長谷川祥之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川 祥之 Football pictogram.svg
名前
愛称 ハセ
カタカナ ハセガワ ヨシユキ
ラテン文字 HASEGAWA Yoshiyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-02-11) 1969年2月11日(48歳)
出身地 京都府宇治市
身長 179cm
体重 69kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1995-1996[1] 日本の旗 日本 6 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

長谷川 祥之(はせがわ よしゆき、1969年2月11日 - )は、京都府宇治市出身の元サッカー選手ポジションFW。現在は鹿島アントラーズスカウト担当を務めている。JFA 公認B級コーチライセンス所持。

人物[編集]

黒崎比差支奥野僚右大野俊三本田泰人サントス、そしてジーコなどとJリーグ開幕当初の鹿島アントラーズの黄金期を築いた功労者の一人。リーグ戦では長谷川が点を入れた試合は34連勝で、「長谷川が決めればチームは負けない」という伝説も残している。その後も息の長い活躍を続け、マジーニョ柳沢敦平瀬智行らと先発ポジションを争い続けた。1999年頃から先発出場の機会は減ったが、その後もスーパーサブとして存在感を保ち、選手としてはもうピークを過ぎているであろう後も鹿島のサポーターの間では長い間人気を博していた。2003年7月27日、1stステージホーム最終戦のセレッソ大阪戦で現役を引退。その後、鹿島の下部チームのコーチに就任。

選手時代の特徴[編集]

上背がそれほどあるわけではないが、ヘディングが得意。「空中に留まることができる」と言われたジャンプ力で数多くのゴールを生み出した。「低い弾も頭で行ったほうが入る」などとの皮肉も言われた時期もあったが、ワンタッチでゴールを決めるポジショニングのよさは、ヘディングに限らず足でのゴールにおいても発揮され、鹿島アントラーズ歴代1位のゴール数を誇る。体を投げ出す勇気あるプレーでゴールを狙うため、よく頭部を負傷し、包帯を巻いてプレーをしていた印象が強い。

レオナルドジョルジーニョが在籍していた時期には、彼らが繰り出すロングフィードの受け手であるポスト役は常に長谷川の役目であり、ターゲットマンとしても貴重な存在だった。

現役末期には慢性的なの故障を抱え往年のジャンプ力を失ったが、ファイト溢れるプレーと持ち前の決定力でスーパーサブの役目を果たし、2002年日韓ワールドカップに向けて改修されたカシマスタジアムのこけら落とし試合(2001年5月19日柏レイソル戦)では、満員のサポーターの前で劇的な延長Vゴールを決めている。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

  • 2004年 - 2006年 鹿島アントラーズジュニアユースコーチ
    • 2005年 ナショナルトレセンコーチ北信越担当
    • 2006年 U-18/U-15 GK・U-15ストライカーキャンプ ストライカーコーチ
  • 2007年 - 2010年 鹿島アントラーズユースコーチ
  • 2011年 鹿島アントラーズアカデミートレセン
  • 2012年 - 鹿島アントラーズスカウト

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 本田 26 JSL1部 0 0 - - 0 0
1991-92 10 22 3 3 0
1992 鹿島 - J - 9 7 3 1 12 8
1993 - 30 9 5 3 5 4 40 16
1994 - 43 21 0 0 1 0 44 21
1995 - 42 16 - 4 2 46 18
1996 - 25 12 11 0 3 0 39 12
1997 11 27 7 11 4 2 1 40 12
1998 26 14 4 3 4 0 34 17
1999 J1 21 4 7 2 0 0 28 6
2000 8 1 5 0 1 0 14 1
2001 11 2 6 1 1 0 18 3
2002 25 3 8 3 3 0 36 6
2003 3 0 0 0 - 3 0
通算 日本 J1 261 89 66 23 27 8 354 120
日本 JSL1部 22 3 3 0
総通算 283 92 69 23

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 鹿島 11 1 0
通算 AFC 1 0

その他の国際公式戦

主な受賞歴[編集]

  • 2009年 アントラーズ功労賞

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 6試合 0得点(1995-1996)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1995 4 0
1996 2 0
通算 6 0

関連項目[編集]

出典[編集]