ボシュコ・ジュロヴスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボシュコ・ジュロヴスキ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Boško ĐUROVSKI
キリル文字 Бошко Ѓуровски
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1961-12-28) 1961年12月28日(55歳)
出身地 テトヴォ
選手情報
ポジション MF
ユース
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 テテクス
1976-1978 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1989 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 237 (41)
1993-2002 スイスの旗 セルヴェット 163 (9)
通算 400 (50)
代表歴
1982-1989 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 4 (0)
1994-1995 マケドニア共和国の旗 マケドニア 7 (3)
監督歴
1999 スイスの旗 セルヴェット
2002 セルビア・モンテネグロの旗 ラドニチュキ・オブレノヴァツ
2002-2003 セルビア・モンテネグロの旗 ラド
2007 セルビアの旗 レッドスター・ベオグラード
2013-2015 マケドニア共和国の旗 マケドニア
2016 日本の旗 名古屋グランパス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ボシュコ・ジュロヴスキマケドニア語: Бошко Ѓуровски / Boško Ǵurovski ボシュコ・ジュロフスキセルビア語: Бошко Ђуровски / Boško Đurovski ボシュコ・ジュロヴスキ1961年12月28日 - )は、元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダーマケドニア共和国(旧ユーゴスラビアマケドニア社会主義共和国)のテトヴォ出身で現在はセルビア国籍[1]。元サッカー選手のミルコ・ジュロヴスキは実弟である。

経歴[編集]

選手歴[編集]

1978年にユーゴスラビアの強豪レッドスター・ベオグラードで選手キャリアをスタート。在籍した11年間に中心選手の一人として4度のプルヴァ・リーガ、2度のカップ制覇に貢献した。

1989年夏に、スイスのセルヴェットFCに移籍し、1993-94シーズンのリーグ制覇に貢献した。

またユーゴスラビア代表としては1982年の初代表選出から1989年まで国際Aマッチ4試合に出場。マケドニア共和国の独立後はマケドニア共和国代表として国際Aマッチ7試合出場3得点を記録した。なお、日本で開催された1979 FIFAワールドユース選手権でユーゴスラビア・ユース代表としてプレーしている。

指導者歴[編集]

引退後は引き続きセルベットFCの育成部門のコーチとなり、2001年に古巣・レッドスターにアシスタントコーチとして復帰した。

2002年にはFKラドニチュキ・オブレノヴァツFK Radnički Obrenovac)の監督に就任したがわずか4ヶ月で解任され、FKラド・ベオグラードのコーチとなった(ジュロヴスキはこの年の7月から10月までオブレノヴァツに所属していた)。[2][3]。それにも関わらず、降格が避けられなくなり、シーズン2002-2003にあと3試合を残して辞職している。[4]。2004年から2シーズンはセルビア・モンテネグロリーグ2部のFKスレムFK Srem)、2006年からは同じく2部のFKラドニチュキ・ニシュFK Radnički Niš)のそれぞれ監督を歴任。

2007年3月には、ドゥシャン・バイェヴィッチの後任としてレッドスターの監督となった。ドゥシャンはシーズン2006-2007ではうまく働き、クラブをセルビア・カップ優勝へと導いた。しかし、続くシーズン2007-2008ではレッドスターの成績は思わしくなく、UEFAチャンピオンズリーグでは苦戦を強いられた。2回戦ではレバディア・タリンを相手にベオグラードでは1:0で相手を下したものの、タリンでは1:2で敗北し、ジュロヴスキはレッドスター会長のドラガン・ストイコビッチによって解雇され、ミロラド・コサノヴィッチMilorad Kosanović)が後任に就いた。その後もジュロヴスキはスカウトとしてクラブには留まった。

2008年より名古屋グランパスの監督に就任したストイコビッチの指名により、同チームのヘッドコーチに抜擢された。日本での登録名は「ボスコ・ジュロヴスキー」。マスコミ等では「ジュロスキー」、またファーストネームの「ボシュコ」「ボスコ」とも表記される場合もあった。チーム戦術では主に守備を担当し、攻撃はストイコビッチがこれを行っていた。2010年シーズンはチーム史上初のリーグ戦優勝に貢献し、優勝決定後はストイコビッチ監督に続いてチームメイトから胴上げを受けた。なおストイコビッチがベンチ入り停止となった試合(2012年8月現在、合計3試合)では監督代行を務めている。ストイコビッチ監督の辞任に伴い、2013年シーズン終了をもって名古屋を退団。

2013年11月26日2014年1月1日からのマケドニア共和国代表監督に就任することを発表[5]UEFA EURO 2016予選・グループCに臨むもスペインに1:5で敗れるなど苦戦を強いられ、翌2015年4月7日、成績不振のためマケドニア代表監督を解任された[6]

2016年8月1日、名古屋グランパスにアシスタントコーチとして復帰する事が発表[7] 。同年8月23日、小倉隆史監督兼GMの解任(発表では「休養」)に伴い監督に就任することが発表された(当初は「監督代行」と発表されたが後に「監督」に訂正されている)[8]。一時は残留圏内に押し上げたが結局は16位でJ2降格となった。シーズン終了後に監督を退任した[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]