狩野健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
狩野 健太 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケンタ
カタカナ カノウ ケンタ
ラテン文字 KANO Kenta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-05-02) 1986年5月2日(34歳)
出身地 静岡県静岡市
身長 177cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2012 横浜F・マリノス 107 (9)
2013-2015 柏レイソル 34 (3)
2016-2017 川崎フロンターレ 7 (1)
2018-2019 徳島ヴォルティス 29 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年07月04日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

狩野 健太(かのう けんた、1986年5月2日 - )は、静岡県出身の元プロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

静岡学園高等学校から2005年に横浜F・マリノスに入団し、プロ入りした。プロ入り時には出身地にある清水エスパルスなど複数クラブから入団の誘いを受けたが、最終的に横浜FMを選択した。

プロ2年目の2006年からはある程度試合に出場したものの、レギュラーを獲得するまでには至らなかった。そうした状況が変わったのは2008年であった。この年、横浜FMはJ1残留争いに巻き込まれ、桑原隆から木村浩吉へ監督が交代した。木村は狩野を抜擢すると、狩野はそれにこたえる活躍を見せ、残留争いから脱出する原動力になった。2009年も引き続きレギュラーとしてプレーし、自己最多の28試合に出場し、同じく自己最多の4ゴールを挙げた。

しかし、2010年に中村俊輔がチームに復帰したことでポジション争いが激化し、この年に就任した木村和司は狩野をメンバーから外すことが多くなり、2011年も木村が指揮を執ったため、狩野の出番は更に限られた。2012年は監督が木村から樋口靖洋に変わったものの、J1リーグ戦では途中交代出場のみの4試合の出場となり、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。

2013年に柏レイソルに加入した[1]。柏は高校時代にも獲得のオファーを出しており、8年越しの入団実現となった。

2015年、柏レイソルから契約満了が発表される[2]

2016年1月1日、川崎フロンターレへ完全移籍することを発表した[3]。 開幕当初はスタメンで出場してたものの、徐々に出番を失いベンチを温める日が続いた。 4月6日ナビスコ杯、アルビレックス新潟戦で先発を果たし、前半20分PKを決め、移籍後初ゴールをあげた。また、後半37分にゴールを決め、合計2得点を挙げて勝利に貢献した[4][5]

2017年をもって契約満了に伴い退団[6]

2018年4月、徳島ヴォルティスへの加入が発表された[7]

2020年1月13日、徳島ヴォルティスから契約満了が発表される[8]

2020年7月1日引退を発表[9][10][11] [12]

同時にKentaKano Official HPを開設し[9]、プライベートサッカートレーニングを開始する事を発表した。

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 横浜FM 29 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2006 13 1 8 1 3 0 24 2
2007 14 18 0 4 1 2 1 24 2
2008 13 3 0 0 4 2 17 5
2009 28 4 9 1 3 1 40 6
2010 20 1 5 0 2 0 27 1
2011 10 0 3 0 1 0 14 0
2012 4 0 4 0 4 1 12 1
2013 18 2 2 0 2 0 22 2
2014 13 1 2 0 1 0 16 1
2015 3 0 0 0 1 0 4 0
2016 川崎 25 5 1 4 2 0 0 9 3
2017 2 0 2 0 2 0 6 0
2018 徳島 41 J2 17 1 - 1 0 18 1
2019 10 12 0 - 0 0 12 0
通算 日本 J1 148 13 43 5 25 5 216 23
日本 J2 29 1 - 1 0 30 1
総通算 177 14 43 5 26 5 246 24
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC AFC CL
2013 14 4 1
2015 1 0
2017 川崎 25 2 0
通算 AFC 7 1

タイトル[編集]

クラブ[編集]

柏レイソル
川崎フロンターレ

代表歴[編集]

  • 2007年 U-22日本選抜

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 横浜FMから谷口博之と狩野健太の2選手が柏に移籍”. Soccer King (2013年1月23日). 2020年7月4日閲覧。
  2. ^ 柏がMF狩野、GK三浦との契約満了発表…狩野は今季4試合の出場”. Soocer King (2015年12月5日). 2020年7月4日閲覧。
  3. ^ 狩野健太選手加入のお知らせ”. 川崎フロンターレ. 2016年1月1日閲覧。
  4. ^ “主将”谷口&狩野が2発、原川1Aの川崎Fが新潟に完勝! 今季ナビスコ杯初白星”. ゲキサカ (2016年4月6日). 2020年7月4日閲覧。
  5. ^ 2016 ヤマザキナビスコカップ 第3節 vs.アルビレックス新潟”. 川崎フロンターレ. 2020年7月4日閲覧。
  6. ^ J1王者の川崎F、MF狩野健太、DF井川祐輔ら4選手との契約満了を発表”. Goal.com (2017年12月6日). 2020年7月4日閲覧。
  7. ^ 狩野 健太選手完全移籍にて加入決定のお知らせ”. 徳島ヴォルティス (2018年4月7日). 2018年4月7日閲覧。
  8. ^ 狩野健太が徳島を退団”. 超ウルトラサッカー! (2020年1月13日). 2020年7月4日閲覧。
  9. ^ a b 狩野 健太選手引退のお知らせ”. 徳島ヴォルティス (2020年7月1日). 2020年7月4日閲覧。
  10. ^ 2019年まで徳島でプレーしたMF狩野健太が現役引退を発表…かつて横浜FM、柏、川崎にも所属”. Soccer King (2020年7月1日). 2020年7月4日閲覧。
  11. ^ 「オファーも頂きましたが…」1月に徳島退団のMF狩野健太、15年間の現役生活に終止符。セカンドキャリアは指導者|ニフティニュース”. @niftyニュース (2020年7月1日). 2020年7月1日閲覧。
  12. ^ 天才”狩野健太、現役続行オファー断り34歳引退決断「これからやりたいことが明確になった」”. ゲキサカ (2020年7月1日). 2020年7月1日閲覧。
  13. ^ エル・ゴラッソ - 2008年11月26日号[要ページ番号]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]