池田誠剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田 誠剛 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イケダ セイゴウ
ラテン文字 IKEDA Seigo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1960-12-16) 1960年12月16日(58歳)
出身地 埼玉県浦和市
選手情報
ポジション MF
ユース
1979-1982 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1991 古河電気工業 45 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

池田 誠剛(いけだ せいごう、1960年12月16日 - )は、埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元サッカー選手の池田伸康の兄にあたる。

来歴[編集]

早稲田大学を経て、古河電気工業に入部。現役時代は故障がちで、十字靭帯損傷が原因となって現役を引退した。

引退後は指導者となりジェフ市原浦和レッズなどでキャリアを重ねた[1]

2014年12月、ロアッソ熊本のコンディショニングアドバイザーに就任した[2]

2016年、早稲田大学での同期[3]城福浩が指揮を執るFC東京のフィジカルコーチに就く。併行開催されるAFCチャンピオンズリーグとリーグ戦を戦い抜くための体力作りを担ったが[4]、効果的なトレーニングを行えなかったために、体力の落ちた試合終盤に失点する試合が続いた[5]。同年7月、城福の解任と共に退任[6]

2017年7月、FC今治のトップチームフィジカルコーチに就任した[7]

2018年、城福が監督に就いたサンフレッチェ広島のフィジカルコーチに就任。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1983 古河 JSL1部
1984
1985
1986-87
1987-88
1988-89
1989-90
1990-91
通算 日本 JSL1部 45 1 45 1
総通算 45 1 45 1

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “池田誠剛氏が育成部門フィジカルコーチに就任” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2008年3月28日), http://www.urawa-reds.co.jp/clubinfo/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E8%AA%A0%E5%89%9B%E6%B0%8F%E3%81%8C%E8%82%B2%E6%88%90%E9%83%A8%E9%96%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%81%AB%E5%B0%B1%E4%BB%BB/ 2016年7月24日閲覧。 
  2. ^ 池田誠剛 氏、コンディショニングアドバイザー就任のお知らせ”. ロアッソ熊本 公式サイト. 株式会社アスリートクラブ熊本 (2015年1月14日). 2014年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月28日閲覧。
  3. ^ 心強い腹心も加入 早大時代の同級生・池田さん 東京中日スポーツ (2015年12月29日)
  4. ^ Vの体に進化中!! 池田フィジカルコーチに直撃 東京中日スポーツ (2016年1月26日)
  5. ^ 記者こぼれ話 「あれっ」というシーンも過去にあったと池田フィジコ。またもアディショナルタイムの失点で福岡に逆転負け - ウェイバックマシン(2016年12月21日アーカイブ分)東京中日スポーツ (2016年7月14日)
  6. ^ “城福浩監督解任のお知らせ” (プレスリリース), FC東], (2016年7月24日), http://www.fctokyo.co.jp/?p=244379 2016年7月24日閲覧。 
  7. ^ “池田 誠剛氏、トップチームフィジカルコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), FC今治, (2017年7月5日), http://www.fcimabari.com/news/2017/000666.html 2017年7月16日閲覧。 
  8. ^ ロクFCの主な卒業生”. ロクFC. 2013年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月25日閲覧。

関連項目[編集]