武藤嘉紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武藤 嘉紀 Football pictogram.svg
Yoshinori Muto.jpg
名前
愛称 よっち[1][2]
カタカナ ムトウ ヨシノリ
ラテン文字 MUTO Yoshinori
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-07-15) 1992年7月15日(28歳)
出身地 東京都世田谷区[3]
身長 179cm[4]
体重 72kg[4]
選手情報
在籍チーム スペインの旗 SDエイバル
ポジション MF[3] / FW[5]
背番号 12
利き足 右足[1]
ユース
バディSC
2005-2007 FC東京U-15深川
2008-2010 FC東京U-18
2011-2013 慶應義塾大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2015 日本の旗 FC東京 51 (23)
2015-2018 ドイツの旗 1.FSVマインツ05 66 (20)
2018- イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッドFC 25 (1)
2020- スペインの旗 SDエイバル(loan) 22 (1)
代表歴2
2014- 日本の旗 日本 29 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年9月16日現在。
2. 2019年2月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

武藤 嘉紀(むとう よしのり、1992年7月15日 - )は、東京都世田谷区出身の日本サッカー選手ポジションMFFW[6]プリメーラ・ディビシオンSDエイバル所属。日本代表慶應義塾大学経済学部[7]卒業。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

3歳でバディスポーツ幼児園[注 1]に入園後、4歳でバディサッカークラブに入部し、本格的にサッカーを始める[8][1][9]。その後、小学校の6年間は同クラブで活躍し、6年生の時にはキャプテンを務める。

小学校4年時よりFC東京のスクールへも通い[10]2005年に中学校進学時から[注 2]同クラブ下部組織に加入した。このときの同期には高木利弥(中学校も同じ[11])、上形洋介江口貴俊佐々木陽次廣木雄磨松藤正伸三浦龍輝がいる。この頃から攻撃的MF(サイドハーフ)でプレーするようになった[9][8]2007年のU-15高円宮杯で全国大会得点ランキング2位に輝いたことなどが評価され[12][9]2008年よりU-15からU-18へ昇格。脚力とフィジカルの強さを買われ[13]、U-18ではサイドバックでも起用された[8][14]。攻撃的MFに戻った2010年(3年時)には[15]パワーを活かした仕掛けを武器に[16]エースとして活躍した[15][10]。この年、2種登録選手としてトップチームに登録されている[17]。翌年からのトップチーム昇格を打診されていたが[18][12]、「今、プロの世界に飛び込んでもやっていけない」という判断のもと、大学進学を選択した[19][14]

2011年慶應義塾大学経済学部へ進学し、ソッカー部に所属。1年時から7試合で6得点というハイペースで得点を量産するも[20]試合中の接触により左膝半月板を損傷[21]。目標としていた新人王[19]及び得点王の獲得を逃した[12]。復帰後はチームプレーに重きを置きつつも、要所で得点に絡み、同部での中心選手となった[22]2012年6月、ユース時代を過ごした古巣FC東京特別指定選手として登録され[23][24]練習に参加した。2013年3月に行われたデンソーカップチャレンジサッカーでは、関東大学選抜Aとして出場し、2年生で唯一ベストイレブンに選出された[25]。その活躍が認められて[22]同月の全日本大学選抜に選出され、ドイツキャンプ及びデンソーカップサッカー日韓大学定期戦に参加した[26][27]。同年7月、前年に続いてFC東京に特別指定選手として登録されると[3][28]同月6日のJ1第14節広島戦で途中出場し、Jリーグデビューを果たした。

FC東京[編集]

2014年からFC東京へ正式に加入した[29]。サッカー部監督の須田芳正からもプロ入りを後押しされ[注 3]、内部進学であったことから3年次で円滑に退部することが出来[32][33]、在学のままプロ契約を結んだ[34][35][7]

同年J1第1節の対柏レイソル戦にて、FC東京の新人選手では2008年長友佑都以来となるJリーグ開幕戦での先発出場[35]を果たし、3トップの左ウイングとして相手の守備網と互角の勝負を演じた[36]。運動量[37]とスピード[38][39]を活かし、2トップの一角やサイドハーフでの起用にも順応を見せた上[40][39]、ドリブル突破による[41][39]1対1での打開力[42]を発揮してJ1第21節浦和戦でシーズン7得点目を挙げ、クラブの新人最多得点記録を更新した[注 4][43]プレッシャーの高まりや疲労の蓄積[44][45]、FW平山相太の負傷離脱によるポストプレーの負担の増加が重なり[46]シーズン終盤には得点のペースを落としたが、J1第31節の対名古屋グランパスエイト戦でのゴールにより、渡邉千真が持つリーグ新人最多記録の13得点に並んだ[47]。同年12月、新人では小野伸二中澤佑二に次いで15年ぶり史上3人目となる[48]Jリーグベストイレブン選出を果たした。

