江尻篤彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江尻 篤彦 Football pictogram.svg
名前
カタカナ エジリ アツヒコ
ラテン文字 EJIRI Atsuhiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-07-12) 1967年7月12日(50歳)
出身地 静岡県
身長 178cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-92
1992-98
古河電工
ジェフユナイテッド市原
25 (2)
193 (24)
監督歴
2009-2010 日本の旗ジェフユナイテッド市原・千葉
1. 国内リーグ戦に限る。2009年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

江尻 篤彦(えじり あつひこ、1967年7月12日 - )は静岡県出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF

来歴[編集]

現役時代[編集]

サイドを突破しセンタリングでチャンスを広げるオフェンシブMF。90年代後半のジェフ市原ではリーダーとしてボジションバランスを調整する役割も担った。

指導者時代[編集]

引退後はジェフの育成部門のコーチとなり、2000年から5シーズンはトップチームのコーチとして監督のズデンコ・ベルデニックイビチャ・オシムを支えた。その後2005年から2シーズンはアルビレックス新潟のコーチ、2007年から2シーズンはU-23日本代表コーチとしてチームの北京オリンピック出場にも貢献した。2009年から4シーズンぶりに古巣ジェフのコーチとして復帰した。

シーズン序盤からの不振により同年7月27日アレックス・ミラー監督が解任され、後任として監督に昇格した。この際、家族会議を開催し「失敗したら家を売らないといけなくなるがいいか」と妻と息子に聞いたうえで了承を得た。その後指揮を執った15試合で1勝しかできず最下位に終わり、前身の古河電工時代を含めてもクラブ初のJ2への降格が決まった。翌2010年も引き続き指揮を執り、1年でのJ1復帰を目指したが、最終的には4位に終わりJ1への昇格を果たせず、この年限りで退任した。

2011年から2年間はU-15日本代表のコーチ。

2013年からはジェフに復帰。2013年から2014年まではトップチームのコーチ、2015年からはU-18監督を務める[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 古河 11 JSL1部 15 1 5 0
1991-92 JR古河 10 1 0 0
1992 市原 - J - 9 0
1993 - 36 4 3 1 3 1 42 6
1994 - 25 1 0 0 1 0 26 1
1995 - 43 13 - 1 0 44 13
1996 - 29 2 14 1 1 0 44 3
1997 11 30 1 7 0 1 0 38 1
1998 30 3 6 0 1 0 37 3
通算 日本 J 193 24 39 2 8 1 240 27
日本 JSL1部 25 2 5 0
総通算 218 26 44 2

その他の公式戦

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2009 J1 千葉 18位 15 8 1 5 9 - 4回戦敗退
2010 J2 千葉 4位 36 61 18 7 11 - 4回戦敗退
J1通算 - 15 - 1 5 9
J2通算 - 36 - 18 7 11
  • 2009年は7月(J1-20節)からの就任。順位はシーズン最終順位。

代表歴[編集]

  • 日本代表 1993年

タイトル[編集]

  • 1985年 高校選手権優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジェフユナイテッド千葉U-18監督に江尻篤彦コーチ就任のお知らせ”. ジェフユナイテッド市原・千葉 (2015年1月15日). 2015年1月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]