崔龍洙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
崔 龍洙 Football pictogram.svg
名前
愛称 トクスリ
カタカナ チェ・ヨンス
ラテン文字 CHOI Yong-Soo
朝鮮語 崔龍洙漢字)/최용수ハングル
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1973-09-10) 1973年9月10日(44歳)
出身地 釜山広域市
身長 184cm
体重 79kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-2000 大韓民国の旗 LGチータース / 安養LG 111 (44)
1997-1998 大韓民国の旗 尚武
2001-2004 日本の旗 ジェフユナイテッド市原 73 (54)
2004 日本の旗 京都パープルサンガ (loan) 33 (20)
2005 日本の旗 ジュビロ磐田 15 (1)
2006 大韓民国の旗 FCソウル 2 (0)
代表歴2
1992-1993  韓国 U-20 9 (4)
1994-1996  韓国 U-23 34 (18)
1995-2003 大韓民国の旗 韓国 69 (27)
監督歴
2011
2012-2016
2016-2017
大韓民国の旗 FCソウル(代行)
大韓民国の旗 FCソウル
中華人民共和国の旗 江蘇蘇寧足球倶楽部
1. 国内リーグ戦に限る。2008年1月20日現在。
2. 2008年1月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
崔龍洙
各種表記
ハングル 최용수
漢字 崔龍洙
発音: チェ・ヨンス
ローマ字 Choe Yong-su(2000年式
Ch'oe Youngsu(MR式
英語表記: Choi Yong-soo
テンプレートを表示

崔 龍洙(チェ・ヨンス、최용수 1973年9月10日-)は大韓民国釜山広域市出身の元サッカー選手、指導者。韓国ではトクスリ독수리ハゲワシ)の愛称で呼ばれている。

同姓同名のボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者も存在するが、全くの別人である。

来歴[編集]

国際Aマッチ47試合出場25得点(当時)の現役韓国代表FWとして2001年にジェフユナイテッド市原に加入。入団初年度に21得点をたたき出すなど、2年連続でチーム最多得点を挙げエースとして君臨。左サイドの村井慎二とのホットラインは市原の名物ともなっていた。

2004年には当時J2だった京都パープルサンガに移籍する。2005年にはジュビロ磐田に移籍したが、度重なるけがのためレギュラーではなかった。2006年に韓国に戻り、KリーグFCソウルで選手兼任コーチとしてプレーした。2006年8月5日FC東京との親善試合を最後に現役を引退。引退後、FCソウルコーチに就任。2011年4月にリーグ戦での不振から皇甫官監督が辞任する事態となり、監督代行に就任。同年12月に正式に監督となった。

2016年7月に中国スーパーリーグ江蘇蘇寧足球倶楽部の監督に就任。

人物・エピソード[編集]

