前田雅文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前田 雅文 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マエダ マサフミ
ラテン文字 MAEDA Masafumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-01-25) 1983年1月25日(34歳)
出身地 滋賀県野洲市[1]
身長 173cm[1]
体重 66kg[1]
選手情報
ポジション MF / FW
利き足 右足[1]
ユース
1998-2000 滋賀県立野洲高校
2001-2004 関西大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007 ガンバ大阪 38 (4)
2008-2009 ヴァンフォーレ甲府 (loan) 16 (1)
2010-2011 ザスパ草津 16 (1)
監督歴
2016- 関西大学
1. 国内リーグ戦に限る。2012年2月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

前田 雅文(まえだ まさふみ、1983年1月25日 - )は、滋賀県野洲市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションミッドフィールダーフォワード

来歴[編集]

選手として[編集]

地元のセゾンFC、野洲高校(同期に田中大輔らがいる)を経て、2001年関西大学に進学[1]。在籍時の2003年には、特別指定選手として名古屋グランパスエイトへ選手登録され、公式戦出場はなかったがサテライトリーグに出場した。また同年8月にはユニバーシアード・大邱大会日本代表メンバーに選出され、中盤のポジションで活躍し、日本の大会連覇に貢献した。

大学を卒業した2005年J1ガンバ大阪に加入。初めてベンチ入りした第7節・FC東京戦にて途中出場で公式戦デビューを果たす[2]。5月8日の第10節・名古屋戦でリーグ初ゴールを決めた。これがJ1リーグ通算10000ゴール目のメモリアルゴールであり、前田は一躍注目された[2]。しかし、6月8日の練習中に右ひざ前十字靭帯を断裂してしまい、残りのシーズンはすべてリハビリに費やした[2]2006年J1第3節の大分トリニータ戦で復帰後初出場[2]。2006年シーズンは先発出場14試合[2]を含め27試合に出場、FWや2列目だけではなくウイングバック、また自身のサッカー人生でもほぼ経験がなかったというサイドバックとしても起用された[3]。しかし2007年は5試合の出場にとどまり、ベンチからも外れることが増えた[2]

2008年は出場機会を求めてJ2ヴァンフォーレ甲府期限付き移籍で加入し、リーグ戦16試合に出場した。翌2009年もレンタル期間を1年間延長[4]して甲府でプレーしたが、前年10月に右ひざ前十字靱帯を再び痛めた影響などもあり、このシーズンの公式戦の出場機会はなかった[2]。甲府への期限付き移籍期間終了と同時にG大阪との契約も満了した[2]

2010年、G大阪からザスパ草津へ完全移籍で加入[5]。草津には2シーズン在籍してリーグ戦16試合に出場。2011年11月17日、契約満了がクラブから発表された[6]。2012年3月23日、現役引退と大阪学院大学サッカー部コーチ就任がクラブから発表された[7]

指導者として[編集]

引退後の2012年大阪学院大学サッカー部のコーチに就任した[2]島岡健太の後任として、2016年に母校である関西大学体育会サッカー部の監督に就任した[8]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

指導歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 G大阪 28 J1 6 1 4 1 0 0 10 2
2006 16 27 2 2 0 3 1 32 3
2007 5 1 5 0 1 0 11 1
2008 甲府 13 J2 16 1 - 0 0 16 1
2009 0 0 - 0 0 0 0
2010 草津 15 11 0 - 0 0 11 0
2011 11 5 1 - 0 0 5 1
通算 日本 J1 38 4 11 1 4 1 53 6
日本 J2 32 2 - 0 0 32 2
総通算 70 6 11 1 4 1 85 8
  • 2003年は特別指定選手としての公式戦出場はなし
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2006 G大阪 16 5 2
通算 AFC 5 2

その他の国際公式戦

代表歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 2009/12/25 前田雅文選手 ザスパ草津へ移籍のお知らせ”. 2012年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j OB選手たちの現在――前田雅文(元ガンバ大阪)「大学はプロを目指そうと思ったサッカー人生のターニングポイント。だからそ、大学で指導者になることを考えた」”. サッカーキング (2013年7月19日). 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ 『2007 J1&J2 リーグ選手名鑑』ベースボール・マガジン社、2007年、130頁。
  4. ^ MF 前田雅文選手 ヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍延長のお知らせ(08.12.26)”. Jリーグ.jp (2008年12月26日). 2015年12月1日閲覧。
  5. ^ 前田雅文選手 ガンバ大阪より完全移籍加入のお知らせ ザスパ草津オフィシャルサイト
  6. ^ 契約満了選手のお知らせ [ 群馬 (11.11.17)]”. 2013年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月17日閲覧。
  7. ^ a b 前田雅文選手現役引退並びに去就について(12.03.23)”. Jリーグ.jp (2012年3月23日). 2015年12月1日閲覧。
  8. ^ “本学OBの前田雅文氏が体育会サッカー部監督に就任” (プレスリリース), 関西大学, (2016年1月29日), http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/2016/01/ob.html 2016年1月29日閲覧。 

関連項目[編集]