車屋紳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
車屋 紳太郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 車屋先生、シンタロウ
カタカナ クルマヤ シンタロウ
ラテン文字 KURUMAYA Shintaro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-04-05) 1992年4月5日(26歳)
出身地 熊本県熊本市
身長 178cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション DF (LSB CB)MF(WB)
背番号 7
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014- 川崎フロンターレ 96 (1)
代表歴2
2017- 日本の旗 日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月31日現在。
2. 2017年12月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

車屋 紳太郎(くるまや しんたろう、1992年4月5日 - )は、熊本県出身のサッカー選手川崎フロンターレ所属。ポジションは、ディフェンダー日本代表

来歴[編集]

兄の影響で5歳の時にサッカーを始め、小学校4年からは谷口彰悟の誘いで熊本ユナイテッドSCでプレー[1]。中学校時代は長嶺中学校サッカー部に所属した。2011年大津高校を経て筑波大学へ進学。風間八宏監督の下で1年時からレギュラーに定着し、関東大学サッカーリーグ戦で新人賞を受賞した[2]。3年生の夏には第27回夏季ユニバーシアードユニバーシアード日本代表として出場し、銅メダル獲得に貢献[3]。4年時は蹴球部の副将を務める[1]

2014年4月、複数クラブとの競合の末に2015年から川崎フロンターレへの入団が内定した[2][4]。在学中の同年5月、川崎に特別指定選手として選手登録された[5]

2015年は開幕からレギュラーの座を掴み、3月に日本代表のバックアップメンバーに初選出(正式選出はなし)。本職のサイドバックだけでなくセンターバック、3バックの一角としてもプレー。

2016年2ndステージ湘南戦でプロ初ゴールを上げるなど、主力として活躍。

2017年より背番号が「7」に変更され、筑波大学で付けていた番号となった。9月28日、キリンチャレンジカップに挑む日本代表のメンバーに初選出され[6]、10月10日のハイチ戦で代表デビューを果たした。 リーグでは全試合に先発出場し8アシストするなど主力として活躍し、川崎の初優勝に貢献。Jリーグアウォーズではベストイレブンに選出された(本職の左サイドバックとしてではなく、サブポジションであるセンターバックとして選出されている)。

エピソード[編集]

  • 1歳年上の幼馴染である谷口彰悟とは、小学校、中学校、高校、大学が全て同じで、プロでの契約先も同じ川崎、更に日本代表候補にも同時に初選出と、全く同じ道のりを歩んでいる。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2008 大津高 23 - - - 0 0 0 0
2011 筑波大 24 - - 2 0 2 0
2012 14 - - 2 0 2 0
2013 5 - - 2 0 2 0
2014 7 - - 1 1 1 1
2014 川崎 31 J1 2 0 0 0 - 2 0
2015 20 30 0 5 0 1 0 36 0
2016 30 1 5 0 5 1 40 2
2017 7 34 0 3 0 3 0 40 0
2018
通算 日本 J1 96 1 13 0 9 1 118 2
日本 - - 7 1 7 1
総通算 96 1 13 0 16 2 125 3
  • 2014年は特別指定選手
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2017 川崎 7 10 0
通算 AFC 10 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

川崎フロンターレ

代表[編集]

全日本大学選抜

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 0得点(2017年 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2017 3 0
通算 3 0

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]