  • 若い頃は闘争心を剥き出しにする選手で、ユース時代の日本戦では試合後に日本ベンチにボールを蹴りこんだことがある。1993年ワールドユースオーストラリア大会アジア最終予選(兼AFC U-19選手権)が1992年9月からUAEで開催され、出場権を懸け西野朗監督率いるU-19日本とU-19韓国が準決勝で対戦した(当時のU-20W杯のアジアの出場枠は2)。試合は終了8分前の韓国チョウ・ヒュンのゴールで韓国が2-1で勝利し出場を決めたが、終了後、静まり返った日本ベンチに、崔龍洙がボールを蹴りこんだ。当時の日本のコーチ山本昌邦によれば『興奮して、転がってきたボールを崔めがけて蹴り返したが、キックが正確でなかった(崔に当たらなかった)。もしボールが当たっていれば大問題になっていたが、とにかく悔しくて、その日の夜は眠れなかった』とのこと[1]。日本代表のGKだった川口能活はこの行為に激怒したが、崔がその後謝罪したため、磐田では仲はよかった。
  • 1997年韓国代表としてフランスW杯アジア予選出場時、試合前の国歌吹奏(または斉唱)を他のチームメイトは胸に手を置きながら聴いていたのに対し、崔はただ1人、敬礼しながら聴いていた(当時兵役中の身で、韓国国軍のチーム「尚武」に所属していた)。
  • Jリーグにやってきた頃には既に周りをまとめる年長者としての自覚が備わっており、市原時代は若手選手をまとめることを意識してパーティーを開いたりしていたことを同僚達が証言している。磐田では怪我のためにほとんど貢献できなかったものの、カレン・ロバートが、自分はどうプレーしたほうがよいのかと質問した際に「若い選手は自分をアピールすべき。ベテランはそれに合わせるから」とアドバイスし、カレンのブレイクに一役買った。
  • 崔は日本サッカーに関して「Jリーグは前線よりも中盤に重点を置いているため、よいFWが育ちにくい環境にある。鈴木(隆行)玉田(圭司)柳沢(敦)も自分から点を取るタイプではないだろう。本物のストライカーと呼べるのは高原(直泰)ゴン中山さんくらいだろう」「特にゴン中山さんのあのプロ魂には感服する、だから40を過ぎてもまだサッカーを続けていられるんだ。若いカレン前田(遼一)はゴン中山さんを見習えばもっと成長する」とコメントしている。
  • いかつい風貌とは裏腹に、好物がショートケーキだったり、市原のロッカールームで安全地帯の『ワインレッドの心』をご機嫌で熱唱していた(日本語もかなり流暢だったという)など親しみやすい人柄を覗かせる逸話がある。
  • 市原で同僚だった巻誠一郎に慕われており、崔も彼を大切にしていた。2016年に発生した熊本地震で被災した巻に、AFCチャンピオンズリーグでの会見の際にメッセージも送っている[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • (年度不明) - 大韓民国の旗 釜山東来高校
  • (年度不明) - 大韓民国の旗 延世大学校
プロ経歴

指導歴[編集]

  • 2006年 - 2011年4月 大韓民国の旗 FCソウル コーチ
  • 2011年4月 - 2011年12月 大韓民国の旗 FCソウル 監督代行
  • 2011年12月 - 2016年6月 大韓民国の旗 FCソウル 監督
  • 2016年7月 - 2017年6月 中華人民共和国の旗 江蘇蘇寧足球倶楽部 監督

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
1994 LGチータース
安養LG
Kリーグ 29 9 6 1 - 35 10
1995 21 9 7 2 - 28 11
1996 16 4 6 1
1997 尚武 K2リーグ
1998
1999 安養LG Kリーグ 20 12 7 2 3 5 30 19
2000 25 10 9 4
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 市原 10 J1 26 21 5 2 3 4 34 28
2002 23 16 1 0 4 3 28 19
2003 24 17 2 0 0 0 26 17
2004 京都 21 J2 33 20 - 1 0 34 20
2005 磐田 16 J1 15 1 1 0 0 0 16 1
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2006 ソウル 11 Kリーグ 2 0 0 0 0 0 2 0
通算 韓国 Kリーグ 113 44 35 10
韓国 K2リーグ 45 22
日本 J1 88 55 9 2 7 7 104 64
日本 J2 33 20 - 1 0 34 20
総通算
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2005年 磐田 16 4 2
通算 AFC 4 2

個人タイトル[編集]

選手
  • 1994年 - Kリーグ新人王
  • 2000年 - KリーグMVP
指導者
  • 2013年 - アジア年間最優秀監督

代表歴[編集]

出場大会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本昌邦著 日本サッカー遺産 ワールドカップ出場舞台裏の歴史と戦略P104~P105 93年オーストラリアワールドユース Archived 2010年7月22日, at the Wayback Machine.
  2. ^ FCソウル崔龍洙監督“弟分”熊本FW巻にエール - ニッカンスポーツ 2016年5月17日