武藤の心身の消耗を憂慮していた[45]FC東京GM立石敬之から賛同を得られず、志望した冬季の海外移籍はならなかったが[49]2015年夏季の海外移籍を視野に契約を更新し[45]、Jリーグでの登録をFWに変更した。開幕戦から得点を重ね、3月度の月間MVPを受賞した[50]。J1第15節の対松本山雅FC戦で同シーズン通算10得点目を決めた。デビューから2年連続での二桁得点は城彰二以来となるJリーグ史上2人目の快挙となった[51][52]第1ステージ最終節の対清水エスパルス戦では得点こそ無かったものの、ドリブルで4人のマーカーを引きつけながら前田遼一の得点をアシストし[53]、FC東京での最後の試合を勝利で飾った。

1.FSVマインツ05[編集]

2015年、マインツ入団時

FC東京からの移籍容認に十分な活躍を続けたことで[52]2015年3月にはイングランド・プレミアリーグチェルシーFCから[54]、翌4月にはドイツ・ブンデスリーガ1.FSVマインツ05からそれぞれ移籍のプランを提示された。熟慮の末[55][56]、来日したクリスティアン・ハイデルGMから直接高評価を伝えるなど[57][58]、本人曰く「誠意を見せてくれて必要としてくれた」[55][59]マインツを選択し、5月30日にFC東京から同クラブへの移籍が発表された[56]。契約期間は2019年6月末までの4年間[60][61]。移籍金は非公表ながら[60]推定300万ユーロ(4億円)とされ[62][63][注 5]、立石GMによれば、マインツの提示額は武藤にオファーを出した4クラブの中で最安値でありFC東京の想定を下回っていたが、活躍度合や別クラブへの売却時には額を上乗せできる付帯条項を設けることで合意に至った[64]8月10日DFBポカール1回戦エネルギー・コットブス戦でマインツ移籍後の公式戦に初出場し、同月15日にブンデスリーガ開幕節のインゴルシュタット戦に途中出場してリーグ戦デビューを果たした。自身も志望していた[65][66]サイドでのプレーが中心になると目されていたが[67]、スピードを買われて[68]1トップで移籍後初の先発出場となった第2節ボルシアMG戦では懸命な奔走で攻守に貢献し[69]、第3節ハノーファー戦では移籍後初ゴールを含む2得点1アシストを記録[67]。当初マルティン・シュミット監督は対戦相手に応じて1トップを使い分けるとしていたが[70]、武藤の献身的な前線からの守備と[67]ドイツの巨漢DFとの競り合いを厭わない姿勢を賛辞し[71]、他のFW陣の不振も重なって[72]武藤を1トップで起用し続けた。第11節アウクスブルク戦では自身プロ初のハットトリックを決めてマン・オブ・ザ・マッチに選出され[73]高原直泰以来ブンデスリーガでハットトリックを決めた2人目の日本人選手となった[74]。2016年2月6日、ブンデスリーガ第20節ハノーファー戦で右膝外側側副靱帯を部分断裂[75]。3月下旬に練習に復帰するも、練習中に別箇所の右膝同靭帯を損傷[75][76]。治療に専念するために帰国し[77]、2015-16シーズンを終えた。

2016年8月17日、ブンデスリーガ開幕戦のボルシア・ドルトムント戦で途中出場から今シーズン初得点を決めた[78]。9月29日、欧州ELの第2節ガバラFKヨーロッパリーグ初得点を記録した。しかし、この試合で右膝を負傷[79]。2017年1月22日、第17節の1.FCケルン戦で約4カ月ぶりの復帰を果たした[80]

2017年8月12日、DFBポカール1回戦のリューネブルガーSK1で新シーズン初得点を含む2得点を決めた[81]。9月9日、第3節のバイエル・レヴァークーゼン戦で今季リーグ戦初得点を決めた[82]。5月5日、第33節のボルシア・ドルトムント戦では残留を決める得点を決めて勝利に貢献した。

ニューカッスル・ユナイテッドFC[編集]

