16日閲覧。
  2. ^ a b 安藤隆人 (2020年6月25日). “「レッズ以外の選択肢はなかった」駒場育ちの流経大MF伊藤敦樹が掴んだ念願の浦和入団内定と“恩師”大槻監督への想い”. サッカーダイジェストWeb. http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=75269 2021年7月10日閲覧。 
  3. ^ 伊藤敦樹 (2020年12月17日). 【NEXTSTARS連載】「次は自分が中心となって、全国制覇をしたい」|伊藤敦樹(流通経済大). インタビュアー:竹中玲央奈. サッカーキング.. http://www.soccer-king.jp/news/youthstudent/univ/20201217/1149424.html 2021年7月10日閲覧。 
  4. ^ a b 杉園昌之 (2021年1月22日). ““浦和っ子”の伊藤敦樹と「覚悟」を示した大久保智明、大卒コンビの誓い”. 浦和レッズニュース. http://news.line.me/issue/oa-urawaredsnews/vfw96h78l76w 2021年7月10日閲覧。 
  5. ^ 飯尾篤史 (2021年2月19日). “必ずレッズに戻る。そう誓った伊藤敦樹を勇気づけた2人の欧州組の存在とは”. 浦和レッズニュース. http://news.line.me/issue/oa-urawaredsnews/jgm2067mjk3h 2021年7月10日閲覧。 
  6. ^ 関東リーグ最下位の流経大に大苦戦…前回王者の浦和、エヴェルトンV弾で辛くも初戦突破”. ゲキサカ (2019年7月3日). 2021年1月16日閲覧。
  7. ^ “流通経済大学 伊藤敦樹選手 2021シーズン新加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2020年6月25日), http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/%E6%B5%81%E9%80%9A%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%A4%A7%E5%AD%A6-%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%95%A6%E6%A8%B9%E9%81%B8%E6%89%8B-2021%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3%E6%96%B0%E5%8A%A0%E5%85%A5%E5%86%85%E5%AE%9A/ 2021年1月16日閲覧。 
  8. ^ 大卒ルーキーが開幕スタメンに抜擢!! 「小さい頃からの夢」を叶えた浦和MF伊藤敦樹”. ゲキサカ (2021年2月27日). 2021年2月27日閲覧。
  9. ^ 浦和レッズ、後半ATの2点で追いついて柏レイソルと3-3ドロー。大混戦のまま最終節へ【ルヴァンカップ第5節】”. フットボールチャンネル (2021年5月5日). 2021年5月6日閲覧。
  10. ^ 浦和、ルーキーMF伊藤敦樹がJ1初ゴール! DF酒井宏樹も復帰し、横浜Mに2―1勝利スポーツ報知(2021年11月20日)2021年11月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]