米倉恒貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
米倉 恒貴 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヨネ、コウキ
カタカナ ヨネクラ コウキ
ラテン文字 YONEKURA Koki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-05-17) 1988年5月17日(28歳)
出身地 千葉県千葉市稲毛区
身長 176cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガンバ大阪
ポジション MF (SH) / DF (SB)
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2013 ジェフユナイテッド市原・千葉 136 (20)
2007 ジェフ市原・千葉リザーブズ 3 (0)
2014- ガンバ大阪 52 (3)
代表歴2
2015 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月6日現在。
2. 2015年12月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

米倉 恒貴(よねくら こうき、1988年5月17日 - )は、千葉県千葉市出身のプロサッカー選手Jリーグガンバ大阪所属。ポジションミッドフィールダーディフェンダー(右サイドバック)。元日本代表

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

地元千葉市でサッカーを始め、FC千葉なのはなジュニアユース時代に高円宮杯全日本ユースサッカー選手権でベスト4に進出。中学卒業後、地元の強豪校である八千代高校に進学。3年生時には主将兼司令塔としてチームを牽引し、ベスト4に進出した第85回全国高等学校サッカー選手権大会では大会優秀選手に選出された。ジュニアユースと高校時代のチームメイトには山﨑亮平がいる。

ジェフ千葉[編集]

高校卒業後の2007年、地元のジェフユナイテッド市原・千葉に入団。1年目はシーズン途中からセカンドチームのジェフユナイテッド市原・千葉リザーブスでプレーした。入団当初は主にボランチで起用されたが、怪我が多かったこともあり中々レギュラーに定着できなかった。

4年目の2010年にリーグ初得点を決めると、翌2011年は主にオーロイの相方を務め初めて主力に定着した。2012年は開幕前のちばぎんカップで左足腓骨骨折の重傷を負ったことでシーズン序盤を棒に振り、復帰後も先発メンバーから外れることが多かった。

2013年はシーズン序盤に主力選手に故障が相次いだことで右サイドバックに転向すると、正確なクロスを武器にこの年J2得点王を獲得したケンペスとのホットラインを形成。自身もチーム3位タイの6得点を記録するなど攻撃型サイドバックとしてジェフ攻撃陣を牽引する活躍を見せた。

ガンバ大阪[編集]

2014年、複数のJ1クラブからオファーをもらいガンバ大阪へ完全移籍[1][2]。開幕当初は控えで、3月末に右膝の靭帯損傷により約2カ月もの間戦線離脱を余儀なくされる。後半戦は退団した加地亮に代わり右サイドバックを担い、レギュラーに定着する。サイドバック転向後では初のJ1での1年になったが、シーズン終盤になるにつれ安定感を増していき、ガンバのリーグ優勝さらに国内三冠達成に大きく貢献した。

2015年7月23日、東アジアカップ2015に出場する日本代表メンバーに初選出された。8月9日の対中国戦で国際Aマッチデビューを飾った。クラブではほとんど起用されたことがない左サイドバックでの先発だったが、武藤雄樹のゴールをアシストする活躍を見せた。9月16日のACL準々決勝のセカンドレグの後半のアディショナルタイム、このままではアウェーゴール数の差で敗退となっていた場面で勝ち越しゴールを決め、チームにとって7年ぶりとなるベスト4進出に大きく貢献した[3]CS準決勝浦和戦では後半から右サイドハーフで出場し、延長後半に右サイドからのクロスで藤春廣輝の決勝ゴールをアシストする活躍を見せた。

人物[編集]

  • 2013年1月、一般女性との入籍を発表[4]
  • 2016年10月、第二子をの長女が誕生したことを報告した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2007 市原・千葉 31 J1 3 0 0 0 0 0 3 0
2007 千葉R JFL 3 0 - 0 0 3 0
2008 市原・千葉 22 J1 8 0 3 1 0 0 11 1
2009 16 0 4 0 3 2 23 2
2010 J2 12 5 - 1 0 13 5
2011 11 35 7 - 3 1 38 8
2012 22 2 - 4 0 26 2
2013 40 6 - 2 1 42 7
2014 G大阪 14 J1 21 1 9 2 4 0 34 3
2015 31 2 1 0 4 0 36 2
2016 21 1 5 0
通算 日本 J1 79 1 17 3 11 2 107 6
日本 J2 109 20 - 10 2 119 22
日本 JFL 3 0 - 0 0 3 0
総通算 191 23 17 3 21 4 229 30

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2015 G大阪 14 10 2
2016 5 0
通算 AFC 15 2

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪

個人[編集]

  • Jリーグ優秀選手賞:2回(2014年、2015年)

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合(2015年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2015 2 0
通算 2 0

脚注[編集]

  1. ^ “米倉 恒貴選手 ガンバ大阪へ完全移籍のお知らせ”. ガンバ大阪オフィシャルサイト. (2013年12月27日). http://www.gamba-osaka.net/news/news_detail.php?id=5468 2013年12月28日閲覧。 
  2. ^ “米倉恒貴選手移籍のお知らせ”. ジェフユナイテッド千葉オフィシャルサイト. (2013年12月27日). http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/news/top_team/835386 2013年12月28日閲覧。 
  3. ^ “G大阪ACL4強、“救世主”米倉の軌跡。攻撃的MFからSBへのコンバートが広げた未知数の可能性”. フットボールチャンネル. (2015年9月17日). http://www.footballchannel.jp/2015/09/17/post108664/ 2016年1月11日閲覧。 
  4. ^ “米倉恒貴選手 入籍のお知らせ”. ジェフユナイテッド千葉オフィシャルサイト. (2013年1月8日). http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/news/top_team/832318 2013年12月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]