畑尾大翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
畑尾 大翔 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハタオ ヒロト
ラテン文字 HATAO Hiroto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-16) 1990年9月16日(28歳)
出身地 東京都練馬区[1]
身長 183cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大宮アルディージャ
ポジション DF[2]
背番号 50
利き足 右足[2][3]
ユース
1997-2000
2001-2002
2003-2005
2006-2008
2009-2012
ジュニアコスモス城北
三菱養和巣鴨SS
三菱養和SC巣鴨JY
FC東京U-18
早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2017年 ヴァンフォーレ甲府 49 (1)
2018- 名古屋グランパス 3 (0)
2018- 大宮アルディージャ(loan) 15 (0)
代表歴
2007  日本 U-17
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

畑尾 大翔(はたお ひろと、1990年9月16日 - )は、東京都練馬区出身のプロサッカー選手。ポジションは主にディフェンダー(DF)Jリーグ大宮アルディージャ所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

父と兄の影響で[4]5歳(幼稚園の年中)の時にサッカーを始めた[3][5]。小学5年生から中学卒業までは三菱養和に所属していたが、雰囲気の良さに惹かれ[5]2006年の高校入学と同時にFC東京U-18へ加入。同年のJサテライトリーグにも出場[6]。打点の高いヘディングを武器に[1]2年時にはセンターバック(CB)のレギュラーに定着した[5]。2008年にはキャプテンとして[7]個性派揃いのチーム[注 1]をまとめ上げ[8]、CBでコンビを組んだ藤原広太朗[9]らと共に堅守を築き、U-18クラブユース選手権で優勝を果たした。

2009年、早稲田大学へ進学し、ア式蹴球部に所属。1年時から出場機会を掴み[10]空中戦と対人プレーの強さを発揮した[11]。2012年には主将に就任[10]。この頃より肺塞栓を患うも[12][13][8][14]、肺の水を抜いてプレーを続け[4]、強靭な守備で最終ラインを統率する大黒柱として部を牽引[15][16]。同期の島田譲と共にリーグベストイレブンに選出された[17]。しかし、病状進行と病名判明によってリーグ戦後に行われた全日本大学選手権(インカレ)の出場は叶わなかった[4][18][19][8]。2013年は5年生として大学に籍を残し、プロ入り断念を含め進路を模索[12]。同年夏に手術を行い、懸命のリハビリでコンディション回復に努めた[12][13][8]

ヴァンフォーレ甲府[編集]

2014年3月に大学を卒業し、Jリーグヴァンフォーレ甲府の練習に参加[12]。 同月中の選手登録は見送られたものの[注 2]、高さと強さ、的確なポジショニングやフィードの展開力でアピールに成功し[13][21]、同年6月に翌7月からの甲府加入が発表された[2]。同年は控えストッパーの1番手として[22]堅守の一翼を担った。2015年はクラブからの勧めで[22]背番号を3に変更し、副キャプテンを務めた[23]。2017年J1第8節C大阪戦でヘディングを突き刺し、プロ入り後初得点を挙げた[24]

名古屋グランパス[編集]

2018年より名古屋グランパスに加入。

大宮アルディージャ[編集]

2018年7月、大宮アルディージャ期限付き移籍[25]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 甲府 35 J1 5 0 - 1 0 6 0
2015 3 15 0 5 0 2 0 22 0
2016 15 0 6 0 1 0 22 0
2017 14 1 5 0 0 0 19 1
2018 名古屋 2 3 0 3 1 0 0 6 1
大宮 50 J2 15 0 - - 15 0
通算 日本 J1 52 1 19 1 4 0 75 2
日本 J2 15 0 - - 15 0
総通算 67 1 19 1 4 0 90 2