2018年7月27日、プレミアリーグニューカッスル・ユナイテッドFCが武藤の獲得についてマインツ側と合意したことを発表した[83]。既にメディカルチェックを済ませ、イギリスの労働許可証の取得だけが残っていたが、 8月2日、労働許可証取得とニューカッスルへの移籍が正式に決定したことが発表された。契約期間は4年[84]。開幕節のトッテナム戦に途中出場しリーグ戦デビューを果たした。第8節のマンチェスター・ユナイテッドFC戦でリーグ戦初先発を果たすとイギリスでの初得点を挙げ、プレミアリーグでゴールした6人目の日本人選手となった[85]。しかし、イングランド1年目はこの1ゴールのみでシーズンを終えた。

2019-20シーズンのプレシーズンマッチには新監督のスティーヴ・ブルースから称賛されていたものの[86]、開幕戦はベンチスタート。その後も同じ状況が続き、8月末には武藤がブルースの戦術を批判する[87]など確執が生じはじめる。やがては新加入のジョエリントンやレンタル先から復帰したドワイト・ゲイルにも遅れをとり、第8節のマンチェスター・ユナイテッドFC戦以降は完全にポジションを失い、事実上の構想外状態となった[88]。同シーズンは8月28日に行われたカラバオカップ(リーグ杯)レスター・シティFC戦の1得点のみにとどまり、リーグ戦では8試合ノーゴールに終わった。

SDエイバル[編集]

シーズン終了後に古巣マインツの他、1.FCケルンFCアウクスブルクアルミニア・ビーレフェルトなどかつてプレーしていたブンデスリーガのチームが獲得に興味を示していると報じられたが[89]、2020年9月16日にプリメーラ・ディビシオン所属のSDエイバルへ1年間の期限付き移籍が発表された。背番号は「12」[90][91]。11月30日、リーグ第11節のベティス戦でラ・リーガ初ゴールを決めブンデスリーガ、プレミアリーグ、ラ・リーガのヨーロッパ3リーグでゴールを奪った初の日本人になった[92][93]

日本代表[編集]

2014年9月、キリンチャレンジカップ2014に臨む日本代表に招集され[94][注 6]、5日のウルグアイ戦で国際Aマッチ初出場を果たし、同月9日のベネズエラ戦で初得点を決めた。

2015年1月開催のAFCアジアカップ2015においては、パレスチナ戦で相手プレーヤーの退場を誘発する働きを見せた他[97]ヨルダン戦では香川真司の得点をアシストした[98][99]。3トップ全ての位置で起用され、スーパーサブとしての[99]役割をこなした。しかし、準々決勝のUAE戦では決定機でシュートを外すなど精彩を欠き[100][101]チームも敗退。個人としても大会を通じ無得点に終わった。

2018年6月、ロシアワールドカップのメンバーに選出され、第3節のポーランド戦でW杯初出場を果たした[102]

2019年1月、AFCアジアカップ2019のメンバーに選出され、グループリーグ第3戦のウズベキスタン戦で、約3年3カ月ぶりの代表での得点を挙げた[103]

人物[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 FC東京 40 J1 1 0 - - 1 0
2014 14 33 13 5 1 1 0 39 14
2015 17 10 5 2 - 22 12
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2015-16 マインツ 9 ブンデス1部 20 7 - 1 0 21 7
2016-17 19 5 - 0 0 19 5
2017-18 27 8 - 3 2 30 10
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2018-19 ニューカッスル 13 プレミア 17 1 1 0 0 0 18 1
2019-20 8 0 1 1 1 0 10 1
2020-21 27 0 0 0 0 - 0 0
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2020-21 エイバル 12 プリメーラ 22 1 -
通算 日本 J1 51 23 10 3 1 0 62 26
ドイツ ブンデス1部 66 20 - 4 2 70 22
イングランド プレミア 25 1 1 0 0 0 18 1
スペイン プリメーラ -
総通算 133 44 11 3 5 2 150 49
  • 2010年は2種登録選手としての試合出場は無し
  • 2012年、2013年は特別指定選手
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
UEFA ELUEFA EL
2016-17 マインツ 9 2 1
通算 UEFA 2 1
出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

FC東京U-18

個人[編集]

慶應義塾大学
FC東京

日本代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 29試合 3得点(2014年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2014 6 1
2015 12 1
2016 1 0
2017 2 0
2018 4 0
2019 4 1
通算 29 3

