洪明甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
洪 明甫 Football pictogram.svg
Hong Myung-Bo.jpg
名前
愛称 永遠のリベロ、BO
カタカナ ホン・ミョンボ
ラテン文字 HONG Myung-Bo
ハングル 홍명보
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1969-02-12) 1969年2月12日(52歳)
出身地 ソウル特別市
身長 181cm
体重 71kg
選手情報
ポジション DF (CB) / MF (DH)
利き足 右足
ユース
1987-1991 大韓民国の旗 高麗大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1997 大韓民国の旗 浦項スティーラース 110 (14)
1997-1998 日本の旗 ベルマーレ平塚 42 (0)
1999-2001 日本の旗 柏レイソル 72 (7)
2002 大韓民国の旗 浦項スティーラース 19 (0)
2003-2004 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・ギャラクシー 38 (0)
代表歴2
2000 大韓民国の旗 韓国 オリンピック 1 (0)
1990-2002[1] 大韓民国の旗 韓国 136 (10)
監督歴
2009 大韓民国の旗 韓国 U-20
2009-2012 大韓民国の旗 韓国 U-23
2013-2014 大韓民国の旗 韓国
2016-2017 中華人民共和国の旗 杭州緑城
2021- 大韓民国の旗 蔚山現代
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月24日現在。
2. 2014年11月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

洪 明甫(ホン・ミョンボ、홍명보1969年2月12日 - )は、韓国ソウル出身の元サッカー選手、サッカー指導者。2016シーズンより中国サッカー・スーパーリーグ杭州緑城の監督を務めていた。元韓国代表。現役時代のポジションはセンターバックディフェンシヴハーフ韓国代表史上最多の136キャップを誇り、ワールドカップには4大会連続で出場した。またペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人にも選出されている。引退後にサッカーを通じた慈善活動として財団「洪明甫財団」を設立、子供サッカー教室支援、有望な若手選手の発掘・育成・奨学金支援などを行なっている。

クラブ経歴[編集]

1992年浦項スティーラースでプロのキャリアをスタートさせ約5年間プレー。1995年5月10日には47メートルのFKを決めた。

1994年12月28日には、ワールドカップでの活躍で、アジア以外でも存在が知られるようになり、ASローマ主催のチャリティーマッチに、世界選抜の一員として、アジアから三浦知良と共に招かれて出場[2]、10番を着てプレー、裏に抜け出した三浦にスルーパスを出すなどのプレーを見せた[3]。12月30日には、ACミラン主催のチャリティーマッチにも世界選抜の一員として出場した[4]

Jリーグではベルマーレ平塚に2シーズン、柏レイソルに3シーズン在籍。

1997年6月よりベルマーレ平塚に加入。それまでにもJリーグ入りの話は有ったが、韓国サッカー協会、周囲の反対も有り、Jリーグ入りは実現しなかったが、2002年日韓大会の共同開催が決まったこともあり、ようやく移籍の話がまとまった[5]。7月2日の名古屋グランパス戦でJリーグデビューを果たした。ベルマーレ在籍中はチーム事情からボランチでプレーした[6]1997年12月4日にはワールドカップフランス大会を記念したヨーロッパ選抜対世界選抜の試合に、ジダン中田英寿らと共に出場した。

1999年柏レイソルに移籍、Jリーグで初の韓国人選手のキャプテンとなった。洪の加入でレイソルの守備は安定し[7]、1st、2ndステージ共に4位の成績を残した[7]。1stステージ、3月13日、第2節のアビスパ福岡戦でJリーグでの移籍後初ゴールを決め[8]、5月29日15節の古巣ベルマーレ平塚戦では同点ゴールを決めた[9]。第2ステージ12節のアビスパ福岡戦でゴール、13節のジュビロ磐田戦では決勝ゴールを決める活躍を見せた[10]。同年のナビスコカップ 準々決勝、ジュビロ磐田戦第1戦ではロスタイムにゴールを決め、準決勝進出に貢献[11]、準決勝の名古屋グランパス戦、2ndレグでイエローカードを受け[12]、イエローカード累積の為、決勝の鹿島アントラーズ戦ではプレー出来なかったが、ナビスコカップ優勝に貢献した。また同年開催された Jリーグたらみオールスターサッカーに出場した[13]

