田口泰士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田口 泰士 Football pictogram.svg
名前
愛称 タイシ
カタカナ タグチ タイシ
ラテン文字 TAGUCHI Taishi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-03-16) 1991年3月16日(25歳)
出身地 沖縄県那覇市
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 名古屋グランパス
ポジション MF(CMF)
背番号 7
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009- 名古屋グランパス 121 (7)
代表歴2
2014 日本の旗 日本 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
2. 2014年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田口 泰士(たぐち たいし、1991年3月16日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロサッカー選手J1リーグ名古屋グランパス所属。元日本代表ポジションミッドフィールダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

那覇市立小禄南小学校出身。6年生時にはU-12日本代表に選抜された[1]

小学校卒業後は那覇市立小禄中学校に進学。2年生時にナショナルトレセンの九州選抜に選出[2]。県内からはU-13の田口と、U-14の上里琢文の2人だけであった[2]。3年生時には県内から唯一U-14日本選抜チームに選出された[1][3]。3年生時にはキャプテンとしてチームを牽引[4] し、沖縄県中学新人大会で優勝[5]。なお、決勝戦の対戦相手の安岡中学校には、後に高校やプロで同期となる久場光が在籍していた[5]。中学時代から県内の同世代では突出した才能を見せており、国際経験も豊富であった[3]

流通経済大学付属柏高等学校に進学。2年生時には高円宮杯全日本ユース選手権全国高等学校サッカー選手権大会での優勝に貢献[1]。3年生時にはキャプテンを務め、高校総体で優勝に導いた[1]。U-15、U-17の各代表にも選出され、2006年のU-15フランコ・ガッリーニ国際大会で優勝、MVPを獲得した[1]。 高校の一学年先輩に、大前元紀比嘉祐介中里崇宏がいる。

名古屋グランパス[編集]

2008年10月、名古屋グランパスへの入団が内定[6]。2009年1月25日、新人選手6人で入団会見を行った[7]

2009年3月15日から19日に行われたU-18日本代表候補合宿に参加[8]。5月2日、リーグ戦第9節京都サンガF.C.戦の後半37分から交代でプロ初出場した[9]。2011年1月10日から2月15日まで、新井辰也とともにスペイン1部リーグのレアル・ソシエダの練習に参加した。

2012年シーズンのリーグ中断期間にドラガン・ストイコビッチ監督のアシスタントコーチを務めていたボシュコ・ジュロヴスキの進言でボランチにコンバートされてからは主力として多くの出場機会を得ている[10]。2014年10月、吉田麻也の負傷に伴い、代わって日本代表に初招集され[11]、10月10日のキリンチャレンジカップジャマイカ戦で日本代表デビューを果たした。

2015年4月11日、前年から患っていたグロインペイン症候群が3月末に急激に悪化し、長期離脱を余儀なくされた[12]。9月12日、J1リーグ2nd第10節仙台戦で復帰。

2016年シーズンからキャプテンに就任。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2009 名古屋 28 J1 1 0 1 0 1 0 3 0
2010 0 0 2 0 3 0 5 0
2011 3 0 0 0 2 1 5 1
2012 25 2 2 0 4 0 31 2
2013 25 0 4 0 1 0 30 0
2014 29 1 6 0 3 0 38 1
2015 7 11 2 2 0 1 0 14 2
2016 27 2 3 0 1 0 31 2
通算 日本 J1 121 7 20 0 16 1 157 8
総通算 121 7 20 0 16 1 157 8
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2009 名古屋 28 1 0
2011 0 0
2012 3 0
通算 AFC 4 0

代表歴[編集]

出場大会[編集]

  • 2003年 U-12日本代表
  • 2005年 U-14日本代表
  • 2006年 U-15日本代表
  • 2007年 U-17日本代表候補
  • 2009年 U-18日本代表候補
  • 2014年 日本代表

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 0得点 (2014年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2014 3 0
通算 3 0

タイトル[編集]

  • 2006年 フランコ・ガッリーニ国際大会(イタリア)MVP

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 沖縄タイムス (2008年10月23日). “田口(小禄中卒)J1名古屋入団へ”. 2009年7月9日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b 琉球新報 (2005年1月22日). “サッカー九州選抜に県内から上里、田口の2人が選出”. 2009年7月9日閲覧。
  3. ^ a b 琉球新報 (2005年12月14日). “田口が(小禄中)日本選抜 サッカーU-14 19日から韓国”. 2009年7月9日閲覧。
  4. ^ 琉球新報 (2005年1月21日). “県中学校新人サッカー開会式 来月5日開幕”. 2009年7月9日閲覧。
  5. ^ a b 琉球新報 (2005年2月13日). “小禄中が11度目の頂点に 県中学新人サッカー”. 2009年7月9日閲覧。
  6. ^ 中日スポーツ (2008年10月24日). “流経大柏高・MF田口の入団内定”. 2009年7月9日閲覧。
  7. ^ 中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ (2009年1月26日). “グランパス新人は実力派6人”. 2009年6月27日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 中日スポーツ (2009年3月11日). “田口がU-18代表合宿に参加”. 2009年7月9日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ J's GOAL (2009年5月2日). “2009 J1 第9節 結果”. 2009年7月9日閲覧。
  10. ^ love sports web sportiva (2014年12月23日). “田口泰士が語るブラジル戦。「ネイマールにやられた理由」”. 2015年1月25日閲覧。
  11. ^ JFA.jp (2014年10月5日). “SAMURAI BLUE(日本代表) 選手変更のお知らせ”. 2014年10月5日閲覧。
  12. ^ 中日スポーツ (2015年4月11日). “田口、長期離脱”. 2015年4月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]