出場[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会
1. 2014年9月5日 日本の旗札幌 札幌ドーム ウルグアイの旗 ウルグアイ ●0-2 アギーレ キリンチャレンジカップ2014
2. 2014年9月9日 日本の旗横浜 横浜国際総合競技場 ベネズエラの旗 ベネズエラ ○3-0 アギーレ キリンチャレンジカップ2014
3. 2014年10月10日 日本の旗新潟 デンカビックスワンスタジアム ジャマイカの旗 ジャマイカ ○1-0 アギーレ キリンチャレンジカップ2014
4. 2014年10月14日 シンガポールの旗カラン シンガポール・ナショナルスタジアム ブラジルの旗 ブラジル ●0-4 アギーレ 国際親善試合
5. 2014年11月14日 日本の旗豊田 豊田スタジアム ホンジュラスの旗 ホンジュラス ○6-0 アギーレ キリンチャレンジカップ2014
6. 2014年11月18日 日本の旗大阪 ヤンマースタジアム長居 オーストラリアの旗 オーストラリア ○2-1 アギーレ キリンチャレンジカップ2014
7. 2015年1月12日 オーストラリアの旗ニューカッスル ニューカッスル・スタジアム パレスチナの旗 パレスチナ ○4-0 アギーレ AFCアジアカップ2015
8. 2015年1月16日 オーストラリアの旗ブリスベン ブリスベン・スタジアム イラクの旗 イラク ○1-0 アギーレ AFCアジアカップ2015
9. 2015年1月20日 オーストラリアの旗メルボルン メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム ヨルダンの旗 ヨルダン ○2-0 アギーレ AFCアジアカップ2015
10. 2015年1月23日 オーストラリアの旗シドニー スタジアム・オーストラリア アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 ●1-1(PK4-5) アギーレ AFCアジアカップ2015
11. 2015年3月27日 日本の旗大分 大分スポーツ公園総合競技場 チュニジアの旗 チュニジア ○2-0 ハリルホジッチ キリンチャレンジカップ2015
12. 2015年6月11日 日本の旗横浜 日産スタジアム イラクの旗 イラク ○4-0 ハリルホジッチ キリンチャレンジカップ2015
13. 2015年6月16日 日本の旗さいたま 埼玉スタジアム2002 シンガポールの旗 シンガポール △0-0 ハリルホジッチ 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップUAE予選
14. 2015年9月3日 日本の旗さいたま 埼玉スタジアム2002 カンボジアの旗 カンボジア ○3-0 ハリルホジッチ 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップUAE予選
15. 2015年9月8日 イランの旗テヘラン アザディスタジアム アフガニスタンの旗 アフガニスタン ○6-0 ハリルホジッチ 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップUAE予選
16. 2015年10月8日 オマーンの旗マスカット シーブ・スタジアム シリアの旗 シリア ○3-0 ハリルホジッチ 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップUAE予選
17. 2015年10月13日 イランの旗テヘラン アザディスタジアム イランの旗 イラン △1-1 ハリルホジッチ 国際親善試合
18. 2015年11月12日 シンガポールの旗カラン シンガポール国立競技場 シンガポールの旗 シンガポール ○3-0 ハリルホジッチ 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップUAE予選
19. 2016年9月6日 タイ王国の旗バンコク ラジャマンガラ・スタジアム タイ王国の旗 タイ ○2-0 ハリルホジッチ 2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選
20. 2017年10月6日 日本の旗豊田 豊田スタジアム ニュージーランドの旗 ニュージーランド ○2-1 ハリルホジッチ キリンチャレンジカップ2017
21. 2017年10月10日 日本の旗横浜 日産スタジアム ハイチの旗 ハイチ △3-3 ハリルホジッチ キリンチャレンジカップ2017
22. 2018年5月30日 日本の旗横浜 日産スタジアム ガーナの旗 ガーナ ●0-2 西野朗 キリンチャレンジカップ2018
23. 2018年6月8日 スイスの旗ルガーノ スタディオ・コルナレド スイスの旗スイス ●0-2 西野朗 国際親善試合
24. 2018年6月12日 オーストリアの旗インスブルック チボリ・シュタディオン パラグアイの旗 パラグアイ ○4-2 西野朗 国際親善試合
25. 2018年6月28日 ロシアの旗ヴォルゴグラード ヴォルゴグラード・アリーナ ポーランドの旗 ポーランド ●0-1 西野朗 2018 FIFAワールドカップ
26. 2019年1月13日 アラブ首長国連邦の旗アブダビ ザイード・スポーツシティ・スタジアム オマーンの旗 オマーン ○1-0 森保一 AFCアジアカップ2019
27. 2019年1月17日 アラブ首長国連邦の旗アル・アイン ハリファインターナショナルスタジアム ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン ○2-1 森保一 AFCアジアカップ2019
28. 2019年1月21日 アラブ首長国連邦の旗シャルジャ シャルジャ・スタジアム サウジアラビアの旗 サウジアラビア ○1-0 森保一 AFCアジアカップ2019
29. 2019年2月1日 アラブ首長国連邦の旗アブダビ ザイード・スポーツシティ・スタジアム カタールの旗 カタール ●1-3 森保一 AFCアジアカップ2019