2000年には韓国代表そして浦項時代のチームメート黄善洪がレイソルに加入、またこの年から西野朗監督からの依頼でキャプテンに就任した[6]。1stステージの第4節のFC東京戦では決勝ゴールを決め[14]、5月20日、第14節の川崎フロンターレ戦では先制点を決めた[15]。2ndステージ最終節柏は鹿島アントラーズとの直接対決で勝てば優勝というところまで迫るも、スコアレスドローで2位となり、ステージ優勝は逃したが[7](年間勝点数ではリーグ1位となった。[7])、チームを牽引して、Jリーグベストイレブンに選ばれた[7]

2001年には洪の誘いで柳想鐵が加入し、韓国代表選手3名が揃う陣容で優勝を目指したが[16]、チームは調子が出ず低迷した。洪は怪我で2ndステージ、8月18日の横浜F・マリノス戦以降の試合を欠場し[17][18]、2001年12月9日退団セレモニーが行われ[19]、レイソルを退団した。同年8月4日にはJリーグたらみオールスターサッカーに出場した[20]

その後、浦項スティーラースへの復帰を経て、新たな挑戦そして、英語やマーケティングなどを学ぶ意味も込め、MLSのL.Aギャラクシーでプレーし[21]2003年MLSオールスターゲームにコミッショナー選出で出場、2004年に現役を退いた。

2004年3月ペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人に選出された。

2019年Jリーググローバルアンバサダーに就任した[22]

代表経歴[編集]

ワールドカップには4大会連続出場。高麗大学校時代より代表入りし、ワールドカップ1990年イタリア大会に出場。

1994年のアメリカ大会では、スペイン戦では1得点1アシスト(ソ・ジョンウォンのゴールをアシスト)、ドイツ戦でも1得点1アシスト(ファン・ソンホンのゴールをアシスト)したが、グループリーグ敗退。

1998年フランス大会でもグループリーグ敗退に終わる。

2000年にはオーバーエイジ枠でシドニーオリンピックにも出場した。

2002年日韓大会では、準々決勝スペイン戦では、PK戦で5人目のキッカーとしてPKを成功させ、韓国はベスト4入りとなった。韓国代表のベスト4進出に大きく貢献し[23]、アジア人初のブロンズボール賞に輝いた[24][25]

指導者経歴[編集]

2004年に現役を退いた後、2005年10月ディック・アドフォカート監督の下、韓国代表アシスタントコーチに就任し、2006年ワールドカップに参加。アドフォカート退任後に就任したピム・ファーベーク監督の下でも同職を務め、AFCアジアカップ2007に参戦した。2007年から2008年までU-23韓国代表のアシスタントコーチを務めた後、2009年にU-20韓国代表の監督に就任。U-20ワールドカップ2009年大会で同代表をベスト8に導いた。2009年10月、その実績を認められオリンピック韓国代表の監督に就任。ロンドンオリンピックで韓国サッカー史上初となる銅メダル獲得の快挙を果たした。

ロンドンオリンピック後は、2013年1月から2002年ワールドカップ韓国代表監督だったフース・ヒディンクが率いるロシアプレミアリーグアンジ・マハチカラで指導者研修を受けた。2013年6月26日、2014年ワールドカップ予選突破後に退任した崔康熙の後任として、韓国代表監督に就任した。契約では2014年ワールドカップだけでなく、2015年1月のアジアカップまで韓国代表を率いることとなっている[26]。2014年、ワールドカップ本戦は1分2敗でグループリーグ最下位で敗退し、大韓サッカー協会に辞意を伝えたが7月3日に協会は洪の続投を決定[27]した。しかし、10日になり一転して辞任することを表明した[27]。ワールドカップ敗退後に選手たちと会食した時の映像が流出した[28]ことや、代表メンバー選考において個人的な関係を優先した「義理起用」[29]などで批判報道に晒されていた。

2014年11月AFC初代殿堂入りを果たした[30]

Jリーグのアルビレックス新潟にも興味を示されており、就任の可能性はあったが契約には至らなかったという。

2016シーズンより中国サッカー・スーパーリーグ杭州緑城の監督をしていたが、2017年5月に退任した。

プレースタイル[編集]