その他公式戦

出場歴

代表歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

FC東京U-18
早稲田大学

個人[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 藤原の他には三田啓貴井上亮太岩渕良太平野又三山崎侑輝山村佑樹が同期。
  2. ^ Jリーグは選手登録が出来る期間を制限しており、2014年は1月から3月までの12週間と7月から8月までの4週間の2回[20]
出典
  1. ^ a b FC東京U−18 選手紹介 - ウェイバックマシン(2008年12月11日アーカイブ分) FC東京
  2. ^ a b c d e f 畑尾大翔選手 加入のお知らせ ヴァンフォーレ甲府 (2014年6月27日)
  3. ^ a b サッカーダイジェスト J1&J2&J3選手名鑑 2015 (NSK MOOK)』 日本スポーツ企画出版社2015年、106頁。ISBN 978-4905411253
  4. ^ a b c あのJリーガーもかかった肺塞栓後症候群とは? 時間がたってからも怖いエコノミークラス症候群 あなたの健康百科 (2016年5月13日)
  5. ^ a b c ユース選手紹介 (2008年) 東京中日スポーツ
  6. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2006年11月15日)
  7. ^ FC東京U−18、飽くなき勝利への執着心 高円宮杯 FC東京U−18 vs.前橋育英高校 スポーツナビ (2008年9月23日)
  8. ^ a b c d 『努力は必ず報われる』…苦しみを越えた畑尾大翔の活躍を祈って SOCCER KING (2014年3月20日)
  9. ^ 日本クラブユース選手権(U-18) FC東京U-18が「東京ダービー」快勝で決勝進出 ゲキサカ (2008年8月1日)
  10. ^ a b C☆voice58 早稲田大DF畑尾大翔「試合でも練習でも自分らしさを出す」 ゲキサカ (2012年4月20日)
  11. ^ CS-Column no.161 全国の頂点に立つのはどこだ? 総理大臣杯直前! 関東勢プレビュー! CS PARK (2012年7月7日)
  12. ^ a b c d 早稲田大の畑尾大翔、プロ契約を懸けて甲府の練習に参加 (1/2) blogola (2014年3月17日)
  13. ^ a b c 【甲府】早大出身DF畑尾の加入発表、肺の病気克服し念願プロへ スポーツ報知 (2014年6月27日)
  14. ^ a b 【川端編集長のニュース一言解説】ヴァンフォーレ甲府に畑尾大翔が加入→肺の塞栓症から復活した大型センターバック J論 (2014年6月27日)
  15. ^ CS-Column no.184 関東大学サッカーリーグ前期ベストイレブン CS PARK (2012年8月3日)
  16. ^ CS-Column no.409 2012年度 関東大学サッカーリーグ1部 ベストイレブン CS PARK (2013年1月23日)
  17. ^ a b 関東大学サッカーリーグのベストイレブン発表 MVPに専修の鈴木雄也 SOCCER NAVI (2012年11月26日)
  18. ^ 2012年度卒業記念特集 (28) 畑尾大翔・菅井順平 - ウェイバックマシン(2013年3月19日アーカイブ分) 早稲田スポーツ新聞会 (2013年3月8日)
  19. ^ 早稲田スポーツ探訪 第84回 WasedaWillWin (2013年1月14日)
  20. ^ 2014シーズン追加登録期限について Jリーグ (2013年12月17日)
  21. ^ 練習生・畑尾大翔が横浜FMとの練習試合に先発 blogola (2014年3月24日)
  22. ^ a b 【甲府】畑尾、DF引っ張る! 初の開幕スタメンへ意欲 - ウェイバックマシン(2015年1月25日アーカイブ分) スポーツ報知 (2015年1月25日)
  23. ^ 2015シーズン キャプテン・副キャプテン 決定のお知らせ ヴァンフォーレ甲府 (2015年2月5日)
  24. ^ 【甲府】チーム救った畑尾プロ初ゴール! 指揮官から「Bチーム番長になるな」 スポーツ報知 (2017年4月23日)
  25. ^ 畑尾大翔 選手 名古屋グランパスより期限付き移籍加入のお知らせ 大宮アルディージャ (2018年7月19日)
  26. ^ 「平成24年度 第61回全日本大学サッカー選手権大会」決勝戦テレビ放映のお知らせ 全日本大学サッカー連盟 (2012年12月18日)
  27. ^ GET SPORTS の番組概要ページ goo TVトピック検索 (2013年1月14日)
  28. ^ 甲府 早稲田大の畑尾大翔、プロ契約を懸けて甲府の練習に参加 (2/2) blogola (2014年3月17日)
  29. ^ [大学選手権]「畑尾のために」という思い、キャプテンの不在が王座奪還の早稲田大の団結力に ゲキサカ (2013年1月16日)
  30. ^ a b MENICON CUP2005 出場選手一覧 - ウェイバックマシン(2009年8月31日アーカイブ分) 日本クラブユースサッカー連盟
  31. ^ a b 2009年度スポーツ推薦入学試験合格者一覧 (PDF) 早稲田大学
  32. ^ 登録選手追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ (2014年7月18日)
  33. ^ 【第11回国際ユースサッカー大会 IN 新潟】U-17日本代表チームに畑尾大翔選手(FC東京U-18所属)選出のお知らせ FC東京 (2007年7月10日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]