鈴木大輔 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鈴木 大輔 Football pictogram.svg
名前
愛称 ダイスケ
カタカナ スズキ ダイスケ
ラテン文字 SUZUKI Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-01-29) 1990年1月29日(28歳)
出身地 石川県金沢市
身長 181cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 ジムナスティック・タラゴナ
ポジション DFCB
背番号 18
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2012 アルビレックス新潟 57 (1)
2013-2015 柏レイソル 89 (7)
2016- ジムナスティック・タラゴナ 68 (1)
代表歴2
2013-2014 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年6月6日現在。
2. 2016年1月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鈴木 大輔(すずき だいすけ、1990年1月29日 - )は、石川県金沢市出身のプロサッカー選手セグンダ・ディビシオンジムナスティック・タラゴナ所属。元日本代表。ポジションはディフェンダーCB)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

1歳年上の兄の影響で、小学1年生からサッカーを始めた[1]

小学2年生の頃に石川県金沢市へ移り住み、地元のクラブ『仲良しスポーツ少年団』に入団[2]。当時のポジションはフォワードで、チームのエースストライカーを務めていた[2]

中学校進学後はテイヘンズFCの下部組織に所属し、監督の勧めでディフェンダーへ転向[2]2005年、U-15日本代表に選出された。

星稜高等学校進学後も各年代別日本代表に選出され、2007年アルビレックス新潟特別指定選手に登録された。同年、U-17日本代表の一員としてFIFA U-17ワールドカップに出場(グループリーグ敗退)。星稜高校では主将を務め、平成19年度全国高等学校総合体育大会で準優勝を果たしたが、第86回全国高等学校サッカー選手権大会では初戦敗退に終わった。

アルビレックス新潟時代[編集]

2008年、アルビレックス新潟に入団し、翌年、第89回天皇杯2回戦奈良クラブ戦で公式戦初出場。

2010年J1第9節ヴィッセル神戸戦でリーグ戦初出場。ナビスコカップグループリーグ第4節京都サンガF.C.戦で公式戦初得点を記録した。同年、各クラブの控えメンバーを中心としたU-21日本代表に選出され、広州アジア競技大会に出場[3]。全7試合に出場し、史上初の金メダル獲得に貢献した。同大会後も関塚隆監督に重用され、ロンドン五輪アジア予選を戦った。

2011年、J1第1節アビスパ福岡戦での途中出場をきっかけにチャンスを掴み、徐々にレギュラーに定着。J1第13節浦和レッズ戦でリーグ戦初得点を記録した。

2012年ロンドン五輪日本代表に選出され、オーバーエイジ枠で出場した吉田麻也と共にセンターバックを組み、過密日程の中全6試合に先発フル出場。メダルは逃したものの、44年ぶりのベスト4進出に貢献した。クラブでは最終節まで残留争いに巻き込まれたが、リーグ2位タイとなるシーズン通算34失点の堅守を支えた[4]

柏レイソル時代[編集]

2013年1月5日柏レイソルへの完全移籍が発表された[5]。J1第17節清水エスパルス戦で移籍後初得点を記録したが、これはJ1リーグ戦の通算17000ゴール目となるメモリアルゴールであった[6]7月25日東アジアカップ2013オーストラリア戦で国際Aマッチ初出場。

2014年10月5日、怪我により辞退した昌子源に代わり、約1年ぶりに日本代表に追加招集された。

2016年1月15日、柏レイソルを退団することが発表された[7]

ジムナスティック・タラゴナ時代[編集]

柏レイソルを退団した後はスペインリーガ・エスパニョーララージョ・バジェカーノへの移籍に向けて交渉していたがまとまらず[8]冬の移籍市場では新天地が決まっていなかったが、2016年2月16日、スペイン・セグンダ・ディビシオンジムナスティック・タラゴナへの加入が発表された[9][10]。契約期間は2015-16シーズン終了までで、2年の契約延長というオプションが付けられている。リーグ戦では3位に入り昇格プレーオフに進出し、準決勝では6位のCAオサスナと対戦した。ホームで行われた第1戦は1-3と落とし、アウェーで行われた第2戦も2-3で敗れてプリメーラ・ディビシオンへの昇格はならなかった。

2017年2月26日、セグンダ・ディビシオン第27節のレアル・サラゴサ戦では海外移籍後初得点を決めた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 新潟 26 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 1 0 1 0
2010 4 5 0 1 1 2 1 8 2
2011 24 1 3 0 1 0 28 1
2012 28 0 4 0 0 0 32 0
2013 23 1 3 0 2 0 28 1
2014 32 3 8 0 2 0 42 3
2015 34 3 1 0 2 0 37 3
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2015-16 ジムナスティック 18 セグンダ 15 0 - - 15 0
2016-17 34 1 2 0 - 36 1
2017-18 19 0 1 0 - 20 0
通算 日本 J1 146 8 20 1 10 1 176 10
スペイン セグンダ 68 1 3 0 - 71 1
総通算 214 9 23 1 10 1 247 1
  • 2007年は特別指定選手。

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2013 4 9 0
2015 9 0
通算 AFC 18 0

その他の国際公式戦

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(2013年 - 2014年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2013 1 0
2014 1 0
通算 2 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

柏レイソル

代表[編集]

U-21日本代表
日本代表

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 常勝集団で 世界に挑む 柏レイソルDF 鈴木大輔 - 北陸中日新聞 2013年4月17日
  2. ^ a b c (10)恩師3人忘れえぬ教え : ~夢の舞台へ~ : 男子サッカー 鈴木大輔選手 22(金沢市出身) - 読売新聞 2012年7月7日
  3. ^ “雑草”たちがアジア1に!! - ゲキサカ 2010年11月26日
  4. ^ 柏、五輪4強貢献の新潟DF鈴木獲り - 日刊スポーツ 2012年12月6日
  5. ^ 鈴木 大輔選手が移籍加入”. 柏レイソル (2013年1月5日). 2013年2月3日閲覧。
  6. ^ J1通算17000ゴール目が誕生…柏の鈴木大輔が記録 - サッカーキング 2013年7月18日
  7. ^ 鈴木 大輔選手が退団”. 柏レイソル. 2016年1月15日閲覧。
  8. ^ 柏DF鈴木大輔、ラージョのオファー認める 1月の移籍が実現へ? Goal.com 2015年11月10日
  9. ^ 鈴木大輔、スペイン2部クラブと契約…ヒムナスティック・タラゴナに加入”. サッカーキング. 2016年2月17日閲覧。
  10. ^ “鈴木大輔のスペイン移籍が決定 2部ナスティックと今季終了時までの契約を結ぶ”. GOAL. http://www.goal.com/jp/news/122/%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E6%83%85%E5%A0%B1/2016/02/17/20430962/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%A4%A7%E8%BC%94%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%81%8C%E6%B1%BA%E5%AE%9A-%EF%BC%92%E9%83%A8%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A8%E4%BB%8A%E5%AD%A3%E7%B5%82%E4%BA%86%E6%99%82%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%A5%91%E7%B4%84%E3%82%92%E7%B5%90%E3%81%B6?ICID=SP_HN_1 2016年2月17日閲覧。 
  11. ^ The AFC Champions League Dream Team - AFC Champions League (Official) Facebook 2013年11月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]