  • キャプテンとしてチームを後方から鼓舞し[7]、鋭い読み、正確な前線へのフィード[31]、高度な戦術眼と技術を備え[32]、またミドルシュートを得意とし、センターバックやボランチの位置でプレーした[33]。またレイソルでは彼が後方からチームを鼓舞することで、北嶋秀朗明神智和大野敏隆平山智規ら若い選手たちの急速な成長を促した[7]
  • 三浦知良は洪について、他の韓国人選手の様にガツガツ来るタイプではなく、闘志を内に秘めているが、頭を使ったスマートなプレーをする選手で、ピッチ内外でジェントルマンであったと述べている[34]
  • 洪に憧れていたという元日本代表の茂庭照幸は、洪について、前にもいけて、カバーもできる。フィードもうまくて、自分でも持って上がれる。何拍子もそろったすごい選手[31]、とインタビューで話していた。
  • 日本代表の監督も務めた加茂周氏は、2002年日韓大会での韓国代表監督ヒディンク監督の一番のヒットは、ベテランDFの洪を代表に呼び戻したことであるとし、ピッチ上に洪という存在が居ることの意味は大きく、洪はプレスに行くのか、待つのか、全体を把握し韓国代表を統率をしている。と評価していた[35]

エピソードなど[編集]

アメリカでの登録名[編集]

ロサンゼルス・ギャラクシー在籍時の登録名は「BO」であった。リーグ戦でも選手名として背中に「BO」と書かれたユニフォームを着用してプレーし、2003年に母国・韓国で開催されたピースカップにギャラクシーの一員として参加した際、リーグ戦と同様に「BO」のネームの入ったユニフォームを着用しプレーしている。また「BO基金」を設立したほか、アメリカ・カリフォルニア州に開設したサッカースクールの名称も「BOサッカーアカデミー」である。

その他[編集]

  • キャリアの中で最も情熱を注いだのはレイソル時代だ、と後に回想した[6]
  • 柏時代、「日本人選手は勝敗に対して淡白すぎるし、個人主義で人任せなところがある」と言っていた彼は、徹底した勝負根性と自己犠牲の精神を訴え続け、大事な試合前になるとチームメイトを行きつけの焼肉屋に集めて、自腹を切って決起集会を開くこともあった[36]
  • 日本サッカー協会の若手育成システムやJリーグの運営法に好意を抱いており、「大韓サッカー協会は日本のサッカー協会から多くのことを学ぶ必要があるのです」との見解を示している。また、有望な韓国人サッカー選手が、相次いでJリーグへの進出を志望していることに対しては「Jリーグに行ってコンビニの弁当を食べながら、トレーニングする状況を選択してはいけない」「若いころから日本に渡ると、私生活で壁にぶち当たり、自分のレベルを引き上げるのが難しくなる」と警鐘を鳴らしている[37]
  • 自身の出来事を高校の選手権時代から振り返り、また当時在籍していたJリーグで体験した事を韓国のスポーツ新聞で連載した『洪明甫のJリーグ短信』を綴った『LIBERO 洪明甫自伝』が日本では集英社から出版されている。また、2002 FIFAワールドカップ開催前に漫画家のむつ利之がその洪明甫をモデルにして描いた漫画が講談社の「週刊少年マガジン」の読切り漫画で掲載された。この作品は後にKBS第2テレビのバラエティー番組『スポンジ』にて本人の証言で紹介された。
  • 韓国のメディアは、若手の韓国人ディフェンダー(特にJリーグに移籍する選手)に対しては「洪明甫二世」という呼び方をすることがある[38][39]
  • 現役当時韓国のメディアにおいて盛んに、井原正巳と並ぶアジア最高のリベロと言われた。またどちらがアジア最高のリベロかという比較が日韓メディアで盛んに行われた。2004年に行われた井原の引退試合にも出場した[40]
  • Kリーグでプレーした韓国人選手としては、洪が初のJリーグ入りをした選手となり、以降の韓国人プレーヤーのJリーグ加入の道を開いた[41]
  • 韓国代表や、平塚・柏といったクラブチームでは「20」を好んで付けていた(ベルマーレ入団時は途中入団だったため「37」)。 ロサンゼルス・ギャラクシーでは「18」、「20」は当時のエースストライカーカルロス・ルイス英語版が着けていた。

柏レイソル退団時の挨拶[編集]