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2014年9月9日 日本横浜 ベネズエラの旗 ベネズエラ △2-2 キリンチャレンジカップ2014
2. 2015年10月13日 イランテヘラン イランの旗 イラン △1-1 国際親善試合
3. 2019年1月17日 アラブ首長国連邦アル・アイン ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン ○2-1 AFCアジアカップ2019

関連情報[編集]

出演[編集]

CM

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 武藤のほかに、女優・土屋太鳳、男子マラソン川内優輝もバディの出身者。
  2. ^ FC東京は小学生を対象とするジュニアチームを保有していない。
  3. ^ 須田は、2013年6月に武藤がハットトリックを含む別格の活躍をした中央大学[30]を受けて「ここに置いておくのは日本サッカーのためにならないと思った」旨述懐している[31]
  4. ^ 2003年に阿部吉朗が6得点を記録。
  5. ^ 報道により前後[57][58]
  6. ^ 慶應義塾大学出身者のA代表選出は反町康治以来23年ぶり[95]。これにより、年度末には同学より小泉体育奨励賞を受賞[96]
出典
  1. ^ a b c よっち『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』三栄書房、2014年、66頁。
  2. ^ 山形日高猛アピール 慶大後輩武藤に刺激 日刊スポーツ (2014年9月13日)
  3. ^ a b c d e f g h 武藤嘉紀選手(慶應義塾大学)「JFA・Jリーグ特別指定選手」承認のお知らせ FC東京 (2013年7月3日)
  4. ^ a b 2018 FIFA World Cup Russia: List of players 国際サッカー連盟
  5. ^ a b 選手データ 関東大学サッカー連盟
  6. ^ 武藤所属のニューカッスル、新指揮官にスティーヴ・ブルース氏が就任か”. サッカーキング (2019年7月12日). 2020年7月15日閲覧。
  7. ^ a b お目当ては武藤!? アギーレ監督、またFC東京視察へ サンケイスポーツ (2014年8月23日)
  8. ^ a b c ユース選手紹介 (武藤嘉紀) 東京中日スポーツ 2010年[リンク切れ]
  9. ^ a b c d e ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.37カンゼン、2015年、4-9頁。
  10. ^ a b 【試合詳報】負けず嫌いの慶応ボーイ イケメンだけど上半身ムキムキ 東京中日スポーツ (2014年8月24日)
  11. ^ a b 【山形】新加入・高木琢Jr.運動量で父超える! - ウェイバックマシン(2015年1月31日アーカイブ分) スポーツ報知 (2015年1月31日)
  12. ^ a b c 特別企画 光を求めて/慶應義塾体育会ソッカー部 武藤嘉紀 動楽者 (2012年3月26日)
  13. ^ 高校MOM8 F東京U-18DF武藤嘉紀(2年) 攻撃力で千葉沈める ゲキサカ (2009年5月6日)
  14. ^ a b 【全40クラブ戦力分析レポ:F東京】 J's GOAL (2014年2月25日)
  15. ^ a b MOM243 F東京U-18MF武藤嘉紀(3年) 無敗のチーム救う一撃 ゲキサカ (2010年5月17日)
  16. ^ MOM370 F東京U-18MF武藤嘉紀 パワフルな仕掛けで決勝弾 ゲキサカ (2010年12月23日)
  17. ^ a b 登録選手追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ、2010年6月4日
  18. ^ MOM137 慶應義塾大MF武藤嘉紀(1年) エース不在の危機救ったスーパールーキー ゲキサカ (2011年5月22日)
  19. ^ a b 【サッカー男子】開幕前取材、第3弾 武藤嘉紀編 KEIO SPORTS PRESS、2011年5月3日
  20. ^ 2011得点ランキング 関東大学サッカー連盟 (2011年12月4日)
  21. ^ 武藤 アギーレ・ジャパン第1号ゴール! エース候補に名乗り スポーツニッポン (2014年9月10日)
  22. ^ a b 【ソッカー男子】開幕特集第五弾・武藤嘉紀 KEIO SPORTS PRESS (2013年4月5日)
