2010年アジア競技大会におけるサッカー競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2010年アジア競技大会におけるサッカー競技(男子)
緑:男女とも参加 青:男子のみ参加 黒:不参加
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2010年11月7日 - 11月25日
チーム数 24
開催地数 (1都市)
大会結果
優勝  日本 (1回目)
準優勝  アラブ首長国連邦
3位  韓国
4位  イラン
大会統計
試合数 52試合
ゴール数 135点
(1試合平均 2.6点)
得点王 日本の旗 永井謙佑(5点)
 < 20062014
2010年アジア競技大会におけるサッカー競技(女子)
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2010年11月14日 - 11月22日
チーム数 7
開催地数 (1都市)
大会結果
優勝 日本の旗 日本 (1回目)
準優勝 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
3位 大韓民国の旗 韓国
4位 中華人民共和国の旗 中国
大会統計
試合数 13試合
ゴール数 41点
(1試合平均 3.15点)
得点王 大韓民国の旗 池笑然(5点)
 < 20062014

2010年アジア競技大会におけるサッカー競技は、中華人民共和国広州市にて2010年11月7日より11月25日まで開催された。

概要[編集]

同競技開幕戦は開会式の5日前に行われ、男子サッカーでは24か国、女子サッカーでは7か国が出場。男子は23歳以下の選手、および1チームあたり3名までのオーバーエージ枠選手のみが出場できる。女子は年齢制限を設けず行われる。

試合球は、韓国のスター社製のニューポラリス3000を使用した。[1]

トピックス[編集]

  • 今大会では、男女ともに日本が初の金メダルを獲得した。また、アジア大会サッカー競技における男女アベック優勝は、女子競技が開始された1990年以来初のことであった[2]
  • 男子1次リーグ・グループAの中国対マレーシア戦では、マレーシアの選手が3人退場処分を受けるという出来事があった[3]

男子日本代表への対応[編集]

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件の影響で、AFC U-19選手権2010では、中国人の反日行為があった。その為、厳戒態勢で中国の警察官が20人で警備にあたった。また、現地では日本大使館、中国公安当局が協力し、日本が中国に勝った場合の中国人の暴動などに備え、選手、関係者、サポーターの避難シミュレーションが行われた。日本国旗、横断幕も持ち込みは禁止され[4]、観客席から中国人サポーターの映像を撮るのも禁止された。ネットでは、日中戦の検索が規制された[5]。そして、在広州日本総領事館や広州日報は、ヤジやブーイングを控えるよう呼びかけた。
  • 11月6日、代表者会議にて試合前日の公式練習でのスパイクとボールの使用禁止が決定された。禁止の理由について大会組織委員会は「芝の状態をキープしたい」からだと述べた。日本側は抗議したが受け入れられず、結局慣れないピッチでボールの感触などを確かめられないまま試合に臨むこととなった[6]。また、同日、市橋二中学で初練習を行ったが、学校前の道路を封鎖したり、近隣の商店を閉店し、ピッチの周辺には迷彩服を着た警備員が配置された。また、チームに対しても金属探知機で選手だけでなくボール、スパイクにまでチェックした[7]
  • 11月8日、日本対中国戦が行われたが、日本国歌斉唱の際に中国人観客席からブーイングがあがり、起立しない一部の観客もいた為、警察が制止し、起立させる場面があった。また、一部では、中国人サポーターが日本人サポーターへ罵声を浴びせた[8]
  • 警備状況は、会場付近に武装警官ら数千人を配置し、装甲車や銃器を構える特殊部隊が競技場入り口を固め、日本人観戦区域に警官の壁を設置したり、報道陣のカメラも入念な検査を行った。日本人サポーターは、商業ビルに集合し、主催者側が用意したバスで会場へ入り、中国人観客が全て出払った後に会場から退場した[9]。また、スタジアムの収容人数は約5万2千人で、約2万枚は完売した。残りの枚数の一部は、私服警官や模範的観客として動員組に渡されたものと思われる。そして、学生に対しては動員であることを隠すため、学校名が入ったジャージを着用しないよう当局から念押しされていたことがネット上で暴露された。警備責任者は、「他の会場と変わらない。日中戦だからといって特別な態勢は取らない」と断言していたが、実際にはトラブル防止のため、さまざまな方策がとられていた[10]
  • 日本のA代表監督のザッケローニ監督が観戦したが、代表監督に用意されるVIP席ではなく一般席に座らされた[11]

会場[編集]

以下のスタジアムが会場として用いられる:

中国広州市
天河スタジアム
観客数: 60,000
花都スタジアム
観客数: 20,000
越秀山スタジアム
観客数: 30,000
広東省人民スタジアム
観客数: 25,000
Tianhe Stadium.jpg Gthumb.svg Yuexiushan Stadium.jpg Gthumb.svg
男子: GP、決勝T / 女子: 決勝T 男子: GP 男子: GP、決勝T 男子: GP、決勝T / 女子: GP
中国広州市
英東スタジアム
観客数: 14,818
広州大学街スタジアム
観客数: 50,000
黄埔スポーツセンター
観客数: 12,000
Gthumb.svg Gthumb.svg Gthumb.svg
男子: GP 男子: GP、決勝T / 女子: GP 男子: GP、決勝T / 女子: GP

