李鎔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李 鎔 Football pictogram.svg
Mex-Kor (41) (cropped).jpg
韓国代表での李鎔(2018年)
名前
カタカナ イ・ヨン
ラテン文字 Lee Yong
ハングル 이용
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1986-12-24) 1986年12月24日(32歳)
出身地 ソウル特別市
身長 180cm
選手情報
在籍チーム 大韓民国の旗 全北現代モータース
ポジション DF
背番号 2
ユース
2006-2009 大韓民国の旗 中央大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2016 大韓民国の旗 蔚山現代FC 157 (1)
2015-2016 大韓民国の旗 尚州尚武FC 56 (2)
2017- 大韓民国の旗 全北現代モータース
代表歴2
2013- 大韓民国の旗 韓国 42 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月31日現在。
2. 2019年1月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

李 鎔(イ・ヨン 、1986年12月24日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身のプロサッカー選手サッカー韓国代表全北現代モータース所属。ポジションはDF

経歴[編集]

クラブ[編集]

2010年シーズンに蔚山現代に入団した。当時の右サイドバックのレギュラーだった呉範錫が代表戦で外れた際にデビュー。シーズン終了までに19試合に出場した。 2011年シーズン開幕前、呉が水原三星ブルーウィングスに移籍し、空いたポジションを新加入の宋鐘國と争った。シーズン中盤、宋が天津泰達足球倶楽部に移籍した後、レギュラーの座を獲得した。その後、チームの主力として活躍しており、2011年Kリーグカップ優勝、2011 Kリーグ準優勝、AFCチャンピオンズリーグ2012優勝、2013 Kリーグクラシック準優勝に貢献した。 2013年シーズン後、2013 Kリーグクラシックベスト11のDF部門に選ばれた。

2014年シーズン終了後、兵役のため尚州尚武に移籍。2015年シーズンはKリーグクラシック昇格に多大な貢献をし、2015 Kリーグチャレンジベスト11のDF部門に選ばれた。2016年シーズン前に、尚州尚武の新キャプテンに選ばれた。

2016年9月14日、兵役終了により前所属チームである蔚山に復帰した。

2016年シーズン終了後、全北現代に移籍[1]

代表[編集]

2013年7月24日、東アジアカップ2013・中国戦で韓国代表デビュー。

2014 FIFAワールドカップではグループステージ全3試合(ロシア、アルジェリア、ベルギー)でフル出場した。

エピソード[編集]

2016年4月3日、朴珍鋪金永根金聖ジュンチョ永哲と一緒に外出した際にスリを捕まえ、4月9日に韓国警察から感謝状が贈られた[2] [3]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

全北現代
尚州尚武
全北現代

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]