  23. ^ 武藤嘉紀選手(慶應義塾大学)「JFA・Jリーグ特別指定選手」承認のお知らせ FC東京 (2012年6月26日)
  24. ^ 2012年JFA・Jリーグ特別指定選手 (6月26日付承認) 日本サッカー協会 (2012年6月26日)
  25. ^ a b 第27回デンソーカップチャレンジサッカー島原大会 最優秀選手・ベストイレブン (PDF) 全日本大学サッカー連盟 (2013年3月4日)
  26. ^ 全日本大学選抜ドイツキャンプ&日韓戦に行ってきました! 慶應義塾体育会ソッカー部
  27. ^ 公式記録 DENSO CUP SOCCER 第10回大学日韓(韓日)定期戦 (PDF) 全日本大学サッカー連盟 (2013年3月26日)
  28. ^ 2013年JFA・Jリーグ特別指定選手 (7月2日付承認) 日本サッカー協会 (2013年7月3日)
  29. ^ 武藤嘉紀選手(慶應義塾大学)来季新加入内定のお知らせ FC東京 (2013年12月12日)
  30. ^ アミノバイタルカップ準決勝 慶應義塾大学vs中央大学 マッチレポート CS PARK (2013年6月8日)
  31. ^ a b c d Sports Graphic Number No.866』文藝春秋、2014年、67-71頁。
  32. ^ 川端暁彦『Jの新人』東邦出版、2014年、161頁。
  33. ^ 武藤嘉紀 FC東京来季新加入内定のお知らせ 慶應義塾体育会ソッカー部
  34. ^ FC東京 慶大生・武藤と契約へ 異例“長友ルート”でのプロ入り スポーツニッポン (2013年12月6日)
  35. ^ a b 慶應ボーイの東京武藤が開幕デビュー 日刊スポーツ (2014年3月1日)
  36. ^ 開幕スタメンのルーキー武藤「最初はどうなるかと思った」 ゲキサカ (2014年3月1日)
  37. ^ 【J1:第16節 新潟 vs F東京】マッシモフィッカデンティ監督(F東京)記者会見コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2014年7月23日)
  38. ^ FC東京 イケメンFW武藤が決勝弾! 新生日本代表入りへ存在感 スポーツニッポン (2014年7月24日)
  39. ^ a b c d アギーレ日本秘密兵器は慶大イケメン武藤 日刊スポーツ (2014年8月19日)
  40. ^ FC東京・武藤嘉紀と川崎・谷口彰悟。アギーレ監督に推したい2人のJ選手。 Number Web (2014年8月15日)
  41. ^ 大学生武藤 光る2発 代表監督前で爽快プレー 東京新聞 (2014年8月24日)
  42. ^ 東京武藤がアギーレ監督御前で2発! 日刊スポーツ (2014年8月24日)
  43. ^ 【F東京】武藤2発! 視察アギーレ監督に猛アピール スポーツ報知 (2014年8月24日)
  44. ^ 【J1:第34節 F東京 vs 横浜FM】試合終了後の各選手コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2014年12月6日)
  45. ^ a b c 意志あるところに道は開ける――。欧州挑戦を決めた武藤の思い。FC東京・立石GMが語る移籍の真実 (2/5) フットボールチャンネル (2015年7月25日)
  46. ^ 週刊サッカーダイジェストNo.1316』日本スポーツ企画出版社、2014年、29頁。
  47. ^ a b 武藤13発新人最多タイ史上初得点王に2差 日刊スポーツ (2014年11月3日)
  48. ^ 武藤 小野&中沢以来3人目、15年ぶり新人でのベスト11選出 スポーツニッポン (2014年12月10日)
  49. ^ 意志あるところに道は開ける――。欧州挑戦を決めた武藤の思い。FC東京・立石GMが語る移籍の真実 (1/5) フットボールチャンネル (2015年7月25日)
  50. ^ a b 3月度の「明治安田生命Jリーグ コカ・コーラ 月間MVP」決定 明治安田生命J1:武藤 嘉紀選手 (FC東京) 明治安田生命J2:パウリーニョ選手 (ジェフユナイテッド千葉) Jリーグ (2015年4月10日)
  51. ^ FC東京・武藤、城彰二以来20年ぶり2年連続2桁得点! J史上2人目の快挙 サンケイスポーツ (2015年6月7日)
  52. ^ a b 意志あるところに道は開ける――。欧州挑戦を決めた武藤の思い。FC東京・立石GMが語る移籍の真実 (3/5) フットボールチャンネル (2015年7月25日)
  53. ^ 武藤嘉紀 国内ラスト戦でアシスト ドリブルで4人引きつけ前田にパス デイリースポーツ (2015年6月27日)