柏レイソル退団の際以下のメッセージを残した。

日本に来て4年7ヶ月、柏レイソルに来て3年、優勝の悲願を胸に、戦ってきましたが、ここで、ひとまず、ピリオドを打たなくてはいけない「とき」がきました。 ここ、レイソルには、実に、さまざまな思い出があります。 苦しいトレーニング、試合。勝ち、そして負け。 昨年の11月26日、鹿島アントラーズとの試合で引き分け、Jリーグ優勝を逃しました。とても、くやしかった。 そして、今年、8月23日、チームドクターの疲労骨折だとの診断。そして、当分、ゲームには出場できない、と聞かされました。言葉もないほど、くやしかった。 くやしかったことばかり申し上げました。しかし、そのくやしかったこと、全ては、私が愛する、「サッカー」のせいで、「サッカー」の為でくやしかったわけです。 それも仕方ない事だと思います。 私は、これからも、サッカーを続けようと思います。そして、現役を引退してからも、サッカーに関わり続けることと思います。みなさんも、これからも、サッカーを愛しつづけることと思います。

今日は、私たちの為に、ありがとうございました。 今までの、あたたかい、応援に対して、感謝申し上げます。 私、洪明甫は、これからも、サッカーと共に、歩み続けたいと、思います。 柏レイソルのサポーター、関係者の皆様、そして日本の皆様、ありがとうございました。」と述べ、日本を去った。

2001年12月9日、柏レイソルのオフィシャルサイトに掲載の挨拶

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
1992 浦項 Kリーグ 29 1 8 0 - 37 1
1993 11 1 1 0 - 12 1
1994 17 4 0 0 - 17 4
1995 24 1 7 0 - 31 1
1996 29 7 5 0
1997 0 0 6 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1997 平塚 37 J 10 0 0 0 3 1 13 1
1998 20 32 0 0 0 2 0 34 0
1999 J1 28 5 5 2 4 2 37 9
2000 29 2 2 0 2 0 33 2
2001 15 0 3 0 0 0 18 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2002 浦項 Kリーグ 19 0 0 0
アメリカ リーグ戦 リーグ杯USオープン杯 期間通算
2003 ギャラクシー MLS 25 0 2 0
2004 13 0 0 0
通算 韓国 Kリーグ 129 14 27 0
日本 J1 114 7 10 2 11 3 135 12
アメリカ MLS 38 0 2 0
総通算 281 21

韓国代表[編集]

[42] [43]

韓国代表
年度 試合数 ゴール
1990 20 2
1991 1 0
1992 3 1
1993 18 2
1994 14 4
1995 5 0
1996 16 1
1997 12 0
1998 8 0
1999 5 0
2000 11 0
2001 7 0
2002 16 0
Total 136 10

国際Aマッチ得点[編集]

# 日時 開催地 対戦国 試合結果 大会
1. 1990年 8月3日 北京, 中国  中国 1–1 (6–5 PK) 1990 ダイナスティカップ
2. 1990年 9月23日  シンガポール 7–0 アジア競技大会
3. 1992年 8月24日  北朝鮮 1–1 1992 ダイナスティカップ
4. 1993年 5月13日 ベイルート, レバノン  インド 3–0 1994 FIFA ワールドカップ予選
5. 1993年 10月19日 ドーハ, クエート  イラク 2–2
6. 1994年 7月5日 ボストン, アメリカ  エクアドル 1–2 親善試合
7. 1994年 7月17日 ダラス, アメリカ  スペイン 2–2 1994 FIFA ワールドカップ
8. 1994年 7月27日  ドイツ 2–3
9. 1994年 9月11日 江陵, 韓国  ウクライナ 1–0 親善試合
10. 1996年 8月8日 ホーチミン, ベトナム  チャイニーズタイペイ 4–0 1996 アジアカップ予選

