大島僚太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大島 僚太 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオシマ リョウタ
ラテン文字 OSHIMA Ryota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1993年1月23日(23歳)
出身地 静岡県静岡市
身長 168cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション MF
背番号 10
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011- {jpn}川崎フロンターレ 97 (3)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大島 僚太(おおしま りょうた、1993年1月23日 - )は、静岡県出身のサッカー選手J1川崎フロンターレ所属、ポジションはMF日本代表

来歴[編集]

両親からは野球をやる事を勧められていたが、本人はサッカーをやる事を決めた。小学4年生の頃に清水FCのセレクションに合格している[1]

中学高校と目立つプレーヤーではなく、高校2年時になっても控えに回る事が多かった上に、高校3年時も怪我をしてしまいインターハイには1試合も出られなかった。2010年、レギュラーとして初めて出場する事となった全国大会である全日本ユース選手権で、青森山田高等学校名古屋グランパスU-18横浜F・マリノスユースを下し、静岡学園高校をベスト4に導いた[1]

高校卒業後は大学進学の予定だったが前述の大会での活躍がスカウトの目に留まり、11月に入って急遽川崎入りが決まった(川崎も当初は同年オフの新卒選手の獲得を終えたはずだった)。

2011年シーズンは高卒ルーキーながら、5月7日ヴィッセル神戸戦で後半28分に登里享平に代わり途中出場し、早々とJリーグデビューを果たした。7月23日アルビレックス新潟戦では、主力の稲本潤一中村憲剛柴崎晃誠が揃って欠場したこともあり、初めてスターティングメンバーに名を連ねた。

2012年5月3日ジュビロ磐田戦でリーグ戦初ゴールを決める。

2016年から川崎フロンターレに在籍する日本人で初の背番号「10」を着けることが決まった。5月26日、キリンカップサッカー2016に出場するサッカー日本代表に初選出された。

人物[編集]

  • プレースタイルが似ている事から「中村憲剛2世」の呼び声も高い[2][3]
  • 静岡学園高校出身で1学年下に伊東幸敏がいる。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2011 川崎 30 J1 9 0 4 0 1 0 14 0
2012 20 3 3 0 3 0 26 3
2013 16 12 0 4 0 1 0 17 0
2014 28 0 4 1 2 0 34 1
2015 28 0 2 0 3 1 33 1
2016 10
通算 日本 J1 97 3 17 1 10 1 124 5
総通算 97 3 17 1 10 1 124 5
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2014 川崎 16 7 1
通算 AFC 7 1

その他の公式戦

年度 クラブ リーグ 出場 得点
2015 J-22 J3 1 0
通算 1 0
出場歴

タイトル[編集]

代表[編集]

日本の旗 U-23日本代表

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]