  54. ^ 武藤チェルシー断りブンデスへ 出場機会を重視 日刊スポーツ (2015年5月12日)
  55. ^ a b 東京武藤マインツ弾…地震中断も冷静PKで置き土産 日刊スポーツ (2015年5月31日)
  56. ^ a b c 武藤嘉紀選手 マインツへ完全移籍合意のお知らせ FC東京 (2015年5月30日)
  57. ^ a b マインツGMが武藤獲得へ「8時間来日」ドイツメディアが舞台裏を明かす goal (2015年5月26日)
  58. ^ a b 武藤マインツ「出られるところ」で決断今日にも発表 日刊スポーツ (2015年5月30日)
  59. ^ 意志あるところに道は開ける――。欧州挑戦を決めた武藤の思い。FC東京・立石GMが語る移籍の真実 (5/5) フットボールチャンネル (2015年7月25日)
  60. ^ a b 武藤のマインツ移籍が決定 ブンデスリーガ (2015年5月30日)
  61. ^ Mainz 05 verpflichtet Yoshinori Muto(ドイツ語)1.FSVマインツ05 (2015年5月30日)
  62. ^ 武藤嘉紀の移籍金4億円から考える。「売れる」ようになった日本、次は? Number Web (2015年6月10日)
  63. ^ 武藤のマインツ入り前進 FC東京すでに移籍金4億円で大筋合意 (3/3) サンケイスポーツ (2015年5月13日)
  64. ^ フットボール批評 ISSUE07』カンゼン、2015年、59頁。
  65. ^ ドイツで急成長の武藤がハリルJに与える化学反応 THE PAGE (2015年9月1日)
  66. ^ 不動の代表1トップ岡崎の牙城に迫るか 武藤がマインツで切り開く新境地 (2/2) フットボールゾーンWEB (2015年9月2日)
  67. ^ a b c 週刊 武藤嘉紀:チームの理想形に合致するプレースタイル J:COM (2015年9月16日)
  68. ^ マインツ武藤 今季初先発へ! FWでの起用を指揮官が示唆 スポーツニッポン (2015年8月23日)
  69. ^ マインツに「武藤フィーバー」ドイツ紙が称賛 日刊スポーツ (2015年8月25日)
  70. ^ 週刊 武藤嘉紀:ドイツ王者との初対戦 J:COM (2015年9月30日)
  71. ^ ドイツで輝く新星! ブンデス公式サイトが14試合7得点のマインツ武藤を、5年前の香川の再現と絶賛 フットボールゾーンWEB (2015年11月29日)
  72. ^ 現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「苦闘する武藤。危機的状況のチームの中で」 サッカーダイジェスト (2015年10月27日)
  73. ^ 武藤、マインツ救ったプロ初のハットトリックで同点 日刊スポーツ (2015年11月2日)
  74. ^ 高原以来の快挙…武藤がブンデスで日本人2人目のハット ゲキサカ (2015年11月1日)
  75. ^ a b 武藤嘉紀が再び負傷、残り全休の可能性も kicker (2016年3月31日)
  76. ^ 武藤嘉紀が今季絶望的 復帰目前でまた靱帯損傷 日刊スポーツ (2016年4月1日) 2016年4月29日閲覧
  77. ^ 武藤嘉紀、日本で治療へ kicker (2016年4月6日)
  78. ^ 2強が順当勝ち 武藤がドルト相手に開幕ゴール、宇佐美は途中出場/ブンデス第1節 サッカーキング (2016年8月28日) 2016年9月5日閲覧
  79. ^ 武藤嘉紀が日本代表辞退へ 右膝負傷で全治1カ月 日刊スポーツ (2016年10月1日) 2017年1月26日閲覧
  80. ^ 復帰のマインツ武藤「休んだ分、結果にこだわる」 日刊スポーツ (2017年1月24日) 2017年1月26日閲覧
  81. ^ 武藤、2ゴール&全得点絡みMVP「非常にいい」日刊スポーツ(2017年8月10日)
  82. ^ 武藤嘉紀、今季リーグ初ゴール! マインツが逆転でレバークーゼン撃破 フットボールチャンネル (2017年9月10日) 2017年10月15日閲覧
  83. ^ Muto move agreed subject to Governing Body Endorsement (work permit)Newcastle United Official Club Website(2018年7月28日)
  84. ^ Mutō completes Magpies moveNewcastle United Official Club Website(2018年8月2日)