選手[編集]

男子[編集]

キックオフ時間は現地時間 (UTC+8) による。

1次リーグ[編集]

2010年10月7日にドローイングが行われ、以下のように組み合わせが決定した[12]

前大会と異なり、決勝トーナメントには各組1位・2位のチームおよび、各組3位のチームのうち成績上位の4チームが進出する。

グループA[編集]


チーム







1  日本 9 3 3 0 0 8 0 +8
2  中国 6 3 2 0 1 5 4 +1
3  マレーシア 3 3 1 0 2 2 6 -4
4  キルギス 0 3 0 0 3 2 7 -5



2010年11月10日
19:00
中国  2 – 1  キルギス
84分にゴール 84分 呂文君
90+4分にゴール 90+4分 呉曦
大会公式サイト 5分にゴール 5分 シドレンコ


2010年11月13日
19:00
キルギス  0 – 3  日本
大会公式サイト 5分にゴール 5分 61分にゴール 61分 (pen.) 登里享平
79分にゴール 79分 (pen.) 富山貴光

グループB[編集]


チーム







1  イラン 9 3 3 0 0 6 1 +5
2  トルクメニスタン 4 3 1 1 1 8 7 +1
3  ベトナム 3 3 1 0 2 5 8 -3
4  バーレーン 1 3 0 1 2 2 5 -3





グループC[編集]


チーム







1  北朝鮮 9 3 3 0 0 7 0 +7
2  韓国 6 3 2 0 1 7 1 +6
3  パレスチナ 1 3 0 1 2 0 6 -6
4  ヨルダン 1 3 0 1 2 0 7 -7



2010年11月10日
19:00
パレスチナ  0–3  北朝鮮
大会公式サイト 8分にゴール 8分 金功榛
28分にゴール 28分 崔金哲
67分にゴール 67分 朴光龍


グループD[編集]


チーム







1  カタール 7 3 2 1 0 4 1 3
2  クウェート 6 3 2 0 1 4 2 2
3  インド 3 3 1 0 2 5 5 0
4  シンガポール 1 3 0 1 2 1 6 -5





グループE[編集]


チーム







1  アラブ首長国連邦 7 3 2 1 0 7 1 6
2  香港 7 3 2 1 0 6 2 4
3  ウズベキスタン 3 3 1 0 2 3 4 -1
4  バングラデシュ 0 3 0 0 3 1 10 -9





グループF[編集]


チーム







1  オマーン 7 3 2 1 0 6 1 5
2  タイ 5 3 1 2 0 7 1 6
3  モルディブ 2 3 0 2 1 0 3 -3
4  パキスタン 1 3 0 1 2 0 8 -8





各組3位チーム[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点 得失点差
D  インド 3 3 1 0 2 5 5 0
E  ウズベキスタン 3 3 1 0 2 3 4 -1
B  ベトナム 3 3 1 0 2 5 8 -3
A  マレーシア 3 3 1 0 2 2 6 -4
F  モルディブ 2 3 0 2 1 0 3 -3
C  パレスチナ 1 3 0 1 2 0 6 -6

決勝トーナメント[編集]

ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
                           
11月16日 15:30 黄埔            
   日本 5
11月19日 15:30 黄埔
   インド 0  
  日本 1
11月16日 19:00 越秀山
    タイ 0  
   トルクメニスタン 0
11月23日 16:00 越秀山
   タイ (aet) 1  
  日本 2
11月15日 16:00 越秀山
    イラン 1  
   イラン 3
11月19日 19:00 黄埔
   マレーシア 1  
  イラン 1
11月15日 16:00 黄埔
    オマーン 0  
   オマーン 3
11月25日 19:00 天河スタジアム
   香港 0  
  日本 1
11月16日 15:30 越秀山
    アラブ首長国連邦 0
   北朝鮮 2
11月19日 16:00 越秀山
   ベトナム 0  
  北朝鮮 0 (8)
11月16日 19:00 天河スタジアム
    アラブ首長国連邦 (PK) 0 (9)  
   アラブ首長国連邦 2
11月23日 19:00 天河スタジアム
   クウェート 0  
  アラブ首長国連邦 (aet) 1
11月15日 19:00 広州大学街
    韓国 0   3位決定戦
   カタール 0
11月19日 19:00 天河スタジアム 11月25日 15:30 天河スタジアム
   ウズベキスタン (aet) 1  
  ウズベキスタン 1   イラン 3
11月15日 19:00 天河スタジアム
    韓国 (aet) 3     韓国 4
   中国 0
   韓国 3  

1回戦 (ラウンド16)[編集]




#M40
2010年11月15日
16:00
オマーン  3 - 0  香港
Ali Farah Hadhri Hussain 30分にゴール 30分61分
Aman Bait Nasib 68分にゴール 68分
大会公式サイト