指導歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Myung-Bo Hong - Century of International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/hong-intl.html 
  2. ^ Stelle di natale 2016
  3. ^ 週刊サッカーマガジン 1995年」1月25日 no.489号 p.20-21
  4. ^ A Christmas Football Carol: the AC Milan v Christmas Stars saga 2012年12月24日
  5. ^ Jリーグ 10年の軌跡 1993~2001 ベースボールマガジン P.126
  6. ^ a b c 柏レイソル10年史 文化工房 星雲社、2004年、p72-73 ISBN 4-434-04119-3
  7. ^ a b c d e f g 。歴史年表1996-2000-柏レイソル公式サイト
  8. ^ 洪 明甫”. j-league. 2020年4月17日閲覧。
  9. ^ Jリーグ 10年の軌跡 1993-2002 ベースボールマガジン社 P.190
  10. ^ Jリーグ 10年の軌跡 1993-2002 ベースボールマガジン社 P.191-192
  11. ^ ’99Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 準々決勝第1戦-JLEAGUE DATA
  12. ^ ’99Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 準決勝第2戦-JLEAGUE DATA
  13. ^ 1999年Jリーグたらみオールスターサッカー-JLEAGUE DATA
  14. ^ Jリーグ公式クロニクルベストマッチ 洪明甫決勝ゴール 2000年4月1日 J1リーグ 1stステージ 第4節 FC東京vs柏レイソル-Jリーグ公式
  15. ^ Jリーグ 10年の軌跡 1993-2002 ベースボールマガジン社 P.198
  16. ^ 『DECADE 柏レイソル10年史』 文化工房・星雲社、2004年、157頁
  17. ^ 洪 明甫選手の負傷について-Reysol公式サイトアーカイブ
  18. ^ 歴史年表2001-2005-柏レイソル公式サイト
  19. ^ 洪 明甫選手退団のお知らせ-Reysol公式サイトアーカイブ
  20. ^ 2001年Jリーグたらみオールスターサッカー-JLEAGUE DATA
  21. ^ DEAR KAZU 僕を育てた55通の手紙 p.159-161 ホンミョンボとの手紙ページ
  22. ^ “ジーコ、ギド ブッフバルト、ドゥンガ、洪 明甫の4氏が、Jリーググローバルアンバサダーに就任”. jleague.jp. https://www.jleague.jp/news/article/14850/ 2020年4月8日閲覧。 
  23. ^ 洪明甫 カリスマが語る日韓中サッカー比較 2017年2月14日
  24. ^ Golden Ball Award
  25. ^ Kahn wins Golden Ball-telegraph誌
  26. ^ 韓国代表、ホン・ミョンボ監督の就任を正式発表”. Goal (2013年6月24日). 2013年6月24日閲覧。
  27. ^ a b 貝瀬秋彦 (2014年7月10日). “韓国の洪明甫監督、一転して辞任表明 W杯で不振”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG7B55NWG7BPTQP009.html 2014年7月24日閲覧。 
  28. ^ キム・ミョンウ (2014年7月18日). “批判報道で退任を決めたホン・ミョンボ 韓国サッカー界を揺らした突然の辞任劇”. スポーツナビ. http://brazil2014.yahoo.co.jp/column/detail/201407180001-spnavi 2014年7月24日閲覧。 
  29. ^ “韓国代表・洪明甫監督が電撃辞任!留任決定から1週間で”. サンケイスポーツ. (2014年7月10日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20140710/wcp14071011480029-n1.html 2014年7月24日閲覧。 
  30. ^ AFC初代殿堂入り10名に奥寺氏、澤、キューウェル氏らが選出 サッカーキング 2014年11月22日
  31. ^ a b Interview No.949 (2/2) - ウェイバックマシン(2003年12月11日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2003年11月12日)
  32. ^ ベルマーレ平塚・洪 明甫 選手を獲得-Reysol公式サイトarchivedate=2001-07-20
  33. ^ DEAR KAZU 僕を育てた55通の手紙 p.161-164ホンミョンボとの手紙ページ
  34. ^ DEAR KAZU 僕を育てた55通の手紙 p.161-164ホンミョンボとの手紙ページ
  35. ^ 朝日新聞2002WC 全紙面 P.228-229 ベースボールマガジン社
  36. ^ 洪明甫が訴え続けたのは、徹底した勝負根性と自己犠牲の精神 NUMBER 2013年6月6日
  37. ^ 大韓サッカー協会公式サイト U-20韓国代表のホン・ミョンボ監督「有望選手のJリーグ進出に憂慮」(2009-10-23)
  38. ^ NUMBER チョヒョンス
  39. ^ 韓国戦力データー
  40. ^ DEAR KAZU 僕を育てた55通の手紙 p.161-164ホンミョンボとの手紙ページ
  41. ^ Jリーグ 10年の軌跡 1993~2001 ベースボールマガジン P.126
  42. ^ 洪明甫 - National-Football-Teams.com
  43. ^ Myung-Bo Hong - Century of International Appearances

関連項目[編集]

外部リンク[編集]