  85. ^ 武藤、マンUからプレミア1号!リーグ戦初先発で日本人6人目サンスポ 2018年10月8日
  86. ^ 武藤嘉紀にニューカッスル新指揮官が好印象「感銘を受けた」サンスポ 2019年8月6日
  87. ^ 「戦術をあからさまに批判してる!」「全く不必要」武藤嘉紀の“率直発言”に元イングランド代表FWが物申すサッカーダイジェスト 2019年8月25日
  88. ^ ニューカッスル指揮官、出場機会の乏しい武藤嘉紀に“戦力外通告”!? 「彼はチャンスが訪れるのを望むことだね」”. サッカーダイジェスト (2019年11月28日). 2019年12月31日閲覧。
  89. ^ 武藤嘉紀にケルン、古巣マインツなどが関心?”. キッカー日本語版 (2020年9月7日). 2020年9月7日閲覧。
  90. ^ 武藤選手がレンタル移籍で加入!”. SDエイバル (2020年9月16日). 2020年9月16日閲覧。
  91. ^ 武藤嘉紀が乾と同僚に!エイバルへのレンタル移籍が決定!!背番号は12 ゲキサカ 2020年9月16日
  92. ^ エイバルFW武藤嘉紀が加入後初ゴール!! CKから左足で均衡破る”. GEKISAKA (2020年11月30日). 2020年11月30日閲覧。
  93. ^ 武藤嘉紀が日本人記録を達成!ラ・リーガ初ゴール「どんなに苦しくてもやり続けると報われる」” (2020年12月1日). 2020年11月30日閲覧。
  94. ^ キリンチャレンジカップ2014 SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール 対 ウルグアイ代表【9/5(金)@北海道/札幌ドーム】、対ベネズエラ代表【9/9(火)@神奈川/横浜国際総合競技場】 日本サッカー協会 (2014年8月28日)
  95. ^ 武藤「汗が止まらない」慶大出身代表は90年反町以来 - ウェイバックマシン(2014年8月29日アーカイブ分) スポーツ報知 (2014年8月28日)
  96. ^ 平成26年度小泉体育奨励賞 (受賞者) 慶應義塾大学
  97. ^ 日本vsパレスチナ テキスト速報 ゲキサカ (2015年1月12日)
  98. ^ 【アジア杯】アギーレ采配ズバッ! 後半武藤投入3分後アシスト - ウェイバックマシン(2015年4月3日アーカイブ分) スポーツ報知 (2015年1月21日)
  99. ^ a b アシストに満足しない武藤「試合で活躍することがすべて」 ゲキサカ (2015年1月21日)
  100. ^ 日本サッカーはなぜ弱くなったのか Number Web (2015年2月12日)
  101. ^ 武藤、気持ち切り替える「もう終わったことなので。すみません」 サンケイスポーツ (2015年1月26日)
  102. ^ 武藤嘉紀はワールドカップ初出場も無得点敗戦「申し訳なく思っています」サッカーキング 2018年6月29日
  103. ^ 武藤嘉紀、約3年3カ月ぶりのゴールに「内容よりも結果で応えたかった」サッカーキング 2018年1月18日
  104. ^ a b “日本の星”武藤にじいちゃんの教え!中野成章さんが語る“孫教育術” (5/5) サンケイスポーツ (2014年11月4日)
  105. ^ 錦織と記念撮影の美女は武藤のいとこ デイリースポーツ (2015年11月30日)
  106. ^ 幼なじみの三田啓貴とチームを勝利に導いた武藤嘉紀「感慨深い」 SOCCER KING (2015年5月31日)
  107. ^ a b 義父・渡辺衆院議員、マインツ武藤にエール&結婚裏話「早く1点」 - ウェイバックマシン(2015年8月9日アーカイブ分)スポーツ報知 (2015年8月9日)
  108. ^ マインツ武藤 第1子長女誕生!復帰へ向け決意新た スポーツニッポン (2016年4月26 日) 2016年4月29日閲覧
  109. ^ TOKYO PLAYER INTERVIEWS #17 武藤嘉紀 - YouTube FC東京公式チャンネル (2013年7月24日)
  110. ^ -FC東京 森重真人×武藤嘉紀 編- チケットぴあ
  111. ^ 東京の慶応ボーイ武藤「プレーで魅了」 日刊スポーツ (2014年8月29日)
  112. ^ 「お手本はスアレス」/マインツ武藤一問一答 日刊スポーツ (2015年7月10日)
  113. ^ 「アミノバイタル」カップ2013 第2回関東大学サッカートーナメント大会 得点ランキング 関東大学サッカー連盟 (2013年6月9日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]