#M42
2010年11月16日
15:30
北朝鮮  2 - 0  ベトナム
崔金哲 35分にゴール 35分
崔敏鎬 90+1分にゴール 90+1分 (pen.)
大会公式サイト

#M43
2010年11月16日
19:00
トルクメニスタン  0 - 1
(延長)
 タイ
大会公式サイト Kirati Keawsombut 107分にゴール 107分

#M44
2010年11月16日
15:30
日本  5 - 0  インド
永井謙佑 17分にゴール 17分51分
山崎亮平 28分にゴール 28分
山村和也 45分にゴール 45分
水沼宏太 63分にゴール 63分
大会公式サイト

準々決勝[編集]




#M48
2010年11月19日
15:30
タイ  0 - 1  日本
大会公式サイト 45分にゴール 45分 東慶悟

準決勝[編集]


#M50
2010年11月23日
16:00
日本  2 - 1  イラン
水沼宏太 38分にゴール 38分
永井謙佑 60分にゴール 60分
大会公式サイト アフシン 6分にゴール 6分

3・4位決定戦[編集]

決勝戦[編集]

女子[編集]

1次リーグ[編集]

2010年10月7日にドローイングが行われ、以下のように組み合わせが決定した[12]

グループA[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点 得失点差
 韓国 7 3 2 1 0 11 1 10
 中国 7 3 2 1 0 11 1 10
 ベトナム 3 3 1 0 2 4 7 -3
 ヨルダン 0 3 0 0 3 1 18 -17

2010年11月14日
19:00
中国  10 – 1  ヨルダン
馬君 7分にゴール 7分44分
屈珊珊 13分にゴール 13分17分
徐媛 14分にゴール 14分84分
李琳 39分にゴール 39分46分
劉華娜 54分にゴール 54分
龐豊月 90分にゴール 90分
大会公式サイト Maysa Jbarah 19分にゴール 19分



※韓国と中国が勝ち点、得失点差、総得点で並んだため、45分ハーフ終了後直ちに、順位決定のPK戦が行われた。この結果により、韓国が1位、中国が2位となった。


グループB[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点 得失点差
 日本 4 2 1 1 0 4 0 4
 北朝鮮 4 2 1 1 0 2 0 2
 タイ 0 2 0 0 2 0 6 -6

タイ  0 – 4  日本
大会公式サイト 北本綾子 24分にゴール 24分
大野忍 35分にゴール 35分
阪口夢穂 60分にゴール 60分
Thidarat Wiwasukhu 86分にゴール 86分 (o.g.)


決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
11月20日    
  日本 1(aet)
  中国 0  
  11月22日
  日本 1
    北朝鮮 0
 
3位決定戦
11月20日 11月22日
  韓国 1   韓国 2
  北朝鮮 3(aet)     中国 0

準決勝[編集]


#M11
2010年11月20日
16:00
韓国  1 - 3
(延長)
 北朝鮮
柳英雅 88分にゴール 88分 [8] 趙燕美 45+1分にゴール 45+1分
羅銀心 94分にゴール 94分119分

3位決定戦[編集]

#M12
2010年11月22日
15:30
韓国  2 - 0  中国
朴煕栄 2分にゴール 2分
池笑然 37分にゴール 37分
[9]

決勝戦[編集]

#M13
2010年11月22日
19:00
北朝鮮  0 - 1  日本
[10] 岩清水梓 74分にゴール 74分

最終結果[編集]

順位 男子 女子
1  日本  日本
2  アラブ首長国連邦  北朝鮮
3  韓国  韓国
4  イラン  中国

脚注[編集]

  1. ^ 関塚ジャパンに洗礼?未知の韓国社製ボール”. Sponichi Annex ニュース (2010年11月3日). 2011年9月21日閲覧。
  2. ^ アジア大会サッカー、「三流日本」が金メダル―中国メディア”. サーチナ (2010年11月26日). 2011年5月12日閲覧。
  3. ^ レッド3枚の主審に敗戦監督「病院行けば?」 アジア大会サッカー”. AFP BB news (2010年11月15日). 2011年5月12日閲覧。
  4. ^ サッカーU-21日本代表、緊迫現地入り [1]
  5. ^ NEWS23X 11月8日放送
  6. ^ 関塚ジャパンに“嫌がらせ”ボール、スパイク使用禁止スポーツニッポン 2010年11月07日
  7. ^ U-21代表、8日中国戦へ超厳戒初練習…アジア大会 [2]
  8. ^ 君が代にブーイングも…厳戒下の日中サッカー [3]
  9. ^ サッカー日中戦 中国当局、数千人配置し厳戒 [4]
  10. ^ 消えた入場券3万枚の行方は? 厳戒、日中戦[5]
  11. ^ ザックVIP席で視察リベンジ!知名度アップへ再び中国行き熱望[6]
  12. ^ a b 日本は中国と同組:広州アジア大会”. AFC公式サイト (2010.10.7付ニュースリリース). 2010.10.9 11:12 (UTC)閲覧。

外部リンク[編集]