中山博貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中山 博貴 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒロキ
カタカナ ナカヤマ ヒロキ
ラテン文字 NAKAYAMA Hiroki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-12-13) 1985年12月13日(32歳)[1]
出身地 鹿児島県
身長 177cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
利き足
ユース
2001-2003 鹿児島城西高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2015 京都パープルサンガ/京都サンガF.C. 221 (21)
代表歴
2003  日本 U-18 2 (1)
2004  日本 U-19
2008  日本 U-23
1. 国内リーグ戦に限る。2015年11月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中山 博貴(なかやま ひろき、1985年12月13日 - )は、鹿児島県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF

来歴[編集]

鹿児島城西高校在学中の2003年に九州プリンスリーグで優勝し、全日本ユース選手権に出場した他、U-18日本代表としてAFCユース選手権2004に出場した[1]

2004年より京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)に入団し、新人ながらも3得点をあげる。2年目はユース代表の遠征中に怪我をして更にワールドユースの代表に漏れその直後に全治2ヶ月の重傷を負いシーズンの半分以上を欠場した。3年目の2006年はJ1初スタメン浦和レッズ戦でJ1初ゴールをあげた。

2004年シーズン途中に柱谷幸一が監督に就任してからは4バックを採用することが多くなり、スタメンでの起用は少なくなり、ボランチにも挑戦した。2006年途中に美濃部直彦が監督に就任してからは再び司令塔のポジションを務めていた。 2009年シーズン第33節浦和戦にてJリーグ通算14,000ゴールを決めた。

2011年シーズン前に坊主になりブログにアップ。チームの副キャプテンに就任。2012年シーズンはキャプテンに就任した。

2015年シーズンをもって現役を引退し[2]、2016年より京都の普及部コーチに就任した[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 京都 15 J2 19 3 - 0 0 19 3
2005 2 0 - 1 0 3 0
2006 J1 11 2 2 0 1 0 14 2
2007 J2 19 3 - 1 0 20 3
2008 J1 14 0 6 0 1 0 21 0
2009 8 1 1 0 2 0 11 1
2010 29 1 5 0 2 0 36 1
2011 J2 35 5 - 5 1 40 6
2012 39 6 - 2 1 41 7
2013 16 0 - 0 0 16 0
2014 28 0 - 2 1 30 1
2015 1 0 - 0 0 1 0
通算 日本 J1 62 4 14 0 6 0 82 4
日本 J2 159 17 - 11 3 170 20
総通算 221 21 14 0 17 3 252 24

その他の公式戦

代表歴[編集]

  • 2008年 U-23日本代表

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “鹿児島城西高校・中山 博貴選手の新加入内定” (プレスリリース), J's GOAL(京都パープルサンガ), (2003年11月20日), http://www.jsgoal.jp/official/kyoto/00003508.html 2014年12月29日閲覧。 
  2. ^ “中山博貴選手 現役引退および引退セレモニー実施のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2015年11月17日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/31502 2015年11月23日閲覧。 
  3. ^ “中山博貴氏 普及部コーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2016年1月5日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/31894 2016年1月6日閲覧。 

外部リンク[編集]